allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

海猿 ウミザル(2004)

メディア映画
上映時間120分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2004/06/12
ジャンルドラマ/青春/アドベンチャー
カッコつけてちゃ、
命は救えない。
海猿 [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,935
価格:¥ 3,926
USED価格:¥ 2,378
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:羽住英一郎
製作:亀山千広
阿部秀司
武政克彦
島谷能成
企画:関一由
堀部徹
プロデューサー:臼井裕詞
安藤親広
原作:佐藤秀峰
小森陽一
脚本:福田靖
撮影:佐光朗
水中撮影:佐野哲郎
美術:相馬直樹
編集:松尾浩
音楽:佐藤直紀
主題歌:ジャーニー
『Open Arms』
VFXスーパーバ
イザー:
石井教雄
照明:水野研一
制作プロダクショ
ン:
ROBOT
装飾:龍田哲児
録音:田中靖志
監督補:近藤一彦
出演:伊藤英明仙崎大輔
加藤あい伊沢環菜
海東健三島優二
香里奈松原エリカ
伊藤淳史工藤始
村田充川口淳
深水元基土屋誠
田中聡元野村栄司
古畑勝隆八重樫裕太
飯沼誠司林光平
恵秀堺和樹
佐野進也中原響
青木崇高渡辺マサヤ
大口兼悟郡司謙介
斎藤工田所慎二
青木忠宏武藤忠宏
田中哲司板東茂
中根徹大友信士
渡辺典子園部美由紀
朝加真由美伊沢歌子
杏子中迫夏子
國村隼五十嵐正樹
藤竜也源太郎
【解説】
 人命救助のエキスパート“潜水士”を目指す若き海上保安官たちの奮闘と友情、恋愛を爽やかに描いた青春ドラマ。TV「ブラックジャックによろしく」の著者・佐藤秀峰が週刊ヤングサンデーで連載していた人気コミック『海猿』を実写映画化。主演は「陰陽師 〜おんみょうじ〜」シリーズの伊藤英明。史上初となる海上保安庁の全面協力により、リアルで迫力ある海洋シーンの撮影に成功。
 すべての海上保安官の中で、わずか1%しかいない人命救助のエキスパート“潜水士”。壮絶で過酷な訓練が課される上、常に死と隣り合わせである職務ながら、今回もまた選りすぐりの若者たち14名が研修を受ける資格を得た。その一人、仙崎大輔も海難救助の精鋭を目指すべく研修に臨んでいる。マスターライセンスを持つ彼は、主任教官・源からの指示で、劣等生だが純粋な動機で潜水士の道を選んだ工藤とバディを組み、互いに切磋琢磨して数々のハードな訓練をパスしていった。そんなある日、大輔は環菜という女性と出会い、急速に惹かれ合っていく…。
<allcinema>
【関連作品】
海猿 ウミザル(2004)映画版第1弾
海猿 UMIZARU EVOLUTION(2005)TVシリーズ
LIMIT OF LOVE 海猿(2005)映画版第2弾
THE LAST MESSAGE 海猿(2010)映画版第3弾
BRAVE HEARTS 海猿(2012)映画版第4弾
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]ALIMIT OF LOVE 海猿 (2005)
[002]A海猿 UMIZARU EVOLUTION (2005)
[003]Aデイ・アフター・トゥモロー (2004)
[004]Aハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (2004)
[005]Aターミナル (2004)
[006]Aトロイ (2004)
[007]Aネバーランド (2004)
[008]A明日の記憶 (2005)
[009]Aプラダを着た悪魔 (2006)
[010]A電車男 (2005)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
29239 8.24
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-05-31 21:53:56
ダメだこりゃ。
投稿者:jb投稿日:2012-09-19 17:55:22
似たり寄ったりか。
投稿者:藤本周平、投稿日:2010-09-18 23:11:22
2は観たんだけど実はこの1は観てなかったのでTVにて鑑賞
観終わって思ったのは「これを劇場で観た人は無駄な金を使ったなぁ」ってこと
ホントにTVスペシャルで十分な出来でした
投稿者:bond投稿日:2008-12-24 10:09:39
予感はしたけど、やっぱハリウッドのパクリ。ミーハーが観て喜ぶ程度だなー。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-10-12 22:21:12
伊藤英明がハンパなくカッコイイから観て!と友人にススメられ鑑賞。

壮絶な訓練シーンや恋愛、ライバルに仲間、正義感など青春モノらしいベタな展開にベタな演出を施したベタベタな作品ですが、丁寧に描いているのが好印象♪
LIMIT OF LOVEに比べるとリアリティもありますし(爆)

ロケや装置も含めスケールも大きいし迫力もあるので娯楽作品として十分通じる出来だと思います。

感情移入は出来ませんでしたが、熱い男たちを見ていてイイ気分になりました(笑)

やたら俳優陣が劇場っぽい演技なのが気になりましたが、伊藤英明は確かに爽やかでカッコ良かったです。

でも、私はジャーニーの歌声にグッときた口です(笑)
投稿者:aaf投稿日:2008-09-15 20:02:34
これ「愛と青春の旅立ち」の日本版ですよね。
仲間と衝突しながら友情を育み恋愛をつまみ食い
するってやつ。
かなり恥ずかしい映画なんでかなり俳優を選ぶ
と思うのですが なんか学芸会ですよね。これ。
訓練とか事故の部分は演技力ほとんど関係ないので
わりと見られるけど友情や恋愛の部分は撮り方もひどいけど
演技も大根ですね。
加藤あいって女優さんもっと演技できる人かと思ったら
容姿だけですね。ラブコメならなんとかなりそうですけど
純愛は無理でしょう。女優がこれだから男優も当然締まらない。
友情の部分は恥ずかしいから勢いで演じているだけで
演技って言えるレベルじゃないですね。
ま、邦画なんてこんなもんだよね。
その意味では期待通りって感じですね。
投稿者:NYY投稿日:2008-08-03 00:08:25
【ネタバレ注意】

↓の下の方で「何十年前の映画だよ」って書いてる人がいるけど、
ボクも同じ感想。
何かが、決定的に古い気がする。 
キスシーンなんか、80年代の映画みたいだしw。
会話も古いし、キャラも古い。
どいつもこいつも薄っぺらくて、魅力がない。
子供騙しのつまらん映画なんだけど、まあ、ギリギリ許容範囲か
な〜。
 
見所は、海っぷちにあるプールかな?
あれは、良いプールだと思うよw。
 
伊藤英明は、無駄に脱ぎ過ぎだよ。
体を鍛えたりすると皆、他人に見せたくなっちゃうもんだけど、
そーゆーのは中学・高校で卒業するもんだよ。
               (σ_ ̄) ホジホジ
 
男ばっかでケツ出すシーンもあったけど、これ撮った奴はホモなの?
だったら、頭悪そうで煮え切らない加藤あいなんかを出さないで、
麗しき男だけの世界にしちゃえば良かったのにw。
 
ワザとらしく溺れる人が出て、ワザとらしく死ぬとこなんか、なか
なか笑わせてもらいましたw。 
ラストで、嫌な奴がワザとらしくピンチになるってのも、期待通り
で笑えるw。
本部の命令無視して会議室で臭いこと言うのは、踊るなんとか線の
パターン?
いつも、笑いをありがとう!
                (*^ー^)ノ~~~:.

投稿者:ASH投稿日:2007-10-27 11:10:49
【ネタバレ注意】

 観ていて思ったのは、「へぇ、加藤あいって、結構いい女なんだなぁ」ってなことだけ。僕なんかよりも映画を山のように観ている連中が劇場で泣くくらいだから、よっぽどいいお話なんだろうなと思ったら、バカくさくって観てらんなかったよ。申し訳ない…。僕は感性の欠しい困ったミーハーくんなんだなと、つくづく痛感した。まね、単純に、こういう映画が好きじゃないだけなんだから大騒ぎしなさんなって(誰もしてねーつーの)。

投稿者:tanukun投稿日:2007-09-02 03:19:03
原作との比較。映画・映像にはつきものだが、本作もその難から免れ得ない。元々コミックの人気で映画化、更には海上保安庁の全面協力まで得られたのだから、比較されるのは仕方が無いとしても、よくされる表現だが「あの本編をどうして2時間程度にまとめられようか?」という命題である。その点は巧くまとめられており、及第点といってよかろうが、やはりどうしても満艦飾になってしまうのは仕方がないのだろうか。多様な意見があろうが、思い切って恋愛部分を削除したとしても、本作の核心はぶれなかったと思う。否、削除して男臭さ一辺倒で押しまくった方が良かった、と強く感じた。合コン部分だけで充分である。

興業的には全く振るわなかった「新・喜びも悲しみも幾歳月」と同じ場所(食堂)のシーンが長回しであり、非常に懐かしかった。確か上記作品も海上保安庁の協力だった。

海上保安学校のサイトに海猿のバナーが大きく張ってあり、当然ながら「全面協力」であったことを知らされた。
投稿者:FW190A3投稿日:2005-09-09 08:43:30
あまり難しいことを考えずに、素直に、よかったと思います。映画だと思って構えると、あれやこれや鼻につくけど、お正月ドラマのつもりで観ると、けっこう入っていけるし、恥ずかしい話、感動さえしました(笑)。

藤竜也がよかった。それにつきます。
投稿者:黒美君彦投稿日:2005-08-18 16:45:53
無難にまとめていると思う。訓練もそれなりに中味があったし、リアリティーはそれなりにあった。恋愛話は色づけだからあんなもんだろうし。予定調和の物足りなさは感じたが、海保の青春ものとしては上々の出来だと思う。
ただ作りがハリウッドを意識しすぎ、という気もしたが(『愛と青春の旅立ち』っぽいのは繰り返すまでもない)。予想よりも面白く見られたという印象。藤竜也がシブい役柄で妙にマッチしていた。海保の全面協力を受けながら、それなりの距離感も置いている(ように私は感じた)点も好感が持てる。
それなりに面白かった。…多分あとにはあまり残らないが、ハリウッドの全く中味のない殺戮アクションだけの映画よりははるかにマシでは?
投稿者:terramycin投稿日:2005-07-15 00:59:36
邦画なので話題性は合ったがあまり期待していなかった。しかし、面白かった。

最初の方では、「ウォーターボーイズ」と「ザ・ダイバー」を足して2で割ったような感じがしたが、後半は「トップガン」を思い出した。

男くさい場面もいくつかあるので、好き嫌いが出るだろうが私には許容範囲であった。

最後の遭難のハプニングはちょっとやりすぎというか、前半からの伏線上、お約束というか、ちょっと無理に感動を押し付けてくるような感じがしたが、全体的に良くできていると思った。

この映画で海上保安庁のカッコイイ(本当か虚像かは置いといて)姿を堪能できるので、見た人は海上保安庁にあこがれる人がかなり出てくるだろうなあと思った。
投稿者:william投稿日:2005-06-28 12:42:59
一言で言うと、「何十年前の映画だよこれ!」
投稿者:iyansk投稿日:2005-06-26 21:32:03
とても面白かった。
やっぱり愛と青春の旅立ちに似てますね。
音楽もいいし、さらりと見れて良かった。
主人公の男もかっこよかった。
海上保安庁への募集人数も増えたのでは。
投稿者:Cinema Trek投稿日:2004-07-16 00:13:15
【ネタバレ注意】

最近の邦画は「バトル・ロワイアル」を筆頭に殺人やホラーと血を見る内容ばかりで社会的にも悪影響をおよぼしている作品が多い中、ストーリー的には日本版「愛と青春の旅だち」であるけれど海上保安庁の潜水士の訓練を紹介し友情の絆や生命の尊さを問うた作品として快挙である。日本では珍しい海上保安庁の全面協力があったからこそ現実的な映像が撮れたのであろう。後半は「踊る大捜査線」のと同様、官僚主義に反旗を翻して現場の状況で判断して困難に立ち向かうような展開である。卒業後、彼女を再会するシーンはやはり、「愛と青春の旅だち」のごとく、きりっとした制服姿の方がよりかっこよさが出るのにラフ過ぎる服装のインパクトは薄かった。また、エンドロール後の映像は海上保安庁の実際の潜水士の活躍の映像が映し出されるのかと期待したが続編への予告編というのは残念であった。

20040701_Cinema鑑賞_85点

投稿者:座間投稿日:2004-07-09 12:35:06
原作重視の方からは不満たらたらでしょうね.
雰囲気も違うし,設定・内容的にみても原作のパッチワークのようで,その意味で
無茶苦茶ですが,原作を考えなければそこそこよくできた作品です.
BTF2を彷彿させる予告編エンディングはどうかと思いますが,内容的には,原
作にあった結構汗くさいというか暑苦しい(よくいえば熱くさせる)雰囲気が出て
いて良かったです.
まあ,タイトルとキャラクター名を引用したオマージュ作品(即ち原作とは別物)
として楽しむ佳作というところでしょうか?
(「〜んだけもの」というタイトルだけパクってベストセラーになったオマージュ
 にもなんにもなっていない例のバカヤロー小説と映画よりは余程好感を持てます)
投稿者:ひのぴ投稿日:2004-07-06 11:56:38
見ていて「愛と青春の旅立ち」を彷彿とさせました.まあ、べたべたが少ない分、海猿の方が遙かに出来は良いですね.最近の映画で特に思うのですが、ウケを狙ってラブストーリーを強引にねじ込んでくるのがミエミエで、海猿も例外でなかったです.まださらっとしている分、許せましたが・・.杏子の役はしっくりこなかったが、工藤役は良かったですね.このサイトで「仮面のりだー」のちびのりだー役だと知りました.大きくなったものですね.
投稿者:フリクリ投稿日:2004-07-05 13:11:29
伊藤英明さんはなかなか良い演技をしてはりました。
ハンサムで、ヒーロー役がけっこう似合うと思う。
決して退屈でつまらない映画ではなかったですが、何かと不要な要素が多い。
ウケるための恋愛シーンも必要なかったと思います。
ウケよりも映画の完成度に対してもっと忠実に作ってほしかったかも・・・
もう一歩ってとこかな・・・踊る大捜査線movieよりはマシ。

あと海保自体があまり強そうな組織に見えない・・・
やっぱ海の男ってのはムキムキマッチョの海兵隊ってのが主流でしょう・・・
・・・偏見かな。
投稿者:hanya投稿日:2004-07-01 23:44:18
あのべたなつくりはウケ狙いよね?
唐突な恋愛場面の歌はギャグよね?
『踊る〜』の映画とまるで同じシーンがあるのは
サービスのつもり?それとも芸がないの?
ストーリーは新鮮味なし。よくあるパターン。
青年らのケツまるだしヌードがいっぱいおがめる。
エンドロールが流れても最後までみるべし。
50、60のおばちゃんらにはうけてたようだ。
投稿者:kuppy投稿日:2004-06-28 03:48:14
【ネタバレ注意】

全体的に納得はしました。海に生きる男たちの姿が
シビアな面も活き活きと描かれていて。源さんもいい味だしてる。
しかし、女っ気がないからとばかりに挿入された(と思われる)
恋愛関係の場面は一体?意味ない。というかむしろ邪魔にさえ思えた。
加藤あいの役にも一切感情移入できないし、伊藤英明演じる主人公がなぜ執拗に
沖縄に一緒に行こうと言うまで関わろうとするのか全く不可解。
杏子もイマイチだった…。どうせなら海保の辛い面を知って応援してくれるような
けなげな子を描けばよかったのにとさえ思った。
原作を読んでいたからだろうか、この真剣な話にあのようなキャラは受け入れがたく思えた。
しかしそこが漫画と映画の存在意義の違いなのかもしれないけど。

投稿者:みうみう投稿日:2004-06-23 11:27:52
『踊る大捜査線』を思わせる多少大味な作り。とはいえ、音楽の使い方も上手い(ここぞ、で泣かせる)し、辛い訓練の中での友情や、なかなか素直になれない恋愛の要素もきっちり入っていて、青春映画の王道って感じ。結構楽しめます。工藤役(伊藤淳史さん)が案外良かった。落ちこぼれぶりが、妙にハマッていて思わず感情移入してしまった。
投稿者:ありたきり投稿日:2004-06-03 23:57:41
【ネタバレ注意】

原作を見ることなく、試写会を見てきました。
内容としては可もなく不可もなく…と言ったところでしょうか。
全体的に消化不良感は否めませんでした。

基本的に水中シーンや潜水士になるための訓練部分に重きを置いています。
単調となりがちなストーリーに、軽く恋愛部分を織り交ぜたり、
同僚の…を絡めたりで知恵を絞りました、って感じにも見受けられました。
あぁ、ここで泣かせようとしているんだなぁ、というシーンも適度にちりばめられていました。わかっていてもぐっと来ます。
とりわけ藤竜也さんの演技が最も光っていました。いやー、渋い。

海上保安庁の全面協力を得られたというところには驚きを隠せません。
実際に使われている巡視船、訓練船、ヘリコプターなどが登場しているのだと思います。
エンドロールにも名前が載っていました。

ロールを最後まで見ていると…思わず声を上げてしまいました。
周りからも同じような声が。最初から…計画のうちですか…?
(6月3日鑑賞 7点 1500円)

投稿者:籐四郎投稿日:2004-05-23 08:23:34
素直に感動したい人向けの映画です。映画に芸術性を求める人とか、批評家向けの映画じゃないと思います。
前半はやや退屈でしたが、ツボを心得た作品なので、クライマックスできます。
フジテレビの月9ドラマのテクニックがふんだんに使われてますが、メインのテーマは男女の恋愛でなく、泥臭い男同士の友情です。
直球ど真ん中で、一生懸命に努力することや、相手を信じることの大切さを嫌味なく描いていたと思いました。
鬼教官を演じた藤竜也が素晴らしかったです。彼のキャリヤの中でも最も優れた演技の一つになったと思います。主演の伊藤英明も、他の若手俳優がみんな下手だったので、下手さ加減が目立たず、それなりにカッコ良かったです。
それと最後にある特典映像まで観てると、映画のスタッフがいかにこの映画に賭けているかが分かって、少し嬉しくなります。
投稿者:☆ななこ☆投稿日:2004-05-15 16:14:47
「世界の中心で、愛を叫ぶ」を観に行ったら予告でやってたんだけどなかなか面白そうな内容だった。
6月12日公開・・・。
投稿者:Longisland投稿日:2004-05-03 23:50:26
【ネタバレ注意】

海上保安庁潜水士養成所を舞台とした恋愛映画…なんか『愛と青春の旅立ち』を思い出してしまったのはオヤジだからか(笑 
『愛と〜』に比べるとかなり地味、まぁ潜水士だから舞台は水中…音が無く動きが鈍い:映画的でない…中心じゃまずいからか恋愛面を強調苦肉の策か。
途中のバディ(工藤始がいい)の死、ラスト教官のスピーチはまんま『愛と〜』で思わず苦笑
伊藤英明・加藤あいが目当てで、本作品を観にいき泣いちゃった若者さん
『愛と青春の旅だち』観てみることをお勧めします。

【レンタル】
 【DVD】海猿レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION