allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

昭和歌謡大全集(2002)

メディア映画
上映時間112分
製作国日本
公開情報劇場公開(シネカノン)
初公開年月2003/11/08
ジャンルアクション/犯罪/コメディ
映倫R-15
<ガキ>vs<おばさん> 勝つのはどっちだ!?

マタアウヒマデ。
昭和歌謡大全集 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 1,046
amazon.co.jpへ

 Photos
昭和歌謡大全集昭和歌謡大全集

【クレジット】
監督:篠原哲雄
製作:鈴木光
プロデューサー:藤田義則
原田文宏
渡辺正子
原作:村上龍
『昭和歌謡大全集』(幻冬舎文庫刊)
脚本:大森寿美男
撮影:高瀬比呂志
美術:小澤秀高
編集:深野俊英
音楽:池頼広
音楽プロデューサ
ー:
裕木陽
照明:赤津淳一
録音:田中靖志
助監督:村上秀晃
出演:松田龍平イシハラ
池内博之ノブエ
斉藤陽一郎ヤノ
村田充スギヤマ
近藤公園カトウ
安藤政信スギオカ
樋口可南子スズキ
岸本加世子ヘンミ
森尾由美タケウチ
細川ふみえトミヤマ
鈴木砂羽イワタ
内田春菊ヤナギモト
原田芳雄金物屋の店主
市川実和子スガコ
古田新太サカグチ
【解説】
 週刊プレイボーイ連載時から様々な物議を呼んだ村上龍原作の同名ベストセラーを、「月とキャベツ」「命」の篠原哲雄監督で映画化。些細な行き違いからオタク少年グループとおばさんグループが血で血を洗う抗争を繰り広げるさまをブラック・ユーモアと過激なバイオレンスで描く。出演は松田龍平、池内博之、樋口可南子、岸本加世子。
 東京都調布市。この町に暮らす6人の少年、イシハラ、ノブエ、ヤノ、スギヤマ、カトウ、スギオカ。普段はバラバラに生活している彼らは、儀式と称してあるパーティを定期的に行うことで繋がっていた。それは、カラオケ・パーティ。ただし、歌うのは昭和の歌謡曲だった。ある日、睡眠不足のままフラフラした足どりで町をさまよっていたスギオカ。その時猛烈なスピードで歩いていた中年女性ヤナギモトが彼にぶつかる。転びかけたスギオカだったが、無視して歩き去るおばさんのお尻に欲情を覚え、怒るどころかお茶に誘う。しかし、ヤナギモトはそんなスギオカを変態呼ばわりするのだった…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
645 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2013-04-26 17:30:45
ちょっとしたナンパの失敗から内田春菊を殺害してしまった松田龍平。死体を発見した岸本加世子は春菊の復讐を誓い松田を殺害、若者たちとオバサンたちの死の戦争が始まる・・・。

初っ端からスプラッターしていてびっくりする。この驚きは最後まで続き想像しないラストで終了するのが素晴らしい。
DVDで鑑賞したが昭和の名曲をかなり使用しているため著作権料が高かったのではないか?と余計な心配をしてしまった。難点はdtsのステレオ収録の点で何故5.1chにしなかったのかが疑問。

原作「昭和歌謡大全集」(村上龍・評価4・集英社文庫)を読むと映画がいかに原作とおりに映像化しているのかが分かり好感を抱く。只、原作の方がもっと惨い殺しをしているが・・・。
投稿者:半熟卵投稿日:2010-01-03 13:07:26
細川ふみえ
投稿者:フェニックス投稿日:2006-11-28 22:35:41
話としてはオバさん達VS少年グループだが、事の発端から行くとどうみても少年グループが悪いと思うが。
ラスト少年グループが街ごとふっとばすけど、あれでオバサンに確実に全部とどめをさせる、と思ったのか、それとももう相手は誰でもよかったのか。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2006-11-27 02:12:36
 
「暴走&エスカレートする駄ボラ話」という感じの原作を、よくもまあこんなにちゃんと映画化できたなと感心。おばさんとガキの殺し合いという話をただのグロ映画ではなく、絶妙なマヌケ感が漂うブラックコメディに作ってみせた監督の手腕はお見事。
感心したのは、仲間うちではしゃぎまわるガキどもの気持ち悪さ(オタク臭さに近い)が実によく表現されていること。カラオケのシーン以外でもなんとも生理的にイヤな感じが最高です。
一方でおばさん側のキャストはちょっと綺麗すぎか。内田春菊さんのおしりふりふりのおばさんぶりはすばらしかったけど。
原作同様、昭和の歌謡曲の使われ方も効果的。特に「ちゃんちきおけさ」と「また会う日まで」の入るタイミングはまさしく神業。
こういう面白い日本映画をもっと観たいっす。
投稿者:コロコロ助投稿日:2006-07-24 04:55:45
【ネタバレ注意】

なんじゃ、こりゃ〜!
バトルロワイヤルとか三池崇を避けてたのに、
こんな映画に出会ってしまった…。

前半の殺し合いは、今のご時世だと妙にリアルだけど、
ロケランは笑った。すっきりした。
更に「原爆ありますか?」「…あるよ」って!!

いつの間にかおばさんチーム応援してたけど、
いわゆる”オバサン”じゃなくて、
ちゃんと働いてて小奇麗にしてるおばさん達を有害とする、
ひねくれた発想もいいと思います。
それに比べたら男子チームの貧相なことよ…。

投稿者:イカロスの憂鬱投稿日:2006-06-02 14:41:34
 おばさんですが、キキキリン、アキタケジョウ、モタイマサコ、ムロイシゲル…あたりで、リメイクを望みたい。
投稿者:かっこう投稿日:2006-04-20 00:53:35
オバサンとガキたちの殺し合いというセンセーショナルでナンセンスな映画。昭和歌謡もナンセンスさに一役買っている。雰囲気は嫌いじゃないし、なかなかに続きの気になる飽きない展開ではある。でもちょっとやっりすぎ感はいなめない。
市川美和子はスゴイ。あの風貌だけでスゴイ。
投稿者:akahuku投稿日:2005-04-15 14:29:34
やっぱり村上龍の小説は「勢いで読ませる漫画」なんだなと納得した。
トカレフ調達くらいまでは面白く観てたけどおばさんがLAW(携行ロケットランチャー)手に入れたくだりで完全に醒めました。
定数確認に厳重な軍隊が武器の横流しするなんて有りえないし。
大学生の頃「愛と幻想のファシズム」をむさぼり読んでた頃が懐かしいです。
あの頃は純粋だったんだな。
投稿者:ふじこ投稿日:2004-09-21 15:37:31
バカバカしいと思うのだがついつい観てしまうような作品。
どんどんエスカレートして最後どうなるかと思ったが、スケールが大きくなりすぎて気分がぶっとんでしまった。
相手がオバサンだと知って嬉しそうに協力してくる金物屋のおやじ・原田芳雄がおかしかった。
個人的にオバサンチームに森尾由美ちゃんとフーミンがいたことにしみじみ感が増した。
投稿者:トレマー図投稿日:2004-09-17 01:23:54
もっと生臭く戦わせてほしかった。おばさん陣が綺麗すぎる。
投稿者:イドの怪物投稿日:2004-08-29 12:24:08
このブラックユーモアが何ともいえない。こんなのを見ると邦画もすてたもんじゃあないな、と思う次第。 原田芳雄はいいですねえ。
投稿者:WILDアッホHEART投稿日:2004-07-21 03:44:47

社会の役に立たない年代の、力もてあましの若者軍団が、”オバサン感”が象徴するものに漠然かつ強烈な嫌悪&絶縁を抱く。そいつぁ、あれだ、キューブリックの『時計じかけのオレンジ』。あれをちょっと連想しました。松田君の帽子がそう思わせたのかもしれない。
自分のオンタイムより、曲が古いのが残念だけど、軽快で、おもしろかった。若者組がオバサン組に終始喰われていたのは、ズドンと重い中身が詰まってないからかな。オバサンに渾身のオナニーされたら、まったくもって勝ち目ナシだよ〜ん。

それにしてもこの監督、メシ食うシーンを撮るのが好きだね。いつも撮っている気がします。
投稿者:民生1973投稿日:2004-07-03 19:25:07
演出も悪くないが、脚本が優秀。わかりやすいし、笑えるし、時々ドキッとさせられる。エキセントリックではなく、実にオーソドックスな娯楽作品に仕立て上げられていた。(これなら原作者の村上氏も満足なのではあるまいか?)

役者陣では「おばさんチーム」の両エース、樋口&岸本が魅力的。女が年齢を重ねることの悲しさと切なさ、そして「かっこよさ」を過剰ではない演技で実に巧く表現している。
原田、古田らの脇役陣の仕事ぶりも光る。彼らの存在があるからこの作品が成功したのだろう。難点を挙げれば、「男の子チーム」はイマイチということ。(あ、意外なところでは、市川実和子が好演してました。)

「洋画8邦画2」の割合で僕は映画を観ているのだけれど、それを「邦画4」くらいにしようかなと思わせてくれた作品。もっともっと評価されて(観賞されて)然るべきだと思う。
投稿者:ピープル江川投稿日:2003-11-12 23:47:35
冒頭の奇跡がどうの、って場面で、心配だったけど、
杞憂でした。
良かった。
スカスカな演出が、うまいこと効果的。
「黒い家」の脚本の人か。
「OUT」が好きな人には、笑いのツボが同じでオススsメ。http://mlcity.gaiax.com/home/egawa/main
投稿者:YAH!投稿日:2003-11-10 03:37:11
内容が殺し合いですし、設定もムリだらけなので
メディアは取り上げずらいので話題にならないのかもしれませんが
キャストもある意味豪華ですし、セリフをしっかり聞き込めば
ナカナカよく出来たおバカ映画なんじゃないかと思います。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】昭和歌謡大全集2004/05/28\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】昭和歌謡大全集レンタル有り
 【VIDEO】昭和歌謡大全集レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION