allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

歌え!ロレッタ 愛のために(1980)

COAL MINER'S DAUGHTER

メディア映画
上映時間125分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=CIC)
初公開年月1981/06/
ジャンル伝記/音楽
歌え!ロレッタ 愛のために [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,816
amazon.co.jpへ

 Photos
歌え!ロレッタ 愛のために

【解説】
 実在のC&W歌手ロレッタ・リンの波乱に満ちた半生を描いたサクセス・ドラマ。アカデミー賞に輝いたシシー・スペイセクの熱演が胸に迫る。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
643 7.17
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:グレコ投稿日:2011-11-04 12:51:49
シシー・スペイセク最高です。
後半のスターになってからの精神的にぐちゃぐちゃしてくるところも
良かったです。
歌うまっ!
投稿者:いまそのとき投稿日:2011-06-17 09:57:16
実在の人間を描くのは難しいんだね。後半スタア歌手になってからが特につまらない。歌がうまいというだけではね。やっぱキャリーのあっと驚く怪演だよ。スペイセク。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-04-28 07:43:50
シシー・スペイセク以外に特に見所は無く、取り留めの無い展開が退屈だった。星一つ半。
投稿者:なちら投稿日:2007-02-20 02:17:42
愛がすごい。すてき映画。
投稿者:たにし投稿日:2006-09-24 13:22:29
と、冒頭、トミー・リーが登山するシーンで思った。
70年代のなごりが多い作品でした。
が、シシースペイセクがんばってるなぁ。
投稿者:s-iko投稿日:2006-09-17 01:02:10
シシー・スペイセク、トミー・リー・ジョーンズと、いかにもアメリカ人好みのしそうな配役が映画の内容と好くマッチしていて素敵です。しかしキャスティングの話で言うと、なんといっても一番注目してしまうのはザ・バンドのリヴォン・ヘルムがロレッタの父親役で出演しているということです。いかにも南部白人労働者らしい朴訥とした魅力満開の彼の演技は、ただそこにいるだけでもう雰囲気抜群なのです。リヴォンの為だけに観てもイイ!
ちなみに、ロレッタを後見する役としてカントリー・シンガーのアーネット・タブが本人の役として出演しているという見所もあります。現実にロレッタは彼に非常に世話になっており、共演盤もあるくらいです。実に心温まる友情出演です。(もうだいぶおじいちゃんだったけど…。)

夫との出会い、両親との別れ、田舎からの脱出、結婚生活の悩み(14才で結婚したという)、シンガーとしての成功、と伝記物らしくテンポよく物語りは進んでいくのですが、なんといっても全編通して描かれていく、素朴な魅力が素晴らしいです。ロレッタの歌に聞かれるあの独特の溌剌とした魅力や、初々しくも切なげなトーン、そういったものが映像として裏付けられていくに従い、観ている方も自然と感情がこもってくるのが解ります。
中盤以降は、ショービジネスの多忙さと虚構性の中に悩む主人公、というミュージシャン伝記物の普遍的テーマが綴られていく一方、家族の愛を渇望する主人公、というこれもまた普遍的なテーマが扱われ、いよいよ物語りはクライマックスへ…。
そういった流れの中、最終的には原題の「Coal Miner\'s Daughter(炭鉱夫の娘)」というテーマへ帰っていく…。温かい感動に包まれます。

思うにやはりこの映画をより楽しむには、やはりロレッタ・リンの音楽を知っていた方がいいかとは思います。しかし映画として単独で観ても大変面白い作品だと思うので、カントリー音楽、南部の雰囲気など旧き好きアメリカのカルチャーに興味のある方は是非観てみて損は無いと思います。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2006-09-01 21:08:11
 これは好感の持てる映画だ。主役の二人、スペイセクとトミー・リー・ジョーンズも勿論いいのだが、スペイセクの父親役を「ザ・バンド」のレヴォン・ヘルムがやっていて、彼の朴訥な雰囲気がとてもいい。スペイセクが父の元を旅立っていく駅の別れのシーンは美しいシーンだ。またパッツィ・クラインを演じるビヴァリー・ダンジェロも出番は少ないながら見事な貫禄を示す。これらの人物が退場してから後半にかけては少々テンションが下がってしまうのが難点。
http://cinema.intercritique.com/user.cgi?u=3449
投稿者:さとさと投稿日:2005-07-15 19:12:05
美人さんじゃないけど、この映画ではとてもキレイに撮られてると思う。若い頃のトミー・リー・ジョーンズが出ててうけた
投稿者:oohlala投稿日:2005-01-04 11:42:32
歌も吹き替えなしとのこと。頑張りましたね。しかし、年齢がほんとにわからん。。野暮な話ですが、鼻が。。キャリーの時とずいぶん違う。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2002-08-07 17:43:31
いい旦那なのかなんなのか、よくわからない。
投稿者:ASH投稿日:2002-06-29 22:45:16
【ネタバレ注意】

実在の苦労人を演じると、オスカー受賞には近道になる!

でも、これは結構いい映画。シシーも上手いが、若き日のトミー・リーもいい!

ライブシーンの迫力はまずまず。THE BANDのレヴォン・ヘルムの好演も見逃せない。

しかし、ロレッタ・リンは18歳で4児の母だって!凄いね…。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 ■ 主演女優賞シシー・スペイセク 
 □ 脚色賞トム・リックマン 
 □ 撮影賞ラルフ・D・ボード 
 □ 美術監督・装置John W.Corso美術
  John M.Dwyer装置
 □ 音響賞Jim Alexander 
  Roger Heman 
  Richard Portman 
 □ 編集賞Arthur Schmidt 
■ 主演女優賞シシー・スペイセク 
■ 女優賞シシー・スペイセク 
■ 女優賞シシー・スペイセク 
■ 作品賞(コメディ/ミュージカル) 
 ■ 女優賞(コメディ/ミュージカル)シシー・スペイセク 
□ 主演女優賞シシー・スペイセク 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION