allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

夜霧のマンハッタン(1986)

LEGAL EAGLES

メディア映画
上映時間116分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=UIP)
初公開年月1987/03/21
ジャンルロマンス/ミステリー
夜霧のマンハッタン [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 1,541
USED価格:¥ 780
amazon.co.jpへ

【解説】
 絵画盗難の罪で告訴された美女と女弁護士は地方検事補の協力を得て事件を調べる内に、18年前に起きた画廊の火事に鍵がある事を知る。「ゴーストバスターズ」の監督だけあって、ミステリー趣向はそこそこに、ライト感覚に仕上げたサスペンス映画。中身の薄さをレッドフォードとウィンガーの二人が救っている。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ゴーストバスターズ(1984)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
426 6.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2012-06-02 13:24:12
 ロバート・レッドフォードらしからぬ作品。

 原題は”やり手弁護士”の意味で法廷物を想像したのだが、これは恋愛ミステリー物。
 レッドフォードは、検事補にもかかわらず軽い。 しかも離婚歴があり結構コミカルな役どころ。
 デブラ・ウィンガーも余りにも若すぎるし自身の魅力を尋ねたりするが、そんな必要性があるように思えずミスキャストにしか思えない。

 法廷ものならラストでそれまでを一新する弁論があれば印象も変わるが、結局は18年前の事件の真相がこの作品の見所と言うことで終わる。
 ダリル・ハンナに於いても父を思い慕っているのか、残した絵画の価値に執着しているのかハッキリしない。
 行動も一貫性を感じさせず作り手はそれが面白いと考えたのだろうが、単にいい加減と感じるだけだった。
 邦題もあまりにもキャッチなもので内容を表して居らず、劇場で見たなら”金返せ!”という感じだったろう。

 制作費4,000万ドル、総収益約5,000万ドル(米)。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:pianoforte投稿日:2005-02-14 23:50:25
「簡単に寝るなよ!」って思った(笑)
けど、DVDのケースに書いてある「レッドフォードの魅力全開」ってのはウソではないと思う。
眠れない夜に一人で遊んでるシーン、かわいくて大好き。
ストーリーは二の次でいいや。
投稿者:sonic投稿日:2002-03-11 02:15:12
レッドフォードの検事が凄腕にしても、法廷外で変に頑張り過ぎでかえって薄く感じる。二人の恋や立場にもっとスポットをあてて、事件を追う姿を描けば良かったと思う。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION