allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

汚れた七人(1968)

THE SPLIT

メディア映画
上映時間93分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(MGM)
初公開年月1969/03/
ジャンルアクション/サスペンス

【解説】
 綿密な計画を立て現金強奪を企む男たち。寸分の狂いも無く計画は実行されるが、何を考えているかわからない悪徳警部が介入してきた事により、事態は予想外の方向に進んでいく。現在では考えられない豪華な顔ぶれのサスペンス・アクションで、スピーディーな展開も抜群。いわくありげな警部に扮した若き日のG・ハックマンが格好良い。原作はリチャード・スターク『悪党パーカー/汚れた七人』。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2014-04-25 11:39:40
競技場の売上金強盗の話ですが、確かに有力なキャストながら、面白いとは言えない映画でした。まず最初にマクレイン(ジム・ブラウン)が仲間を集める所から始まっていますが、その経過がカーアクションなどが続くだけで、これがどのような意味があるのかさっぱり解りません。
強奪の準備や実行のシーンも、良くある犯罪映画の真似をしているだけで、最後、警官(ジーン・ハックマン)が絡み、仲間割れが生きてくるあたりも、もう少しスムースな展開にすれば、もっと面白くなったと思います。ただエリー(ダイアン・キャロル)の存在がある程度、楽しさを出しています。
ゴードン・フレミングという監督もあまり知らない人で、私はこの一本しか見ていませんが、たいした演出家ではないようです。
投稿者:塚原新投稿日:2008-12-29 01:50:33
濃い豪華キャストの犯罪映画だが、思ったより見所が無い。特に売上金強奪作戦が、何の障害もなく終わるのが拍子抜け。序盤の「能力テスト」は楽しいが、実践ではほとんど生かされないのも残念。
終盤の展開も、それまでの人間関係が希薄なため、熱い感じが無い。このメンツだったら、パワフルでギラギラした人間模様を見たかった。東映やくざ路線みたいな(笑)
投稿者:新・映画の都投稿日:2008-01-06 23:40:46
悪党パーカーシリーズ第7弾の映画化、パーカー(映画名ではマクレイン)をなんと黒人俳優のジム・ブラウンが演じている。彼は1968年頃、相当売れていたんですな。映画に4・5本出ていますぞ。内容は、マクレインが仲間のグラディス(ジュリー・ハリス)からロス・コロシアムでフットボールの試合があり、約50万ドルが動く情報を得、仕事仲間として、バート(アーネスト・ボーグナイン)、マーティ(ウォーレン・オーツ)、ディヴ(ドナルド・サザーランド)、ハリー(ジャック・クラグマン)を入れ強奪を実行する。計画は上手く行き、暫く金を寝かせる為に、マクレインの恋人エリー(ダイアハン・キャロル)に預けるが、エリーに下心のあった管理人のハーヴが、エリーを殺してしまい、金を奪う。仲間達はマクレインを疑う。彼はこの事件を調査しているロスの刑事、ブリル(ジーン・ハックマン)に、取引を持ちかける物語。そんなに捻りもない話で、パーカーシリーズの映画化では『ポイント・ブランク』『組織』よりも下の位置にはなってしまうが、出演者がとても豪華でうれしい。それにしても皆さん若いですなあ。パンツ姿で通りをウロウロするウォーレン・オーツはなかなか見れませんぞ。
投稿者:hoffmanmcdowall投稿日:2007-09-23 13:38:45
製作がもう40年近くも前でNFL往年のスター、ジム・ブラウンやジーン・ハックマン、アーネスト・ボーグナインにドナルド・サザーランドと若かりし頃が懐かしい、、。映画も単純プロットにひねりが利いていてTV画面で観る分には良かった。それにしても強奪金が労の割にはたいした事がなく40年のインフレによるものなのかあれじゃしがない分け前で数年後には又、強奪せにゃならんと思うと、、やはり犯罪は割に合わんと言う教訓映画か。
【レンタル】
 【VIDEO】汚れた七人レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION