allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

夜の訪問者(1970)

DE LA PART DES COPAINS
COLD SWEAT

メディア映画
上映時間94分
製作国フランス/イタリア
公開情報劇場公開(東和)
初公開年月1971/04/10
ジャンルサスペンス/ミステリー
’71G.Wの本命=最も新しいプロンソン登場!
一作ごとに〈男〉の魅力を強める プロンソンが 人気NO.1の貫録をみせて “007”シリーズの名匠テレンス・ヤングとの 初コンビで放つ最高のサスペンス・アクション!
夜の訪問者 [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 4,063
USED価格:¥ 4,696
amazon.co.jpへ

【解説】
 妻子と共に平和な暮らしを営んでいたジョーに、かつての仲間が接近してくる。妻子を人質にとられ、麻薬を運ぶ仕事を強要された彼は、ボスの情婦を誘拐して対抗するが……。リチャード・マシスンの原作を、アクションを得意とするT・ヤングが映画化。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
536 7.20
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2014-02-16 09:22:55
原作・監督・脚本・役者と当時の売れっ子が揃い
これで面白い作品が作れない筈はないという作品です。
ブロンソンの良さがもっとも感じられます。
彼にとってこの時期は公私ともに充実していたと思われます。
投稿者:Ikeda投稿日:2012-06-28 10:51:58
前半、チャールズ・ブロンソンが恰好良すぎて、次々と相手を倒していくだけなので単調ですが、後半になると変化が出て来て面白くなります。矢張り、元の親分ジェームズ・メイソンが大きく、拘わってくると迫力があります。
なお、メイソンの情婦役をやっているジル・アイアランドは実生活でブロンソンの二人目の奥さんです。
投稿者:ファルド投稿日:2008-02-15 20:26:23
かつての刑務所仲間が協力を強要してくるワケだが、ジョー(C・ブロンソン)が以前やった逃げ行為は、ちょっとヒドイ感じ。あれは仲間の恨みをかうでしょう。小屋まで医者を連れて行く時の車の暴走アクションは、スピード感があり結構良かった。
投稿者:マジャール投稿日:2007-04-02 19:06:50
【ネタバレ注意】

ブロンソンとリヴ・ウルマンの顔合わせで、原作はなんと、リチャード・マシスン。
重傷を負った悪党一味のボス、ジェームズ・メイソンの、出血多量で今にも死にそうな顔面蒼白演技が面白かった。
テレンス・ヤング監督で、あんまりフランス映画らしくないけど、なかなか楽しめる娯楽アクション編です。ラストは、ちょっと『キー・ラーゴ』っぽい展開。

投稿者:マーテル投稿日:2006-04-17 01:48:44
テレンス・ヤング監督らしい娯楽映画の面白さと70年代初期のアクション映画趣向を堪能できる。

身体一つで家族のピンチに立ち向かうブロンソンがたのもしくブレイク直後のオーラに満ちあふれた魅力を感じさせる。

シンプルなサスペンス感も心地よい。


原作はリチャード・マシスン(激突!/ヘルハウス)。
http://www.geocities.jp/yorozu24jp/
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】夜の訪問者 ニュープリント版レンタル有り
 【VIDEO】夜の訪問者レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION