allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

歓びの毒牙(きば)(1969)

L' UCCELLO DALLE PLUME DI CRISTALLO
THE BIRD WITH THE CRYSTAL PLUMAGE [米]
THE PHANTOM OF TERROR [米・再]

メディア映画
上映時間98分
製作国イタリア/西ドイツ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1971/10/26
ジャンルサスペンス/犯罪
歓びの毒牙 HDリマスター版 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 12,800
USED価格:¥ 12,345
amazon.co.jpへ

【解説】
 美女猟奇殺人が続発するローマ。在住のアメリカ人ライターは、とある画廊でその殺人現場を目撃する。事件に巻き込まれたライターは真犯人に迫るべく独自に捜査を始めるが……。D・アルジェントの監督デビュー作。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
847 5.88
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:あーぼう投稿日:2018-07-30 08:27:09
犯人目線のカメラがチラチラ犯人を映すので犯人の予想がついてしまった。ただ絵画を絡ませるストーリーや登場人物は魅力的。映像もどこか近未来を思わせる冷たい雰囲気が良い。「シャドー」同様のトラウマの扱いは今みると雑ですが。
投稿者:nightwing投稿日:2018-04-05 15:02:36
もう何も言うことは無いアルジェント初期のの傑作。
明暗、赤黒・・・ほとばしる鮮血こそ少ないものの、
ヴィジュアルで魅せる映像やミステリとしての展開は今尚冴えて観える。
モリコーネやブルーノ・ニコライのスコアも映像とマッチして聞き応えあり。


謎のスナイパー?であの「残酷!女刑罰史」で魔女狩将軍をやってた
レジー・ナルダーが出てきたがクレジットは無い・・・。
投稿者:HABBY投稿日:2015-11-17 00:56:50
美女、密室、殺人、、、なんとなく江戸川乱歩が描きそうな筋やね。
この女優さん、絶叫時の憂いを帯びたエロさが最高。演技もハマってる。まんまと嵌められたわ。
投稿者:bond投稿日:2014-05-08 11:29:22
アルジェント初監督にての、スリラーサスペンス。後の作品のパターン的なものが見て取れる。でも、なんとなくオチは想像がついてしまう。
投稿者:ASH投稿日:2014-04-12 00:39:58
【ネタバレ注意】

 アルジェント先生、衝撃の監督デビュー作!! ジャーロというジャンルを確立させたのがこの映画なのかどうかは知らんが、以後、70年代のイタリア映画界ではこの手の猟奇サスペンスものが百花繚乱となるわけだ。それだけこの映画が大当たりをしたってことだろうし、またそれに見合っただけオモロさもあるわ。殺人鬼の目線で被害者を追う流麗なカメラワークに、見入ってしまう。まあ、この際、殺人鬼の正体と動機は置いといてと。

投稿者:william投稿日:2010-12-17 23:48:14
時代を感じさせないスリリングでスタイリッシュなサスペンス。
後の傑作ホラーの礎ともいえる作品。
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2006-04-08 22:47:51
【ネタバレ注意】

アルジェントの作品のなかではこの映画が1番好き。冒頭の画廊のシーンはすごく衝撃的。でもあのシーンがあることで、観てる側に犯人が誰かという先入観を持たせ、さらにすでに持っている犯罪者といえば男性という先入観を確信させてからストーリが進んでいく。すばらしい!

投稿者:黒美君彦投稿日:2005-10-30 00:07:35
ダリオ・アルジェント26歳の監督デビュー作。ギャラの高い監督の映画製作が反故になったため、彼のオリジナル脚本を自ら監督することになったのだそうだ。
原題は「水晶の羽根を持つ鳥」。
この作品の最も秀逸なシーンは、冒頭のガラス越しに目撃する犯行だろう。主人公のアメリカ人作家サム(トニー・ムサンテ)が画廊?の二重ドアの間に閉じ込められ、助けを求める女性をどうしてやりようもないというシーン。独特な空間構成がラストシーンへとつながっていく。
ただ、比較的早く犯人がわかってしまったのが残念。人間嫌いでネコを食う(!)画家や、科学的なわりに捜査が杜撰なイタリア警察など、個性的な布陣が面白い。
夜のローマの下町の風景が、冷たいサスペンスに似合っている、ということを改めて感じさせてくれた。若きアルジェント監督の才気が感じられる作品だ。
投稿者:ファルド投稿日:2004-07-20 22:31:12
あの絵が事件とどういう繋がりをもってくるのかとか興味深いし、全体的になかなか面白い展開を見せるサイコ・サスペンスだと思います。
投稿者:ヒッチ先生投稿日:2004-02-01 23:39:38
意外な犯人が判るラストまで一連のアルジェント作品と構成は同じ。モリコーネの美しいテーマ曲がいい!この作品が原点や!
投稿者:ヴィヴァ!イタリア投稿日:2003-08-08 00:08:33
中3の頃にビデオ屋を探し回って、やっと観れた時には凄い喜びがありました。
初監督作品の時点で、スタイルやテ―マが確立されていたのにも嬉しくなってしまいました。
犯人がわかる時のからくりや、話の中で全くと言っていい程繋がりの無かった事柄がクライマックスでぴたりと一致する瞬間は、にやりとさせられ、また胸がわくわくしてきます。
投稿者:Geor投稿日:2001-05-06 22:25:58
DVDが出ていたので、見直してみました。
この監督は、この頃からトラウマ等の後天的な異常を扱っていたんですね。
独自の原色を多用する色彩感覚も良い感じです。
ガラス越しの殺人目撃は、結構印象に残ります。
【レンタル】
 【DVD】歓びの毒牙(きば)レンタル有り
 【VIDEO】歓びの毒牙(きば)レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION