allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

宇宙空母ギャラクティカ(1978)

BATTLESTAR GALACTICA

宇宙空母ギャラクチカ(TV・初)

メディア映画
上映時間120分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=CIC)
初公開年月1979/01/27
ジャンルSF/アドベンチャー
宇宙空母ギャラクティカ(劇場版1978年) [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,222
USED価格:¥ 1,629
amazon.co.jpへ

【解説】
 機械人間サイロンの襲撃によって植民星を奪われた人類がまだ見ぬ故郷・地球へと旅立つ、TVシリーズの第一回スペシャルを劇場用に再編集。12の植民惑星に生きる人類と、機械人間サイロンの1000年に及ぶ闘いに終止符が打たれようとしていた。だが指導者を一堂に集めたその和平会談はサイロンの罠だったのだ。サイロンの猛攻にすべての植民惑星を失った人類は、唯一生き延びた宇宙空母ギャラクティカを旗艦とし大船団を組んで大いなる航海に旅立つ。目的地は彼らの故郷、伝説の惑星“地球”。しかし人類抹殺を企むサイロンの追跡はすでに始まっていた……。「スター・ウォーズ」の影響を最も色濃く受けた作品でジョン・ダイクストラの手掛けたSFXが最大の見ものだが、脚本・演出はお粗末。劇場公開時には“センサラウンド”方式を採用、戦闘シーンで効果を上げた。日本では劇場公開からしばらくしてTVシリーズが始まったが、その時に洋画劇場枠で本作が放映された際に改題(っていっても“ティ”が“チ”になっただけだが)、ラスト・シーンの処理もシリーズ向けに変更(アメリカTV版と同じ)された。
<allcinema>
評価
【関連作品】
宇宙空母ギャラクティカ(1978)オリジナル版劇場用第1作
宇宙空母ギャラクチカ(1978〜1979)オリジナル版TVシリーズ
宇宙空母ギャラクティカ/サイロン・アタック(1979)オリジナル版劇場用第2作
新宇宙空母ギャラクティカ(1980)続編TVシリーズ
新・宇宙空母ギャラクティカ/地球征服(1980)続編シリーズ劇場用再編集版
バトルスター ギャラクティカ サイロンの攻撃(2003)新版(再創造版)TVパイロット
バトルスター・ギャラクティカ (シーズン1)(2004〜2005)新版(再創造版)TVシリーズ
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
24 2.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2010-08-05 22:47:12
 オープニングは、かなり綺麗な映像となっている。
 スターウォーズに触発され、当時沸き返っていたのが分かるようだ。

 とはいえ、邪魔なヘルメットの顔を照らすライトやそのエジプト風の格好はやはりいただけない。
 記憶よりは、色々とましなようで、特にヴァイパーの加速感や運動感などかなり気をつけているように思う。

 惑星を戦闘機で攻撃するとか、バルターが人類を滅亡させ自分ひとりになれば、子孫も残せないのにとか、突っ込みどころは満載だが当時を考えれば十分な出来だと思う。
 日本で放送されたのが一部だと言うのは始めて知ったが、なんとももったいない。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 参加作品 
【レンタル】
 【DVD】宇宙空母ギャラクティカ (劇場版 1978年)レンタル有り
 【VIDEO】宇宙空母ギャラクティカ (劇場版 1978年)レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION