allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ラジオタウンで恋をして(1990)

AUNT JULIA AND THE SCRIPTWRITER
TUNE IN TOMORROW...

メディア映画
上映時間107分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(KUZUI)
初公開年月1991/11/02
ジャンルコメディ

【解説】
 今や大スターのキアヌがメキメキ頭角を顕していた頃に出演したオフ・ビート・コメディ。1951年のニューオリンズ、人々をラジオに釘付けにするソープオペラの名手カーマイケル(P・フォーク)は、同じ局でニュース原稿を書く駆け出しのライター、マーチン(K・リーヴス)と20年ぶりに故郷に戻った義理の叔母ジュリア(B・ハーシー)のただならぬ仲を知り、それを盗み聞いては自分のドラマに取り入れる。この実際に映像となる平和な一家の近親相姦をめぐる劇中劇が傑作で、キャストもP・ギャラガー、E・マクガヴァン、H・ラング、B・ヘンリーと大変に豪華。結局、それに本筋が追いつかない恨みが残るが、作品の中に意味不明のアルバニア人攻撃を織り込んで、最後にはラジオ局ごと焼き討ちに遭ってしまうP・フォークの狂演が最高で、ハーシーも実に艶っぽい年上の女ぶり。英国の舞台、TV界で活躍したJ・アミエルのハリウッド進出第一作で、ペルーのM・V=リョサの小説の映画化。秀才肌のジャズマン、W・マルサリスが音楽を担当している。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:日向将時投稿日:2002-09-29 13:40:47
キアヌとバーバラのカップルぶりが妙にはまっていたと思うのは私だけではないはずだ。これが叔母さんとなると「ウへっ!」となるが、そうドロドロしたものにならないところが演出の卓越した所。とても哀切で、ノスタルジックにすらさせてくれる音楽といい、映像の色合いといい、小気味のいいクライマックスと言い、中盤以降の卑猥で引いちゃう場面を全部許してしまう気になれる。そして、TVの連続ドラマ並みの豪華キャストも随所に効果的。

フォークさまも絶好調で、このおじさんのおかげで話がこじれていく。絶対目を離せない。ともかくいろんなスタイルで笑えていろんな視点で考えさせられる(!)ファンタスティック・ラブコメディ!
投稿者:ダイナマイト関東投稿日:2001-11-15 17:26:42
実は心のバイブルだったりして。ぽっ。
こういう色濃い沙汰に憧れた。
【レンタル】
 【VIDEO】ラジオタウンで恋をしてレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION