allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ラストコンサート(1976)

STELLA
DEDICATO A UNA STELLA
THE LAST CONCERT

メディア映画
上映時間94分
製作国イタリア/日本
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1976/12/25
ジャンルドラマ/ロマンス/音楽
だれかに生きる勇気を与えたとき、天使って涙を流すのですね…
ラストコンサート [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 9,800
USED価格:¥ 5,800
amazon.co.jpへ

【解説】
 人生に挫折し落ちぶれている作曲家は、ふとした事から一人の少女と出会うが、彼女の体は病魔に冒されており後三カ月の命だった。懸命に生き抜こうとする少女と再起に賭ける男、親子ほどの年齢差を越えたふたりの交流を、ステルヴィオ・チプリアーニの美しいメロディに乗せて描いたラブ・ストーリー。主人公ステラに扮したP・ヴィロレッジの初々しくも健気なキャラクターがかえって涙をさそう。イタリア製の安手な作品と言ってしまえばそれまでだが、堅実な造りは悪くない。地方では正月映画「カサンドラ・クロス」の併映作品だったが、純情な中高生はパニック映画を観に来て、この作品で泣いて帰るという凄い状況であった。
<allcinema>
評価
【関連作品】
カサンドラ・クロス(1976)
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]A小さな恋のメロディ (1971)
[002]Aリトル・ロマンス (1979)
[003]A羊たちの沈黙 (1990)
[004]Aゴースト/ニューヨークの幻 (1990)
[005]Aスティング (1973)
[006]Aヒッチハイク (1976)
[007]A悪魔の追跡 (1975)
[008]Aフェノミナ (1984)
[009]Aサブウェイ・パニック (1974)
[010]Aミッドナイト・エクスプレス (1978)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
21169 8.05
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2014-12-21 12:39:12
命短し恋せよ乙女
関光男さんの映画音楽のラジオ番組で
よくこの作品の音楽がかかっておりました。
関さんの名調子とともに懐かしいです。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-10-06 11:11:30
劇場で観た人にとっては特別な作品なのだろう。日本側が出資したのだから成功したと言える。「カサンドラ・クロス」との併映作品じゃなければDVD化される事も無かったのでは? キャスティングもいいが、懐かしさを感じさせるテーマ曲が特に良かった(75年生まれだけど)。
投稿者:william投稿日:2011-01-19 02:41:39
こんな恋愛、普通は考えられないけど、晴れ晴れとした多幸感に満たされるのは何故だろう。
良くも悪くも昔懐かしさに溢れた心地よい作品。
投稿者:uptail投稿日:2009-09-29 08:57:52
リチャード・ジョンソン
投稿者:winchesterjack投稿日:2008-10-01 03:21:58
リチャード・ジョンソンがカッコ良過ぎる。
夜、ステラと再会する場面の彼の笑顔が最高に好き。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2008-09-15 11:00:12
【ネタバレ注意】

…だが、渋くて何か才能有りげな音楽家。
彼に恋した女の子は…余命3ヶ月。

…なのだが、彼女が実に健気で明るく、時に母親の如く厳しく〜怒らせたり(が、本気で怒れない雰囲気がある)、悩ませたりしながら(けど手放せない何かがある)、愛し合うようになる。

彼女は愛を与えられ、夢を与えられ…ってか自力で獲得して、且つ彼の成功を自分の夢にしちまって、そんな最後の大仕事に自分の全てを賭けて一途に残された命を捧げます。次のコンサートはない…それが真実なのよ〜号泣。

いや明るい少女と気難しいオジさんのやり取りがそもそも楽しいです。
ねぇ食事の後は?〜私は向うにゆくからお前はあっちへ行く…とか。
飄々とした彼女の話は嘘と真実が判別不能〜明らかに嘘と解る嘘を信じ込ませたりするものだから〜病気なのに悪戯で別の患者のカルテとすり替えた事にしてビンタなんて有り得ないのだがね。

モン・サン・ミシェルか…世界遺産。フランスの超有名な建造物で、北側の建物はラ・メルヴェイユ(驚異)と呼ばれ賞賛されている…らしい。ってのはこの間友達がフランスに旅行するまでそんなもの知らなかったからだが(その後、絵葉書を油絵にしたりはしたが)。まぁ万里の長城やアンコールワットぐらいは知ってるのだけどね…彼女はその後ドイツなぞを旅行しノイ・シュヴァン・シュタイン城(覚えられねぇ…ノイシュヴァンをノイシュヴァインにしてしまうと、白鳥が豚になってしまうらしく)の絵葉書なぞ貰いましたが。http://dramatic-history.com/heritage/montsaint/mont_saint_michel.htm

投稿者:黒美君彦投稿日:2007-10-01 17:06:30
【ネタバレ注意】

ああ、確かにこの映画は公開当時“女子”の間で妙に評判になっていた覚えがあるのでした。日伊共同制作(といっても日本側は出資だけみたいですが)なのに、おもな舞台はモン・サン・ミッシェルなどフランスで、主人公のリチャード・ラスキ(リチャード・ジョンソン)は英国人、会話は英語、と何だかどこの国の映画かさっぱりわかりませんが(苦笑)。

ステラを演じたパメラ・ヴィロレージは決して驚くような美人ではありませんが、健気なところが共感を得たのでしょうか。映画の中では17歳ということになっているステラが、通りすがりの無愛想な中年男(R・ジョンソンは当時49歳)に惚れちゃう、なんてところが、何といいますかキワどいというか無茶苦茶というか(笑)。中年も少しは元気づけられる?お話です。

物語は悲恋を前提に展開していくわけですから、“女子”たちは後半涙しながら観ていたのでしょう。ウェディングドレスを身に纏い、演奏を聴きながら息絶えるさまは、この手の恋愛映画としてはお約束。
ステルヴィオ・チプリアーニの仏風音楽も妙に忘れ難い(どこか『男と女』風?)、何とも懐かしさを感じさせる作品です。もうここまで来るといいとか悪いとかじゃないですね(苦笑)。

投稿者:ひつじめえめえ投稿日:2006-03-29 14:28:34
「小さな恋のメロディ」と並ぶ「日本だけで圧倒的に支持されている外国映画」の一本ですね。

ロケ地になっているモン・サン・ミシェルの美しいことといったらないですね。でもとにかく主演のパメラ可愛い杉。白いパンタロンのむちむちさ加減に股間を膨らませながら見たものであります。音楽いいね。
投稿者:シネラマン投稿日:2005-12-18 19:23:56
今の若者にセカチューがあるように、40代の私にはラストコンサートがある。割とありきたりのドラマなのに、ずっと記憶に残っているのは、ステラのリチャードを見つめる天使のような眼差しと、本当に美しすぎるメロディーのせいだろう。サントラ盤はEP、LP、CDと買い揃えたぐらい気に入ってます。純愛にあこがれていた年頃に出会ったこの映画は、名作ではないゆえにとても身近に感じることのできた大切な宝物であります。たとえ後日リチャードがマツール島でサンゲリアに食い殺されようとも!
投稿者:ぽんぽこりん投稿日:2005-10-26 00:46:27
忘れもしませんねえ。もう二十数年前のことなんですけど、中学の予餞会の時に映画上映があって、事前に5つ位ある映画タイトルの中からみんなで人気投票をしたんだけど、男子生徒のほとんどが「好奇心」なる意味深なタイトルの映画に投票したにもかかわらず、結局、先生の独断でこの「ラストコンサート」に決まってしまって、みんなからは大ブーイング。ところが、上映が終わってホールが明るくなった途端、周りを見回してみたら、ほとんどの人が顔をグシャグシャにして涙ボロボロだったんですよ。もちろん僕もそのうちの一人だったんですけどね。その後現在に至るまでレンタルビデオ屋さんに行く度に、もう一度なんとか観たいという思いで探すんですけど、未だ出会えません。間違いなく今までの中で一番泣かせてくれた思い出の映画です。
投稿者:sibata投稿日:2005-10-22 18:50:07
ラストコンサート,私は5回見ました。高校1年のとき学校を初めてサボって映画館に足を運びました。その後サントラ盤を買いましたが,完璧に訳せた自分が,なぜ英語が苦手だったのか,その頃真剣に悩んだものでした。
投稿者:bond投稿日:2005-10-04 17:15:21
もろ昼メロ的、内容と展開だが、たたみかけるような終盤で泣ける。
投稿者:ダグちゃん投稿日:2005-05-13 05:00:11
【ネタバレ注意】

中学1年生の時、「カサンドラクロス」観たさに独りで映画館に行きました。ステラ最期のあの美しい横顔は今でもハッキリ覚えています。両作品のテーマ曲は最高ですね。

投稿者:Tom投稿日:2004-12-23 06:23:20
誰が見てもチャップリンの『ライムライト』しか言えないだろう。
何でもありで映画を成立させる当時のイタリア映画は凄かった。
投稿者:steran投稿日:2004-11-17 14:46:03
「ラストコンサート」が上映されるイベントがあるようです↓
楽しみ〜♪

http://www.amuse-s-e.co.jp/ap/lastconcert/index.html
投稿者:lily.masakosan投稿日:2004-10-28 10:00:40
偶然見つけた、このサイト。私と同じ思いの方々がいて。嬉しかったです。クリスマスイブが待ちどうしいなあ。この映画は、青春の日の淡い恋の思い出です。まだ。あの美しい景色と、心に染みる演奏と、ステラの優しい笑顔覚えています。幸せだなあ。
投稿者:ショパン投稿日:2004-10-17 16:47:41
年がばれちゃうけど中学の時観てからずっと私の中では一番の映画です。
ピアノも練習しました。ロードショウなんかで入んないかなあと何度思ったことか
1度観たけど。唯一ケーブルTVでの録画版で楽しむ私でしたが、12月が楽しみです。
あの頃の私に(無理があるけど)もどって楽しめますもの。
みなさんもそうでしょう?
投稿者:チプリアーニ投稿日:2004-09-29 10:46:17
 チプリアーニの音楽とともに悲しくもさわやかなストーリーがとても大好きな作品です。yahoo movies によると12月24日にDVD化されるようです。これが本当なら最高のクリスマスプレゼントですよね。
投稿者:おもちゃ投稿日:2004-09-13 06:42:50
【ネタバレ注意】

たまたま映画好きの兄がテープを持ってたので、とりあえず観てみました。
兄曰く「こんな都合のいい女いる訳ないよな でも・・」

・・この映画はその兄の発言の「でも・・」で成立している素敵な映画だと
素直に感激!! こういう映画、今はなかなか無いから新鮮だし(笑

投稿者:ampouie投稿日:2004-05-25 07:14:59
こちらにも「ラストコンサート」に関する記載がありますね。

当方廃盤になったLDをもっており、最近はみんなにみせておりますが、
いよいよ幻のDVDが発売になるとの情報が流れているようですね。

それまで待てない方にはLDの無料貸し出しやダビングも
可能ですよ。
(当方大分県中津市在)

緊急連絡です
8月22日に私宛メールいただいた方
メールの返事を書く前にメールを誤って
消してしまいました!
至急連絡ください
http://www.eigaseikatu.com/title/3959/
投稿者:wao投稿日:2004-05-04 02:53:40
【ネタバレ注意】

ロードショー公開時は,併映の本作に目もくれずに「カサンドラクロス」を観て帰りました。ごめんなさい。でも,かろうじて本作の最後の10分に劇場入りすることになり,思いがけずやつれたヒロインの最期を垣間見ることになり,なんとなく暗い映画だなぁと誤解していました。でも,後年になって大学のキャンパスで本作の無料上映があり(大学が田舎でろくに映画館もないためか,学生が退屈しないようにと,大学主催の上映会が月1回くらいの割で催されてました。ちゃんと35ミリで上映してくれたように思います),初めて頭から終わりまで通して見て,ようやくみなさんと同じ感激に浸れました。冒頭,パメラ・ピロレージが持ち前の明るさで失意のどん底にあるリチャード・ジョンソンを元気付けるところから,なまじ結末を知っているだけに早々と泣きそうになったくらいです。最近,wowowで放映された「恋愛小説」という日本のドラマ(金城一紀原作,玉木宏,小西真奈美主演)が,本作と筋立てがそっくりなのにはのけぞりそうになりましたが。音楽は,「ニュー・シネマ・パラダイス」のエンニオ・モリコーネを彷彿とさせますね。明るくコケティッシュな曲と,悲壮感漂うロマンティックな曲との取り合わせが絶妙です。

投稿者:ヒッチ先生投稿日:2003-08-13 01:01:37
70年代を代表する名作です。サントラCDをカーステレオでいまだ聞いとります。つまらん映画はすぐDVDになるのになぜこれは出ないの?
投稿者:tekitou投稿日:2003-04-13 22:02:51
ここのページを見てサントラ盤が出たのをしり早速インターネットで注文して買った。
たった一度しか見たことない映画なのに、ものすごく思い出に残っていました。
 久しぶりに聴いて、とてもなつかしく感動しました。
出来ることなら映画も、もう一度見てみたいです。
 ちなみに、”小さな恋のメロディ”のCDも一緒に買いました。
投稿者:投稿日:2003-04-01 00:29:11
ホントに偶然、発見しました。ラストコンサートに思い入れがある方がいたなんて・・・なんだかうれしくなりました。私が見たのは高2だったでしょうか?当時全寮制の高校に通っていたので長期の休み以外は映画館に行くことなどできなかった私の楽しみは同郷の友と帰省の途中の名古屋で映画を見ることでした。他の多くの方と同じ?で目的はカサンドラクロスでした。それが映画館を出る時はラストコンサートにすっかり魅せられていました。サントラ盤が発売されたとのこと、ぜひ購入したいと思います。と同時にDVDの発売も心待ちにしたいです。懐かしくなってつい長々と書いてしまいました。
投稿者:ひろりん投稿日:2003-03-12 01:10:40
今から20年以上前ですか・・このLDを観る為にLDプレーヤーを買ったこと思い出します。
勿論、ディスクは今でも宝物ですね。ちなみに、他の同時購入ソフトは「小さな恋のメロディ」です
(^_^;)
投稿者:sgsi投稿日:2003-02-16 22:33:05
下のagassaさんのコメントでサントラ盤の再発売を知り、嬉しい限りです。
早速、予約をしたいと思います。

1年ほど前にこのページでサントラ盤の存在を知って、Tsutayaで発注しま
したが、そのときは既に廃盤との知らせが...
あきらめ切れずに、機会あるごとに街のレコード店で注文を繰り返してい
ました。10年もやれば、いつかは再販になるかと思っていたのですが、
嬉しい限りです。

この作品に対する思い入れはコメントを書かれた皆さんと同様です。
DVD化になることを願ってます。
投稿者:agassa投稿日:2003-02-12 01:51:19
2003/3/12発売で、「ラストコンサート」音楽:ステルヴィオ・チプリアーニ
(カルチュア・パブリッシャーズ )が出るようですが、一瞬夢かと思いました(なんだか信じられないのがなんとも)
前に違う会社名でCDが出ていて、廃盤になったようですが(これは全然チェックしてませんでした)
amazonとかTsutayaとかタワーレコードで検索して見つかりました。
「ラスト・コンサート」で検索すると、Deep Purpleとかテレサ・テンとか
関係ないのがいっぱい引っかかりますが、探しましょう。

これが売れるともしかしたら、DVD化とか期待できないかなとか思います。

ラスト・コンサートは76年頃の映画雑誌を見ると(神保町で昔さがしたことがある)映画の年間人気ランキングで確か10位以内に入っていました。「キングコング」より1つ上だったと思います。パメラ・ビロレージも女優部門で確か10位に入っていたと思います。
日本ではけっこう人気が出た映画のようです。

「ステラに捧げるコンチェルト」が聴けない代用?として、
ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番の第3楽章が雰囲気が近いです。
(これをモチーフにしたのかなと思ってしまいます)
ラフマニノフはこの前の作品で失敗して、絶望に打ちひしがれて、この作品で
復活したというエピソードがあり、まるでリチャードそっくりです。

----
Pamela Villoresi のサイト見つけました。公式?
http://www.pamelavilloresi.com/
写真多数です。今も現役の女優さんのようです。
投稿者:ファルド投稿日:2002-04-20 22:22:13
白血病の女の子の悲恋物語で、ありふれたストーリーかもしれないけど、個人的にはロマンス物の秀作だと思います。風景描写も綺麗だし、健気なP・ビロレージがとても可愛いです。テーマ曲も良いが、この作品の「愛のテーマ」は特に素晴らしい名曲で、この映画を実に良く盛り上げていると思いますね。
投稿者:pai投稿日:2001-01-18 13:07:32
 ラストコンサート(以下ラスコン)に異常な思い入れのある人、同様の経験のある人、やはりいるんですね。私はこの映画は中学3年の時に見ました。どちらかといえば同時上映のカサンドラクロスが目当てだったのです。お年玉を握り締め電車で1時間。いざ、鑑賞という時まで期待はありませんでした。が、ベタすぎる内容だと思いつつ知らず知らずのうちにひきこまれたのを今でも思い出します。あんな中年男にステラのような美少女が惚れるわけないとも思いつつ。
 感動のラスト。私はその時生まれて初めて映画を見て涙を流している人を目のあたりにすることになったのです。こんな経験後にも先にもこの映画だけです。特に女性が泣いているのは衝撃的なことでした。作品の善し悪しは批評家が決めるのではなく、個人が決めることなんだなと改めて認識させられたものでした。
 私は映画音楽にも造詣が深い(勿論師匠は関光男サンですね)と自負しておりますが、ラスコンのメインテーマ及び愛のテーマこの二つは秀逸です。劇中でも効果的に使用されていました。メインテーマのピアノは美しく、パッハルベルのカノンみたいに私の中ではスタンダードです。誰か楽譜をもっていたら、あるいはそういうサイトを知っていたら教えてください。
 今思えばイタリア映画のひまわりってありましたよね。ラスコンも日伊合作。
似てるってわけじゃないけど、似てないってわけでもないような感じがしませんか。ヘンリーマンシーニの哀しくも美しいテーマ曲もどことなく雰囲気が似ていると思うのは私だけか。
投稿者:鞍蔵投稿日:2000-12-30 02:31:04
中2の時に観ました。映像と音楽が今でも心に残っています。
モンサンミッシェルは,少ししか出てきませんでしたが,
最近あそこの映像があちこちで使われています。それを
見るたびに,思い出します。モンサンミッシェルは,恐ろしい
要塞の風体ですが,私の中では,なんかロマンチックなものとして
心に残っています。8年前には,モンサンミッシェルまで
行ってきました。そこで,泊まりました。なんと,その夜,
テレビでカサンドラクロスを放映してました。私が観たいのは
ラストコンサート。また,観たい!
投稿者:ザカライア投稿日:2000-11-14 01:27:08
検索エンジンで調べてみたのですが、下記のHPに詳しい解説があるようです。http://www2m.biglobe.ne.jp/~t-gnp/lastconcert.html
投稿者:忠則投稿日:2000-11-01 03:18:42
この作品は私も非常に印象深くて、いつか観ようと思っているうちに廃盤になってしまいました。残念なことです。都内ではtutaya渋谷店に日本語吹き替えが1本だけあります。もし、この記事を見ている方で字幕盤の情報がありましたらコメントをお願いします。
投稿者:もっち投稿日:2000-10-31 17:18:09
ヒデポンさんと同じく、この映画に感動し今まで何度と無く捜し歩いた大切な映画です。先日古本屋でたまたまラストコンサ−トのパンフレットがあり、思わず買ってしまいました。忘れていたんです、この映画のこと。また再び捜し始めたところこのサイトで詳細がわかりました。LD及びVTRの廃盤を知り、ガックリです。誰か持っているひとを知りませんか?わかる方がいたらぜひ、教えてください。なお、このサイトを教えていただいたシネマイタリアのきみちさまには感謝しております。ぜひ情報をお待ちします。
投稿者:ひでぽん投稿日:2000-10-18 09:58:35
この映画は私が19歳の時に見た映画です。カサンドラクロスを見るつもりで行きましたが、解説のように帰りに涙を流す衝撃を受けたことを良く覚えています。
サントラ盤を買い何度も聞きました。
この映画を、またどうしても見たいと思いビデオをいろいろ探しましたが見つかりませんでした。たまたまこのホームぺ−ジにて廃盤を知りがっかりしたところです。映像、音楽ともに自分自身ではとても心に残るお気に入り映画です。
http://homepage1.nifty.com/hidekatsu/
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ラストコンサート <デジタル・リマスター版>2004/12/24\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ラストコンサート <デジタル・リマスター版>レンタル有り
 【VIDEO】ラストコンサートレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION