allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ラビッド(1977)

RABID

デビッド・クローネンバーグのラビッド(ビデオ・新/LD)

メディア映画
上映時間91分
製作国カナダ
公開情報劇場公開(松竹=富士)
初公開年月1978/06/03
ジャンルSF/ホラー
ラビッド -HDリマスター版- [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 5,500
USED価格:¥ 7,980
amazon.co.jpへ

【解説】
 交通事故で人工皮膚の緊急手術を受けた女性の体に異変が起きた。人を襲い、腋の下に出来た器官を使って血を吸う女。彼女に襲われた被害者は狂犬病のようになり、その症状は次々と伝染していく……。「デビッド・クローネンバーグのシーバース」(75)に続いて、現代医学が引き起こす伝染性の災厄を描いたSFホラーで、主演のM・チェンバースは名作ポルノ「グリーンドア」の主演女優。救いようの無い悲劇的なラスト・シーンに至るまで、突き放したかのような客観的な演出が、寒々しい雰囲気に拍車をかける。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-02 21:07:58
パニック・ムービー?
投稿者:さとせ投稿日:2014-09-13 08:46:49
事故により病院に搬送されどうにか一命を取り留めたM・チェーンバースが人口皮膚の移植を受ける。手術は成功したが人々を襲うようになり脇の下の口で血を吸うようになってしまった。吸われた者たちは伝染病のように次々と人を襲いだし広まってしまう・・・。

クローネンバーグ初期作で本国初公開作品。
昭和後期に東映ビデオからリリースされた時はビスタサイズのステレオ収録だった。平成になりマクザムから再リリースされた時はスタンダードだったので無視、ようやくDVDリリースされたがモノラルの同仕様なのでどちらがオリジナルサイズなのだろう?と思って見ていたらエンドクレジットになると上下に黒が・・・予告編も同様なのでトリミング版?これで東映ビデオ版が手放せなくなってしまった。
映画自体は寒々としたカナダの風景を映し出しヒロインM・チェンバースの美しさも相まってホラーの傑作となっている。
投稿者:ASH投稿日:2014-08-02 02:19:06
【ネタバレ注意】

 プレミアプライスにて鑑賞!! その昔、テレ東がまだ「東京12ch」と呼ばれていた頃に、「午後ロー」かなんかの放送枠で観たんだが、タイトルからウサギの映画だとばかり思ってた。もちろん、当時はクローネンバーグ先生が監督をしているだなんてことはちぃ〜とも知らずに。冒頭のバイクで事故るシーンから、もう画面に釘付け!! TV放映ってのは、こういう拾い物系の映画に出会う機会が多く、それがトラウマとなって心に刻まれることがよくあんだよな。

 まあ、ザックリと観ちゃえば「ヴァンパイア映画」の変種。図らずもモンスターになってしまった女の悲劇だわな。クローネンバーグ先生はこのモチーフを多用するわけだが、望まない宿命ってのは哀しいもんがある。あの移植された突起、アレにクリソツだね。

投稿者:クリモフ投稿日:2013-08-25 01:42:37
もっとB級テイスト全開で小さくまとまるかな、という予想が外れ意外やパニック映画の佳作という趣もある一作。
なんで妙な手術をしたら、血を欲しがるようになったのか、とか何故襲われるとゾンビになるのかが全く説明されていないため、気になる人はもう無理でしょうが、不思議とのれたので、後半のパンデミックはなかなか見ごたえがありました。
主要キャラの行動が割と説得力に欠けるところが多いですが、マリリン・チェンバースが良い感じにハマっているので、興味が続いていきます(ヌードもあるし)。
しかし初期のクローネンバーグは良い感じに切なさがあって、評価が上がった近年作よりも好み。カナダの寒々として気候も雰囲気に合って◎
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2013-05-05 01:07:39
【ネタバレ注意】

マリリン・チェンバースが出てるのに惹かれた。作品自体は平凡だが、ラストが切ない。

投稿者:ファルド投稿日:2012-05-25 20:02:01
発症元のローズ(M・チェンバース)のみ免疫をもっているのだが、この新種の伝染病は吸血鬼とゾンビを足したような感じだった。まあ、ゾンビと違って被害者は発症後死んでしまうけど…。映画自体はそれほどインパクトはなかった。主演女優がM・チェンバースなので、予想通りヌードシーンはそれなりにあった。
投稿者:keith11投稿日:2007-02-20 21:08:49
完全にB級映画だと思って見たが、予想に反してもっと上の映画だった。銀座の今のシネパトス、当時のポルノ映画館で公開されたのは主演女優に対する偏見か?ただ、思っていたよりも良かったと言うだけで期待してみたらどうかは保障できません。
投稿者:4531731投稿日:2004-11-15 00:51:47
 異形の者に身を落としつつ親友を頼りにするあたりが悲しい。傷ついてる、落ち込んでるというよりはもっと重症な心が欠如した人間の描写が厳しい。その代表にマリリンチェンバースみたいな人はうってつけだったんじゃないか。もともとはシシースペイセクを予定してたらしいけど。
 冒頭が水の中のナイフと類似するかもしれない。じこる以前が前意識、事故後が無意識。ジコるきっかけの家族の会話がまた興味深い。あとアイヴァンライトマンが音楽など手掛けてるけど。意外。
投稿者:やんこら投稿日:2004-08-01 14:30:46
「デッドゾーン」はある程度主人公に救いがあるが、この映画には本当に主人公が救済されないまま終わってしまう。マリリン・チェンバースの哀しげな美しさがさらにその感を増加させている。
でもきっとこんなことが本当に起きたら、これと似たようなことになりそうでこわい。
投稿者:リザード夫婦投稿日:2004-01-15 02:38:59
今、再度見たい映画の一つです。
その頃の作品は、全てオリジナリティに溢れてますね。
不気味な印象が、かなり残っています。
マリリン・チェンバーズのせいで劇場公開時に見逃した
のが残念。
投稿者:Geor投稿日:2001-05-06 23:05:05
ポルノという感覚は解ります。「シーバーズ」とかもそんな感じですしね、リン・ローリーの着替えとか(ちょっと違うか・・)。内臓に訴える感覚がそう感じるのでしょうか?。この作品は主人公が「デッドゾーン」「ブルード」「スキャナーズ」と同様に望んだわけでもない能力に苛まれる話ですが、最後まで自分のやっていることが完全に理解できていないあたり、「デッドゾーン」より悲しいと思います。個人的には雰囲気が気に入っています。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ラビッド HDリマスター版2016/11/02\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ラビッド2002/01/25\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】プレミアムプライス版 Rabid ラビッド 《数量限定盤》レンタル有り
 【DVD】Rabid ラビッドレンタル有り
 【VIDEO】デビッド・クローネンバーグのラビッドレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION