allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ランブリング・ローズ(1991)

RAMBLING ROSE

メディア映画
上映時間113分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(パイオニアLDC提供/ヘラルド)
初公開年月1992/10/31
ジャンルドラマ
愛だけを鞄につめて、ローズはやってきた。
ランブリング・ローズ [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 1,499
amazon.co.jpへ

【解説】
 ヒリアー家にやってきた家政婦ローズには、身持ちが悪いという困った問題があった。ローズはさっそく一家の主ヒリアーにコナをかける。ローズの生い立ちを知っている主人は、拒絶しながらも、彼女に寛大に接するのだった……。自然に生きる事に何の抵抗も感じない自由奔放なローズをL・ダーンが伸び伸びと演じ、ヒリアー夫人役で実の母でもあるD・ラッドと共にアカデミー主演・助演女優賞にノミネートされた愛すべき小品。当時、ダーンの恋人だった「ダイ・ハード2」のR・ハーリンが製作を担当している。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ダイ・ハード2(1990)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
218 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ファルド投稿日:2004-11-21 20:26:04
L・ダーンとL・ハースのベッドでの対話が微笑ましいというか、若い娘が性に興味を持った少年のベッドにあんな格好で入ってきたら男の子は当然あーなるでしょうね。でも、それより親父がよくガマンしたなと。これがイタリア映画だったら多分真っ先に手を出してるような気がするね。まあ、そういったことより色情狂ではあるが、自由奔放?な女性とある一家のふれあいを描いたそれなりに良い映画だと思います。ラストはちょっとしんみりしましたね。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主演女優賞ローラ・ダーン 
 □ 助演女優賞ダイアン・ラッド 
□ 女優賞(ドラマ)ローラ・ダーン 
 □ 助演女優賞ダイアン・ラッド 
■ 作品賞 監督:マーサ・クーリッジ
 ■ 監督賞マーサ・クーリッジ 
 □ 主演男優賞ロバート・デュヴァル 
 ■ 助演女優賞ダイアン・ラッド 
 □ 撮影賞ジョニー・E・ジェンセン 
【レンタル】
 【DVD】ランブリング・ローズレンタル有り
 【VIDEO】ランブリング・ローズレンタル有り
 【VIDEO】ランブリング・ローズ <日本語吹替版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION