allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

リアリティ・バイツ(1994)

REALITY BITES

メディア映画
上映時間99分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=UIP)
初公開年月1994/12/10
ジャンル青春/ロマンス
リアリティ・バイツ [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,834
amazon.co.jpへ

 Photos
リアリティ・バイツ

【解説】
 X世代を題材に、大学を卒業した4人の男女の交流を描いた青春ドラマ。TV局でADをしながらドキュメンタリーを作ることを夢見るリレイナと男友達のサム。バンド活動で職に就かないトロイに、エイズに脅えるビッキー。そんな彼らがひょんな事から共同生活を始めるが……。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1287 7.25
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-09-16 21:14:18
話はなんだかつまんなかったような。
いまさらだけど、監督はベン・スティラーだったんだね。
投稿者:リベルタド!!投稿日:2014-09-08 20:46:17
【ネタバレ注意】

当時はカリスマ女優だったウィノナ。大好きだった!もちろん今も!
クライマックスのU2からリサ・ローブへの音楽の流れは鳥肌がたつほど素晴らしい!
「セントエルモスファイアー」「シングルス」に続く時代を代表した青春ラブストーリーの一本だと思う。
今じゃコメディ映画の第一人者ベン・スティラーが監督&出演してたという意外性もスゴい。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2013-11-17 02:26:47
途中までは「取り留めの無い話」だと感じて退屈だったけど、実は良作と言っていいのかも。ウィノナが出てるから観たんだけど。
投稿者:こじか投稿日:2010-12-14 03:06:55
ジェネレーションX代表(懐)佳作。
何よりもノニーが色白で光り輝いています。

関係ないけど作品紹介ページ↑↑にあのポスターパッケージじゃなく「ベン・スティラー(29才頃)」の画像で、挿絵の画像も同一の「ベン・スティラー」だけってどういうこと(笑)!?しかもめっちゃいい顔した画像(笑)!!
投稿者:EROZZA投稿日:2010-06-18 14:29:27
★エロ目的で映画を観たっていいじゃないですか★
上映会の会場から怒って飛び出すウィノナには目が釘付け…。確信犯?

ウィノナ・ライダー
投稿者:jordandas投稿日:2007-10-10 22:08:12
トロイがリレイナとマイケルに、嫉妬と切なさが入り混じったまなざしを向けるところがキューンとくる。おしゃべりシーンが大好き。4人が集まるとカメラを回しながら語り合い、思いをぶつけ合う。リレイナとマイケルの初デートでは車でいつまでも二人の会話が続く。普段は言いたいことを何でも言うのに、互いを意識すると言葉を飲み込んでしまう。このコントラストがイイ。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-08-01 01:16:40
思っていたほどは楽しめなかったんですが、キャスト達はなかなかのハマり役ばかりだったので、そういった面では良いと思いました。
本作をベン・スティラーが監督しているという所が何よりも魅力的で、それだけでも私には嬉しかったです。
元々ウィノナ・ライダーは好きな女優なので良いし、イーサン・ホークはイマイチ好きではないですが、本作での彼は良い方だと思います。それにスティラーとは友人でもあるジャニーン・ガロファローの登場も嬉しいし、影は少し薄いですがスティーヴ・ザーンが出ているのも素敵です。
後、ビッグ・マウンテンの♪「Baby, I Love Your Way」やリサ・ローブの♪「Stay」などが流れるのも素敵ですね!
と言っても、やはり思っていたほど楽しめなかったのが正直な所です。
投稿者:なちら投稿日:2007-02-19 23:09:44
いまいち。ウィノナは好きになれないな。
投稿者:おるず投稿日:2007-02-13 13:47:40
ベン・スティラーはコメディアンかと思ってたけどこれを観て考えが変わった。

評判はまちまちだけど、私はよく出来た映画だと思う。後編マイケルが吐き捨てるように、「信条やモットーだけで生きていけたらいいが実社会ではそうはいかない」というメッセージがよく伝わってくる。

同性愛、エイズ、セックスなどの現代特有の問題をうまーく絡めつつ、人生が理想どおりにいかない、妥協抜きには大人になれない、といういつの時代にも誰もがぶち当たる現実の壁をリレイナ、トロイという個性的な人物たちを通じて描いている。
投稿者:ジャック ウォルシュ投稿日:2006-05-06 17:01:50
作品自体の出来は大したことないと思ったが、イーサン・ホークとウィノナ・ライダーの二人で最後まで見れた。
ウィノナ・ライダーはマジで可愛い。
しかし、タバコを吸うとは思っていなかったので、少しショックだった。
イーサンは、こういう役も上手いと思った。
投稿者:ふじこ投稿日:2006-01-20 13:14:12
まぁスタイリッシュちゃそうなんだろうけど、どうしても現実のウィノナ、イーサンとダブってしまい、いまひとつ入り込めなかった。
当時の二人はすごくかっこ良かったし可愛かったんだね。

あの後、二人はきっとすぐ別れてしまうぞーとかそんな風にしか考えられなかった・・スイマセン。
投稿者:エルエル投稿日:2005-04-24 02:51:39
ウィノナは好きだがイーサンホークの俺いい男だろって感じがいまいち。
中身もリアルな青春映画とかいうけど、たいしたことはない。
若い子にやたら小難しい台詞を言わせ、いかにもスタイリッシュと思わせる
8ミリをところどころ入れるあざとさが鼻についた。普通でいいのに。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-13 13:45:39
テレビドラマみたいです。
投稿者:william投稿日:2005-02-08 14:55:00
「マイ・シャローナ」を聞くと思わず体が動いてしまう。それがジェネレーションX。
投稿者:jyunn投稿日:2005-01-23 13:31:07
【ネタバレ注意】

面白かったです。この世代と同年代の自分としては現実がもたらす空虚感や、タバコとコーヒーとおしゃべり、といったことが段々と分かってきました。
イーサン・ホーク、ウィノナ・ライダーがとても素敵でした。

投稿者:ASH投稿日:2004-02-19 22:12:40
【ネタバレ注意】

 X世代(死語)よりひと世代上のベン・スティラーからの、かの世代への賛歌ですかね。

投稿者:もーがん自由人投稿日:2003-07-15 08:35:07
【ネタバレ注意】

なんか身につまされる映画です。現実を馬鹿にしたり逃避したりすることで自分を甘やかす。愛する人の幸せを願うことを知らず自分の思いだけで突き進んでしまう。責任転嫁でしか保てない柔なプライド。
 もう大人の私からすればマイケルを振ってどうしてこんなバカ男にくっついたのか理解に苦しむんですがね。その辺がリアリティないよなあ。

投稿者:徘徊爺投稿日:2003-02-01 08:35:29
仲間、友情、恋愛、アルバイト、就職。悩んだり、怒ったり、笑ったり。ちょっと探せばどこにでもありそうな二十代の青春時代の1ページ。けっこう台詞が面白かった。
投稿者:DIO様投稿日:2002-09-08 07:45:09
あのラストは一見ハッピーエンドだが、あの後一体どうなったのか。俺の想像だと、とりあえず・・・うまくいく。ところがだらしないSEXがたたり、望まない妊娠をしたあげくに結婚。しかし、あいもかわらずぐうたらなトロイはろくに仕事もせず、未だにリレイナに食わせてもらっている状態。リレイナもリレイナでバカだから、きっとトロイには音楽の才能があるわ、いつか成功するに違いないわ、などと思い込む始末。そして、ハッと気付いた時には二人は立派なホワイトトラッシュになっていましたとさ、チャンチャン。
てなとこまで描いてくれれば傑作になったのにな、この映画。
投稿者:lanceee投稿日:2002-07-27 14:48:25
ウィノナの親友のジャニーンガロファロ、すっごくかわいい!この映画を見て彼女が大好きになりました。あと、ゲイのスティーブザーン。
ウィノナははまり役ですが、個人的にこういう身勝手な女の子好きじゃないです。でも本当は好きなのに、彼女をからかって誤魔化すイーサンホークは切なかった・・・。
でもほんと、この後どーやって暮らしていくんですかね?
典型的に離婚しそうなアメリカンカップルですね。
投稿者:JJ投稿日:2002-07-16 13:54:40
【ネタバレ注意】

楽しかった学生時代を終え、社会に出ると、「現実は厳しい」。まさにそのタイトルのまんまの映画で、登場人物にとても共感を覚えた。テンポも良くて、面白かった。イーサン・ホーク、はまり役。(=小ざかしい、口先男)個人的には、あんまりウィノナは好きじゃないのだが、この映画のウィノナは、とってもキュートだった。っていうか、イーサンとウィノナってのが、よく似合ってた。しかし、あの二人、恋は実っても、現実的にどうやって生活していくのか心配。とくに仕事面・・・。どっちも甲斐性なさそうだし。

投稿者:dadada投稿日:2002-05-19 20:32:34
この映画のウィノナ・ライダーは、凄〜く魅力的。しかし、先日、テレビのワイドショーで、彼女が万引きをした時の監視カメラ映像ってのが放映されていた。あれ見ちゃったら、何だかなぁ。警備員に両脇抱えられて無様な姿だった...嗚呼、幻滅...好きだったのになぁ。
投稿者:ひびき投稿日:2001-10-25 12:22:53
全開、といった感じ。イーサン・ホークはカッコイイのだけれどトロイって人物は好きになれない。「口先だけの男」ってイメージを最後まで払拭しきれていないから。どこかにもう一つ魅力を見つけられればよかったんだけど。
作品全体に現実の厳しさみたいな物が漂ってるけれど、「だからどうした」と言った感じ。日常で嫌と言うほど味わってるのに何で映画でまでそんなことを確認させられなければならないのか。面白くないってわけじゃないけど好きにはなれない映画かな。
投稿者:ひびき投稿日:2001-10-25 12:20:45
全開、といった感じ。イーサン・ホークはカッコイイのだけれどトロイって人物は好きになれない。「口先だけの男」ってイメージを最後まで払拭しきれていないから。どこかにもう一つ魅力を見つけられればよかったんだけど。
作品全体に現実の厳しさみたいな物が漂ってるけれど、「だからどうした」と言った感じ。日常で嫌と言うほど味わってるのに何で映画でまでそんなことを確認させられなければならないのか。
投稿者:とし投稿日:2001-10-12 14:25:49
イーサン・ホークに感情移入したが、残念ながらボクはイーサン・ホークではなかった。X世代に共感したかったが、残念ながら生まれてくるのが早すぎた。
投稿者:シリウス投稿日:2001-10-01 00:00:58
スタイリッシュとか音楽いけてるとか、そんなのぜんぜん思えなくて妙にリアルな映画でした。主人公たちのいけてない感がリアルすぎて。見終わった後すごいブルーになりました。。。青春映画としては奇麗事を書いていない、いまどきの閉塞感があまりに痛い映画でした。辛口青春映画。最後は一応ハッピーエンドだけどね。(でもあの二人の未来ってどうなるんだろうと思うと、けっこう不安。)
あー、私の将来もどうなっちゃうんだろう。。。。。。漫然と毎日を過ごしていることに不安を覚えてしまうそんな映画です。
投稿者:のこ投稿日:2001-05-10 22:08:33
 中学のころに見たことがあったけど、その時は共感できなくて、あまりよく
わからなかった。みんながいいって言ってるのに、なんで?と思ってました。
 だけど、この映画の人たちと同じくらいの歳になった今、改めて見てみて、
あの時わからなかった気持ちがすごくよくわかって、ほんと感動してしまった!

イーサン・ホークとウィノナに魅せられました!!
投稿者:まこと投稿日:2001-01-03 01:04:53
主題歌の「Stay」(リサ・ローブ)が、内容と良くマッチしていと思います。
同じ世代の内容だったので、共感できる点が多々ありました。
若い世代の悩みや世相がよく表現できています。
投稿者:にしげ投稿日:2000-09-06 20:24:55
ウィノナ・ライダーがとってもきれいで、イーサン・ホークがめちゃかっこいい!将来のこと、今現在のこと、悩む問題が自分とよく似ていた。映像がスタイリッシ
ュだからとか、音楽が素晴らしいからとか言う前に、話が良くて。大好きな映画の一つです。ぜひ一度見てください。あなたにも好きになってもらいたいな。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ キス・シーン賞ウィノナ・ライダー 
  イーサン・ホーク 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION