allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

リオ・ロボ(1970)

RIO LOBO

メディア映画
上映時間114分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東和)
初公開年月1971/02/13
ジャンル西部劇
西部男の心意気を見せる 大御所ジョン・ウェインが 怒りのライフルをひっさげて 無法の町リオ・ロボにのりこんだ!★
西部劇 ベストバリューBlu-rayセット (期間限定スペシャルプライス)
参考価格:¥ 8,910
価格:¥ 6,300
USED価格:¥ 4,610
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:ハワード・ホークス
製作:ハワード・ホークス
原作:バートン・ウォール
脚本:バートン・ウォール
リー・ブラケット
撮影:ウィリアム・クローシア
プロダクションデ
ザイン:
ロバート・E・スミス
編集:ジョン・ウッドコック
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
出演:ジョン・ウェインコード・マクナリー大佐
ホルヘ・リヴェロピエール・コルドナ大尉
クリストファー・ミッチャムタスカロラ・フィリップス軍曹
ジェニファー・オニールシャスタ・デラニー
ジャック・イーラムフィリップス
ヴィクター・フレンチケッチャム
スサーナ・ドサマンテスマリア・カルメン
シェリー・ランシングアメリータ
デヴィッド・ハドルストンドクター・ジョーンズ
マイク・ヘンリートム・ヘンドリックス保安官
ビル・ウィリアムズパット・クローニン保安官
ジム・デイヴィスライリー
ロバート・ドナーホワイティ・カーター
【解説】
 ウェインの他にスターは出ないが「リオ・ブラボー」「エル・ドラド」と続いた三部作の最後、そして監督ホークスの遺作となった骨太の群像劇ウェスタンである。前二作と同じく豪放な笑いを基盤に、老若男女入り乱れての戦う集団形成のディテールは大いに楽しめる。セミヌードのグラマーの登場などは時代色か。南北戦争末期、北軍護衛の金塊輸送列車が襲撃されるが、内部に裏切者がいるとみたマクナリー大佐は捜査に乗り出す……。最後の決戦も極めて陽性で、なんだかみんなして遊んでいるみたいな雰囲気。これこそがホークスという余裕が感じられる。映画の内容からすると渋すぎる、暗がりにギター爪弾く手のオープニング・タイトルもカッコいい。
<allcinema>
評価
【関連作品】
リオ・ブラボー(1959)
エル・ドラド(1966)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
323 7.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2017-12-08 18:50:42
ハワード・ホークスの遺作ウェスタンである。
南北戦争末期に敵味方として知り合ったタフガイ連中が、戦後テキサスで再会して復讐を果たす物語だが、最初の列車襲撃のシーンから敵味方の関係がユルユルで緊迫感が無く、その空気はラストまで続くので、まるでコメディを観ているような感じだ。ジョン・ウェイン以外全員二線級の俳優たちなので、彼のワンマン映画になりそうなものだがそうでもなく、63歳の老体ゆえか自慢のアクションもほとんど無い。このような映画でも企画がちゃんと通り、今日でもそこそこ作品が知られているのも、ハワード・ホークスとジョン・ウェインの名声ならではである。そう考えるとやはりこの二人は凄いと言わざるを得ないだろう。
投稿者:bond投稿日:2014-03-09 10:26:01
冒頭の列車襲撃はなかなかの作戦で騎兵隊ものかと思いきや、悪者退治への話しになる。比類なき豪傑ジョンウェインはさすが。
投稿者:gapper投稿日:2013-08-01 09:15:57
 推定予算400万ドル。
 ハワード・ホークス三部作の最後だが最初にブルーレイ化されていて、そのブルーレイ版を鑑賞。

 南北戦争時の南軍が北軍の金を強奪するところから始まり騎兵隊物の様な始まり方だが、結局は三部作共通の保安官事務所での立て籠もりからグループ対の決闘へなだれ込む。
 西部劇としては不要な凝り方の様で、時代の流れを感じる。

 ウェインの相棒としてはホルヘ・リヴェロは役不足な感じで、やはり他の2部作の方が良いと感じる。
 ジェニファー・オニールも西部劇には不適な感じだし、ジャック・イーラムが悪党でないのはやはり違うでしょう。
 悪役だからこそあの個性は引き立ちます。

 相棒が落ちぶれないと言うのも異なるし、そこをついてこない悪党も素直すぎる。
 渋くは決めているが、やっぱり「リオ・ブラボー(1959)」が最高だと再認識する結果となった。
 映像はきれいだったんだけれども。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:uptail投稿日:2011-09-05 10:52:33
ジェニファー・オニール
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2010-09-23 15:43:16
【ネタバレ注意】

汽車の捕獲作戦に意味があるとすれば、お宝を南軍に奪われるってエピソードを描くのにワザワザある意味コメディの「ネタ」の様なアイデアを真剣に考えるって遊び心でしょうか?〜そりゃあ「ハタリ」のアレは唖然としますが(キャストアウェイの意味不明な漂着物の使い道じゃないですが)、こちらは想定の範囲内です。
…逆にあんな作戦?で死んでゆく戦友が浮かばれないかと。

戦争は終わった…自分も相手も軍の為に騙まし討ちもしたが、それも「勝負」。が、人間として許せないのは「裏切り者」である。そして他人の土地を力で取り上げ、逆らう人間を排除しようとする「利己主義」〜あのモデルの様に美形な彼女をスカーフェイスにしても平気な男〜まぁ当人は自分の行為が自分の権利に基づくもので極悪非道でも何でもない(単なる自分を敬うべき者への戒め?)、と思い込んでるのかもですがね。

クウェートに侵攻したイラクには自国の利益(若しくはイギリスによって分離されたという歴史的な問題)という大義があるのかもだが攻められる国は堪ったものではない。国際的に確定した領土に侵攻するのは人間性に問題ありと思われても仕方ありません。(まぁ日本人の私有地?な尖閣諸島は兎も角、竹島は敗戦ゆえに国土全てをアメリカに領有されても仕方ない状態におけるサンフランシスコ講和条約(済州島etc.を返還した)に関する解釈(はっきりと記載されていない)もあるかもなので何ともですが…※ってか相手に返還する意志がない且つ条約で返せとも明言されていない領土を交渉も無しに実効支配するのは宗教団体(=イスラエル?)の如し)
※なんじゃそりゃ?超個人的な「利己主義」で自分の「能力」を飾り立てておきながら、「正義」など知った事じゃないとばかりに「脅迫」という「悪」に屈する奴等を船頭に戴く……か…なんとも悔しい話だな。気分は「極寒」…とか言ってみたりして…

…そんなこんなでカムフォタブル?なジョンウェインが漢気をみせて勧善懲悪に挑む西部劇…ジョンのみならず復讐を果す女達も格好良いです。

投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2006-01-04 20:32:59
【ネタバレ注意】

 ハワード・ホークスの遺作は余裕綽々の境地で何度見ても実に楽しい。『ハタリ!』の野生猿捕獲装置を想起させる冒頭の列車捕獲大作戦は映画史に残る傑作シーンだし、さらに南北戦争後に映画がギアシフトしてからも多くの登場人物を思いのまゝにディレクションする魔法のようなホークス演出を堪能することができる。(もう少し正確に云えばホークス+リー・ブラケット)

 確かにホルヘ・リベロやクリストファー・ミッチャム、マイク・ヘンリーといった若手の役者達はそれぞれを見ると強さに欠けるのだが、ホークスの演出は人物と人物の関係性を見事にコントロールすることで見応えのある映画の流れを作り出している。例えば、南北戦争終結直後に北軍将校のウェインが南軍捕虜だったホルへ・リベロ達を酒場に誘うシーンなんて呆気に取られてしまうじゃないか。このような関係性の変転はかつて映画で描かれたことがないのではないかと思えてくる。このようなある意味現実離れした展開を全く大らかにそして全く倫理的に納得させてしまうホークスの演出は矢張り奇跡的じゃないかと思えてくる。

 そしていつもながらのホークス映画の女優の扱い。ジェニファー・オニールもシェリー・ランシングも演技はつなたいが「これぞホークス映画」という登場シーンと性格付け。例えばバコールやアンジー・ディッキンソンに比べればそりゃ見劣りはするのだが、本作は全体に役者に頼らない分、ホークス演出のエッセンスが垣間見える。

 またウィリアム・H・クロージアの画面造型が端整で素晴らしい。特に夜間シーンの光の回り具合が野外・屋内問わず実に美しく特筆に価する。

#本作でセミヌードを披露した上にスカーフェイスとまでなる、ある意味汚れ役と云っていゝシェリー・ランシングがこの後ハリウッドで経営者として大成功したことは有名。コロンビアの副社長、FOXの社長、パラマウントのCEO会長を歴任している。こういう人がハワード・ホークスを経ているということが興味深い。
http://cinema.intercritique.com/user.cgi?u=3449

投稿者:Ikeda投稿日:2005-08-22 13:44:55
出だしは南北戦争末期の列車強盗、続いて戦後の元南北軍人による、裏切り者への復讐劇に変わります。逃げ出すにも、報復するにも色々な手段を使っていて面白いですが、話を作りすぎている感じもします。
それにしても酒を飲むシーンが多い映画です。
投稿者:トレマー図投稿日:2003-11-20 20:14:01
冒頭の列車を止めるシーンは必見。ジョンウェインは素敵だ。
【レンタル】
 【Blu-ray】リオ・ロボレンタル有り
 【VIDEO】リオ・ロボレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION