allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

リスボン特急(1972)

UN FLIC
DIRTY MONEY [米]

メディア映画
上映時間100分
製作国フランス
公開情報劇場公開(東和)
初公開年月1972/12/16
ジャンルサスペンス/犯罪
リスボン特急 [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 4,063
USED価格:¥ 8,009
amazon.co.jpへ

【解説】
 リスボンへ向かう特急列車が強盗団に襲われる。その動きを察知したパリ警視庁の警部は、強盗団の首領との対決を覚悟する。二人はかつて、堅い友情で結ばれた戦友同士だった……。宿命によって対決せざるを得ない男たちの哀しみを描いたドラマ。警部に扮するA・ドロンが、悲愴感を漂わせて好演。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
322 7.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2011-05-13 23:47:39
 「仁義(1970)」に続くメルビル監督のドロン主演作。

 リチャード・クレンナとアラン・ドロンの役どころが逆ではないかと感じるが、「仁義」と同じ犯罪者を避けたのかもしれない。
 フィルム・ノワールのような作りで、犯罪を犯す側と追いかける側の物語で共通する部分も多い。

 クレンナが1時間4分ごろ磁石でコンパートメントの鍵を開けるのだが、錠のカバーも同じ金属であろうからこれはありえない。
 実際やってできないことは判ったはずなのに、そのまま撮影してしまうのは映画人らしい。

 「仁義」の方が一般的には評価が高いだろうが、見易さとラストの音楽が気に入っているので個人的にはこちらを上とする。
投稿者:TNO投稿日:2009-11-05 11:49:01
【ネタバレ注意】

ジャン・ピエール・メルヴィル監督の遺作。全編、極めて台詞が少ない。不要な言葉は極力廃して、映像で理解させる手法を取っている。メルヴィル監督の特徴だ。主人公3人(アラン・ドロン、リチャード・クレンナ、カトリーヌ・ドヌーヴ)が最初に一堂に会するクレンナ経営のバーの場面では、全く会話がない。ドロンが去った後に初めてクレンナとドヌーヴが必要最小限の会話をする。犯罪映画だが、特に残虐さを強調するわけではなく、サスペンスを盛り上げるわけでもなく、淡々と犯罪者グループと警察の捜査が描かれてゆく。ドロン扮する警察署長は、職務に忠実で冷徹な人物として描かれている。市井の人間に協力者が多いことも窺わせるが、民間人でも、裏切りには感情を露にして制裁を加える。オカマのタレこみ者は、気の毒だった。邦題にもなっている、パリ発リスボン行き特急列車の場面は、この作品の山場だが、残念ながら、うまく出来ていない。まず、列車とヘリが映る場面は、模型であることが丸判りだ。そして、20分という制限時間内にクレンナ一味が麻薬を盗めるかというテーマがあるのだが、それがうまく観客に伝わってこない。今の映画なら、これでもかと時計の針との睨めっこを演出するはずだ。映画上でも、この場面だけは、物語の進行時間と映画上の時間が20分で一致していた。演出方法によっては、より良いシーンとなっていたはずだ。ただ、この場面直後に、麻薬を盗まれた"運び屋"が、悔しがるそぶりも見せずに、淡々と証拠隠滅(麻薬の入っていたケースを車外に投げ捨てる)を図るシーンはリアルすぎて秀逸。クレンナ一味が美術館で落ち合うシーンでは、クレンナがゴッホの自画像に見入るシーンがあるが、後の自殺(他人を使った自殺)を暗示したのであろう。ドヌーヴも、入院中の仲間を逮捕されることを恐れ毒殺しているが、結局最後は罪に問われることはない。悪党仲間は、全員死亡するのだから、誰も彼女の罪を知る由もないということか。それにしても、女性には甘いという印象。エンディングテーマは、シャルル・アズナブール監修。

投稿者:uptail投稿日:2009-05-22 18:47:10
ミシェル・コロンビエ
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-02-18 16:21:54
 フィルム・ノワールの旗手メルビル監督の遺作。
 フィルム・ノワールの特徴というのは、犯罪場面を綿密に描いている点。だから物語のテンポとしては非常にゆったりとしている。

 ドロンとクレンナが友人同士であり、最後には対決することになる。
 しかし、二人が友人だという設定があまり伝わってこない。
投稿者:bond投稿日:2006-08-19 01:11:46
公開当時映画館で観たが子供だったので、よく解らなかった。今観ると、淡々とした中に重厚感を感じる。アランドロンは好きな俳優だが、クレンナが主役の感あり。とにかく渋い、今はこうゆう映画を作る人がいない。
投稿者:黒美君彦投稿日:2005-12-24 19:52:15
ジャン=ピエール・メルヴィル監督の遺作として知られるが、この作品でもオープニングから冒頭の強盗シーンは素晴らしい緊迫感。海辺の無機的な集合住宅が不気味な存在感を示している。
が、その後の展開は残念ながら今ひとつ。アラン・ドロン、カトリーヌ・ドヌーブという美しい?キャストでありながら、それぞれの描き方が薄く、感情移入が出来ないままにラストを迎えてしまう。ヘリコプターを使っての列車内の犯行も、妙に大仕掛けであるだけに、中途半端な007モノのような感じ。
途中から、実は黒幕はアラン・ドロンだった・・・という幕切れを予想したのだが、深読みしすぎた(苦笑)。意外に素直な筋書きではあるが、首謀者のシモン(リチャード・クレンナ)とドロンの友情が十分描けていないので、そこがつらい。
投稿者:Ikeda投稿日:2005-11-10 15:23:11
警部役のアラン・ドロンは今ひとつの感じで、言われているようにギャングの親分リチャード・クレンナの方が目立ちます。また、その情婦カトリーヌ・ドヌーヴがあまり見せ場はないけれども、円熟期に入ったと思われる好演です。前半は多少退屈しましたが、後半の寝台車でのシーンに一番の見所がありました。ヘリコプタまで出てくるのが大袈裟ですが、映画もそういう時代に入っていたなと感じました。
投稿者:sacai投稿日:2005-04-16 23:05:43
メルヴィルの最晩年の作品であり、Aドロンが一番美しかった頃(67−72)でもあり、メルヴィルのブルートーンの映像美が素晴らしい。途中ヘリコプターから列車の部屋へ侵入し、かばんを差し替えるシーンは確かに凄いがリアルタイムで進行させているので退屈。音楽がMコロンビエによる洗練されたメロディアスでたまりません。エンディングのイザベル・オーブレの歌を聴きたい方はMコロンビエのCD「ドリーム」で聴けますよ。ついでにこの曲の挿入の何曲かはMコロンビエのCD「ウイングス」で聴けます。廃盤になる前に必聴!
投稿者:keith22投稿日:2004-02-09 23:23:44
これまた十年以上も見ていない作品で、ビデオがあるらしいが縁がなく、年末にBSでやっていたらしいが見逃してしまった。ドロンは結構DVD化されているが、こういう作品を早く出して欲しいものです。
投稿者:さとう茶投稿日:2003-11-01 22:21:50
【ネタバレ注意】

メルビル監督は「サムライ」のドロンを逆の役回りで使いましたね。最後がまさにそう。 ギャングのボス、R.クレンナはこんな映画に出てたのかー。
若い頃きたえたおかげで「ランボー」でスタローンの元上官になってる訳ですな(笑)。 ドロンよりクレンナの方が出番が多かったかも知れない。もともと無表情に近いドロンよりは、クレンナの豊かな表情の方に感情移入してしまいます。 ラスト、職務に忠実なドロン警部が、無線の呼び出しを無視して車を走らせるのが何とも言えない哀愁です。 それとこの映画で気になったのは、髪の乱れ。けっこう強調してるなと感じました。シモン(クレンナ)がリスボン特急に乗り込んだ際、トイレの中で乱れた髪を丹念に直す。乗客に完璧に化けてました。それとラストのコールマン警部(ドロン)とドヌーブの髪の乱れ。ドヌーブなんかくしゃくしゃで、表情よりも心の内を豊かに語っていると思いました。

投稿者:JJ投稿日:2003-04-04 14:17:43
ジャンル的には、サスペンスになるのかな?
麻薬取引&銀行強盗事件を追いかける刑事の話。ドロンが刑事です。
私、この映画のドロン、すごく好きです。
カッコイイ!やはり、ドロンには、“そこはかとなく漂う男の哀愁”が似合います。
カトリーヌ・ドゥヌーブも美しかった〜。
撃たれると思って、先に撃ってしまったドロンの背中からあふれる哀愁がステキでした。
メジャーを取り出し、何をするのかなと思いきや、
磁石で列車のコンパートメントの鍵を開けたりするシーンは、
ちょっと007みたいでワクワクしました。
投稿者:かきざわけんじ投稿日:2002-03-27 16:32:30
主題歌が印象に残っています。確か、イザベル・オーブレという女性が歌っていた記憶があるのですか。CDなんか出てないだろうなあ。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】リスボン特急2017/11/24\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】リスボン特急2012/05/09\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】リスボン特急2011/11/02\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】リスボン特急 <初回限定生産>2010/12/22\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】リスボン特急2009/07/08\1,714amazon.co.jpへ
 【DVD】リスボン特急 <初回限定生産>2008/11/13\1,429amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】リスボン特急レンタル有り
 【VIDEO】リスボン特急レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION