allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

リトル・ショップ・オブ・ホラーズ<未>(1960)

THE LITTLE SHOP OF HORRORS

メディア映画
上映時間73分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルホラー/コメディ
リトル・ショップ・オブ・ホラーズ ?IVC BEST SELECTION》 [DVD]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 1,050
USED価格:¥ 576
amazon.co.jpへ

【解説】
 何をやってもダメな男シーモアは、路地裏の片隅にひっそり佇む花屋の店員。だが彼には恐るべき秘密があった。なんとオードリーと名付けられた人喰い植物を店で大事に育てているのだ。オードリーに命じられるまま、シーモアがエサとなるべき人間を招き入れていた……。わずか二日間の撮影で完成させたというR・コーマンの伝説的ブラック・コメディ。C・グリフィスのキュートでビザールな脚本ももちろん素晴らしい。まさに奇跡のような逸品だが、これがそう呼ばれるのは、後にオフ・ブロードウェイでミュージカル化されて大ヒットとなったとなった事とも関係あろう。それほどまでに、この小品には、設定・キャラクター・シチュエーションなど様々な優れた要素がある。歯を抜いてもらう事に異常な快感を覚えるマゾの患者に扮したJ・ニコルソンなど、最高の一語だ。
<allcinema>
評価
【関連作品】
リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986)ミュージカル・リメイク版
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
211 5.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2015-09-07 14:02:31
犯罪の多き町スキッド・ロウで花屋を営む男。
癇癪持ちの男に雇われているシーモアは珍種を育てていた。
花屋の娘の名前オードリーに因んでオードリー・ジュニアと名付けた花は血が好み。
やがて大きくなり喋るようにもなるが・・・。

劇場未公開ながらもR・コーマン監督の名声により有名だった本作、後にリメイクまでが作られた。
懐かしきベストロンビデオからカラー版がリリースされ、オリジナルのモノクロ版はなかなかリリースされなかったがようやくDVDになって見る事が出来た。
画質も良く低予算なのにアイディアを詰めて映画化したのは流石コーマンで、有名になる前のJ・ニコルソンも出演している。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-06-08 09:21:24
【ネタバレ注意】

リメイク版も好きだが、次々に開く花が証拠(証人?)になるあのシーンはオリジナル版でしか観れない秀逸さ。

投稿者:gapper投稿日:2011-08-12 20:42:56
 ロジャー・コーマンの傑作ホラー・コメディ。

 奇人変人ばかりが出てくるオール・スクリューボール・コメディと言いたい感じのコメディ。
 ジャック・ニコルソンの変人ぶりは有名だが、歯医者にしてもまともではない。
 シーモア(ジョナサン・ヘイズ)の母親も病気オタクなのか健康オタクなのか分からない変人ぶり。
 いつも葬儀の花を買いに来るおばさんなど、まともなキャラクタは居ない感じだ。

 ラスト付近の逃走劇では、フィルム・ノワールかと思うような作りでここだけ見るとコメディとは分からない。
 ここは、ミスマッチの面白さだ。
 音楽がフレッド・カッツとタイトルに出ていないロナルド・スタインでそれらしい物に仕上がっている。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:こじか投稿日:2010-12-25 01:38:37
元祖リトルショップ。後にミュージカル化されて、またさらにそれが映画化されただけあって単純に面白いんですよね。しかもひょっこり出てくるジャック・ニコルソン、あの天性から来る不敵な笑みはこの作品の為か(笑)
投稿者:ロビーJ投稿日:2008-02-26 22:58:39
1986年のミュージカル版『リトルショップ・オブ・ホラーズ』が大好きだったのでこのオリジナルも是非見たいと思っていました。先日、やっと中古のビデオで発見したので嬉しく鑑賞しました。いやぁ〜面白い。ミュージカル版も最高だけど、こちらも負けてませんね!
オードリー・ジュニア(リメイク版ではオードリー兇世辰燭茲諭)はリアルではないけど、そこが逆に何ともいえない気味悪さを醸しだしています。シーモアを演じたジョナサン・ヘイズもなかなか素敵で良かったし、あのジャック・ニコルソンがリメイク版ではビル・マーレイが演じていたキャラを笑顔で演じているのですから、もう面白くてしょうがない!しかもかなり若くてカッコよかったし!良いですねぇ〜。それと薬を美味しそうに食べたり飲んだりするシーモアのお母さんもたっぷりと笑わせてくれました!
とにかく予想以上に楽しめる作品でした。結構ハラハラする所もあったし、時間も短いのでアッという間に見る事が出来ます。それにラストが良いですね!リメイク版も好きだけど、オリジナルの本作も好きになりました☆
投稿者:まっどぼんば投稿日:2006-11-17 01:03:45
奇人変人ばかりが出てくる脚本の良さもあるが、
TexAveryアニメ系の演出(ドリフ系と言う方が
わかりやすいか)が面白い。特にブロンド美人が
主人公を誘うあたりなど向こうの古いアニメで
よく見られた手法。コーマンの代表作の一本。
投稿者:しまそん投稿日:2000-03-02 02:32:29
若き日のジャック・ニコルソンが歯医者の患者役で、
歯をボロボロにされながれ、ニヤニヤ笑うマゾシストを
怪演。字幕なしで見たので、セリフの微妙な面白さが
わからず、悔しい思いをした。
ロジャー・コーマン監督は、色んな人材を発掘、
コキ使った事で、もっと評価されてもおかしくない人物。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION