allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

美しき諍い女(いさかいめ)(1991)

THE BEAUTIFUL TROUBLEMAKER
LA BELLE NOISEUSE

メディア映画
上映時間237分
製作国フランス
公開情報劇場公開(コムストック)
初公開年月1992/05/23
ジャンルドラマ
かぐわしき、愛と芸術の予感。
美しき諍い女 リストアHDマスター 無修正版 [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 3,879
USED価格:¥ 2,438
amazon.co.jpへ

 Photos
美しき諍い女(いさかいめ)

【解説】
 バルザックの『知られざる傑作』を原作に撮った、ジャック・リヴェット監督作品。孤高の画家フレンホーフェルは、自らの最高傑作“美しき諍い女”を描こうと妻をモデルにするが完成直前に破棄してしまう。そして10年後。彼の前に、若いモデル、マリアンヌが現れた事から彼は再び“美しき諍い女”の仕上げにとりかかるが……。4時間にも及ぶ上映時間の作品でありながら、全くその長さを感じさせない傑作。セリフの全くない、デッサンを描くシーンでの鉛筆の音だけが響きわたる画家と女との緊張感溢れる場面、そして女(=人間)の本性をキャンバスに描き込むという本作のテーマが露になる衝撃的なラスト・シーンと、その奥深い哲学的思想には思わず感服してしまう。この作品は、ビデオ化になる際に映画公開時のオリジナル・バージョンの4時間版と、131分のショート・バージョンの2タイプが発売されたが、何と言ってもオリジナル4時間版をお勧めする。
<allcinema>
評価
【関連作品】
美しき諍い女(いさかいめ)(1991)
美しき諍い女/ディヴェルティメント(1993)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
865 8.12
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2015-04-22 16:09:53
画家向きの映画。画家とモデルの苦悩?ジレンマ?
投稿者:UFO投稿日:2013-11-05 22:02:12
十分観れる。
投稿者:uptail投稿日:2013-02-16 18:48:18
演出:8
演技:8
脚本:7
音響:7
投稿者:Normandie投稿日:2012-11-24 22:05:32
本編は今更言うことなしですが、自分の勝手な期待を不平不満に変えるのはやめてください。
それにしても今度こそ美しい映像でありますように。
投稿者:jb投稿日:2012-07-23 21:58:11
長かった。
投稿者:nomopage投稿日:2011-12-21 15:06:02
画家が書くヌードはエロチックでなくていいのだろうか。人間の官能性をこの映画の監督(製作者)はなんと考えているのだろうか。4時間ずっとヌードはあったが、ちっとも人間を感じなかった。
投稿者:QUNIO投稿日:2009-11-26 12:16:27
上映時間長くすりゃいいってものかね?この監督は。我ながらよくこんな冗長な映画を見たものだと賞賛を送りたい。(本編ではなく自分自身に。)

でもなんか気になる。冒頭と最後が「?」で物語として繋がってない。そこが素晴らしいという人もいるようだが、見所は画家のオッサンがモデル(ベアールちゃん)の裸体を熱心にキャンパスに描きながら欲情し続ける過程がサスペンスフルである。二人の名演技で魅せられるが、もう少し尺を削ってもいいのでは?。長時間見終わった後、何も残るものが無かったのがこれまた不思議。

どうやら純粋に映画を楽しみたい観客の為に作られた映画ではないようだ。まあヌーヴェルヴァーグなんて、しょせん芸術至上の人達による内輪大会でしかないので普通の観客には全く理解出来ないのは当たり前だろうし、優越感に浸りたい人向けにこれからも量産されるといった現状はこれからも続くだろう。

こんな映画の存在を無視してジャッキー・チェンとかエディ・マーフィの映画を求める観客がいたって構わないし、チャップリンやデュビビエのような懐古趣味が好きな観客だっているわけだし(多分)、要はそういう人達を見下すなっつーことだよ、お前はよー。
投稿者:さち投稿日:2004-10-25 04:39:56
素晴らしい。描く事によってあらゆるものが生まれた。いい事も悪い事も。画姦映画。
投稿者:投稿日:2003-04-06 20:19:00
女性はどなたも男にとって諍い女である可能性があります。
造る者、買う者、観る者、芸術は誰のものでしょう。
観たあとの気分は爽快でした。
投稿者:ファルド投稿日:2002-01-25 23:35:54
俺が観たのはショート・バージョンの方なので、4時間のオリジナル・バージョンを観た人とは感じ方が違ってくるとは思うけど、タイトルが意味する女を絵に描いたような性格のモデルと一人の女の真実(本性)を描こうとする画家を哲学的に描いた力作だと思います。全体的に暗めの画面で物静かに進んで行くが、緊張感を感じられる雰囲気がありなかなか良いです。封印された完成画はマリアンヌの内面の醜い部分を描いた物なのだろうか?ラストはバージョンによって少し違うようだけど、ちょっとしたジョークなのか、それとも画家の本性なのか、なんだろう?
投稿者:長春投稿日:2001-05-02 14:02:47
画家と周囲の人間の葛藤・軋轢が続きましたが、ラストまで我慢してみました。最後に画商の「芸術とは何であるか。」との質問に、画家は「芸術とは言葉で語るものでなく、数字で語るものだ。」と言って、画商と家の中に入っていきました。4時間我慢した割には、ひどい落ちだと思いました
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ パルム・ドールジャック・リヴェット 
 ■ グランプリジャック・リヴェット 
■ 外国映画賞 
【レンタル】
 【DVD】美しき諍い女 デジタル・リマスター版レンタル有り
 【DVD】美しき諍い女 <無修正版>レンタル有り
 【DVD】美しき諍い女 デジタル・リマスター版 Disc 2レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION