allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い(1994)

LEGENDS OF THE FALL

レジェンド・オブ・フォール(ソフト題)

メディア映画
上映時間132分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(COLTRI)
初公開年月1995/06/10
ジャンルドラマ/戦争

【解説】
 戦いの記憶から逃れる為、深い山奥の牧場で生活を送る元騎兵隊の父と3人の息子達。時は流れ、息子達はそれぞれの思いを胸に人生を模索してゆくが、強大な運命がやがて一家を巻き込んでゆく……。自然美溢れる雄大な映像、心揺さぶられるストーリー展開、繊細でかつ叙情的な心理描写とどこをとってもスキのない感動巨編! 観て絶対損ナシ!
<allcinema>
評価
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aブレイブハート (1995)
[002]A羊たちの沈黙 (1991)
[003]A恋におちたシェイクスピア (1998)
[004]Aセブン・イヤーズ・イン・チベット (1997)
[005]Aテルマ&ルイーズ (1991)
[006]Aジョー・ブラックをよろしく (1998)
[007]Aスピード (1994)
[008]Aファイト・クラブ (1999)
[009]Aセブン (1995)
[010]Aマジェスティック (2001)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
24190 7.92
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-07-06 00:26:35
このブラッド・ピットはなかなか良い。
投稿者:sachi823投稿日:2014-06-22 19:38:09
暗い印象で今ひとつ好きになれない作品ですが、
ブラッド・ピットの颯爽とした魅力と
アンソニー・ホプキンスの父親ぶりは名演でした。
投稿者:jb投稿日:2012-09-08 06:30:00
思ってたよりずっと良かった。
投稿者:ジーナ投稿日:2011-02-25 16:57:55
20世紀初頭の西部を舞台にラドロー兄弟と一人の女性が辿った愛の形を描いた壮大な大河ロマンです。
戦争に禁酒法に先住民に西部開拓など当時の世相を反映しながら、劇的なドラマを繰り広げる、、まさに大河ドラマといえる隙間なくいっぱいに詰まった作品でした。
厳粛な父親、品行方正な長男、自由を愛する二男、考えの甘い三男・・・それぞれ全く個性の違う男たちの苦悩と葛藤、そして家族愛を情感豊かに描いています。
分かりやすいほど露骨な善と悪には安っぽさを感じますが、そこまでストーリーに深みを出したら収拾がつかなくなっちゃうからヨシとしましょう。
編集の粗さやナレーションの多さも気になりましたが、これもまた大河ロマンだから仕方がないと思うしかないカナ・・・。
さすがに3時間ぐらいにすれば丁寧な作品になったかもしれないけど、それはそれで長すぎですよね。

ワイルドさとピュアさを兼ねそろえた二男を演じたブラッド・ピットが何と言ってもこの作品の見どころです。
風を切って馬で登場する彼は、まぶしすぎて直視できません(笑)
ワイルドな迫力とピュアな美しさのどちらも味わえるのでファンは必見でしょう。
一本筋の通った父親を演じたアンソニー・ホプキンスも存在感抜群だし、エイダン・クインにヘンリー・トーマスも好演してました。
当時はヘップバーンの再来なんてもてはやされていたジュリア・オーモンドが兄弟に愛されるヒロインを演じていますが、今となってはもう少し華やかな女優さんが良かったですね(爆)

舞台設定はモンタナですが、ロケーションはカナダのようです。
澄み切った空気は時にピリピリと肌を刺激し、時に爽やかな風を運んでくれました。
計算された構図のとり方も素晴らしかったですし、とにかく大自然の迫力と美しさを堪能できます。

緻密な構成、映像美、重厚な音楽など2時間超えながら長さを感じさせない作品でした。
男性目線で描かれていくので、大河ドラマが好きな方なら男女問わず鑑賞できると思います。
昼ドラのような骨肉の争いを期待してみるとドロドロ感が薄いのでガッカリするかもしれません。
投稿者:william投稿日:2010-10-12 04:03:48
良くできてるんだろうけど、どうもこう言う大河ドラマ風な作品は苦手で…。
投稿者:nabeさん投稿日:2010-09-19 01:26:58
モンタナの大自然に生きる一家の悲惨な運命を丁寧に追った作品。主演のブラッド・ピットの自然な演技が光る。
ここに出て来る三兄弟は、他人の不幸に涙を流しつつも皆自分のことしか考えていない。親に反対して戦争に行く。フィアンセを見捨てて何年も放浪の旅に出る。兄弟の愛した女性を妻にする。この強烈な独立心はアメリカならではだろう。
それにしても皆が自由に銃を扱える国のなんと不幸なことか。もし銃がなければ、ほとんどの人達が死なないですんだのである。
投稿者:gapper投稿日:2010-03-08 23:55:43
【ネタバレ注意】

 ’90年代以降、結構作られるようになったアメリカの大河的ドラマ。

 なかなか感動的で良いのだが、インディアンと仲良く戦争にも参加し禁酒法にも否定的で良い子過ぎるのが難点。
 そういった作りならもっと史実に忠実に作って欲しかった。
 たとえば、スザンナ(ジュリア・オーモンド)とトリスタン(ブラッド・ピット)のベッドシーンで後背位が出てくるが、当時は悪魔の体位とかけだもののすることとされていた。
 いくらなんでも、お上品なスザンナが受け入れるとは思えません。
 歴史考証は、’60年代位ならいざ知らず’90年代でこういったいい加減なものでは評価は低い。
 エドワード・ズウィック監督の経験不足な感じがこの辺でもする。

 ブラッド・ピットは「リバー・ランズ・スルー・イット」でもそうだったが、野生的、女性好みの役である必要があるので仕方のないところだろう。
 アンソニー・ホプキンスは、ベテランらしくいいがラストであんなに弱っていたのに、ショットガンを2発とも命中させるというのはあまりにも都合よすぎ。

 アカデミーの撮影賞を取っているが、これはさすがに良い。

投稿者:uptail投稿日:2009-11-24 13:03:09
アンソニー・ホプキンス
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-25 14:46:31
ブラッド・ピットはロン毛で自由人の役が似合う。
美しい人間ドラマを見れるいい映画。
投稿者:ジョナサン投稿日:2008-11-01 10:46:15
アメリカの独立戦争後のある家族の一生を描き、テーマは面白いが、家を出た母親と同様、三人兄弟がわがまますぎで、感情移入出来なかった。ジョン・トールのキャメラは素晴らしいし、出演者もいい演技をしているが、残念。
投稿者:ブヒー投稿日:2008-01-20 15:04:27
【ネタバレ注意】

彼は自分の私利私欲のため、自分の弟を殺した。
(彼女は自分の心に嘘をついた)

彼と彼女の家族はその過ちを受け入れようとした、先住民の人たちも。
(Everyone knows it. but, they say you are not ...... )

しかし、彼は安らかな眠りにつくことはできなかった。


父と兄が手を汚し、その銃を手にしたとき、
初めて、安らかな夜を迎えることができたのであろう。

人と神との間のルールに従っ、、、。

投稿者:なちら投稿日:2007-08-24 23:15:00
スザンナは不幸な女性。

両親も無く、婚約して新しい家族が出来たのに、三男を亡くし次男には放置された挙げ句に
一方的に別れを告げられ、長男とは子供が出来ず孤独を募らせる。
相手は誰でも良かった様に見えるが、孤独に耐えられなかっただけで、
本当に三男を愛していたと思う。
家族のバランスが崩れてしまった悲しい話。

それにしても、A・ホプキンス!父親の晩年の演技は凄まじい存在感!
不自由な体の演技が輝くのは凄い事だ。
投稿者:とろりん投稿日:2006-08-19 00:03:53
【ネタバレ注意】

ブラピの魅力満載!こういう役はほんとはまり役。
動物的な感性を頼りに自然の中で生きる。
人と自然のあり方を無意識に理解している。
法に引っかかろうとも自分の意思を貫き自由奔放に生きる。
そして彼の魅力が人をひきつけ、人から好かれる。
アルフレッド(エイダン)がトリスタンに(ブラピ)
”自分は世になじみ法を守ったがスザンナはお前を選んだ。お父さんでさえも”と言う。
この言葉ですべてわかる。

ならずもので自由奔放に生きる役が多いな、ブラピ。
しかも個人主義者。自然児。感情を大切にする。

けっこうディープだけど惹きつけられる映画でした。
かっこつけて生きない生き方に自信をもって生きるトリスタンは魅力的!
心に残るいい映画でした。オススメします!

投稿者:あっきー投稿日:2006-07-11 01:02:14
この作品は名作です!
上映時間は132分と少し長めですが、まったく気にはなりません!
”あっきー”的には、この作品のブラッド・ピットも◎です。
共演陣も良いので、観てない方は、是非鑑賞してみてください。
きっと涙することでしょう・・・。

 ↓ 「映画レビュー」始めました! お気軽にコメントをどうぞ!!http://www.0721cinema-spirits.com/
投稿者:irony投稿日:2006-04-02 04:41:01
 彼を愛した者は皆、砕け散った。笑えました、呪いの岩ですか?
投稿者:くろくろ75投稿日:2006-01-11 08:45:21
ブラッドピット人気に乗じただけの作品かと思いきや、意外と見てる内にハマッテしまった。ゴッドファザー1をマフィアのシリーズ映画でなく、1つの家族映画として好きな人とかに結構受けそうな気が。ただ、好き勝手に生きてる主人公、とか、今まで仲違いしてたのに人を撃ち殺した途端に笑顔で息子を受け入れる父親・・など、いまいち登場人物のキャラに「?」という感じはした。ゴッドファザーなら、「彼らはマフィアだから・・」で良かったんだけど、この作品だと正直やり過ぎかな、と。また、ブラピにしてもA・クインにしても、作品中どれだけ年を食う設定になってるのか分からないけど、容姿が変わらなさすぎ。あと、トラウマを背負ったブラピが旅に出たと思いきや、どっかジャングルだとかアフリカに行ってるのは、いきなりすぎて爆笑してしまった。。まあ、でも全体的には十分楽しめたし、好き嫌いはあれど1度は見た方が良い作品じゃないかなぁ〜。
投稿者:rei.k投稿日:2005-09-29 17:21:18
今見終わった直後ですー。
これなんていうか・・とりあえず戦争映画、ではないような気が(サイトのジャンル分け)。
BPもいいですが私はエイダン・クインがよかったかなと。
ストリングスの音楽もよかったです。http://blog.goo.ne.jp/pasdetout/
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-07-16 19:10:53
【ネタバレ注意】

ブラット・ピットが当たり前のように格好良い。
アンソニー・ホプキンス?…気づかなかった…これも名演技。
壮大なスケール〜人間の感情を描く魂のドラマ。
こだわりの映像/カット〜ストーリー…ラストサムライの監督か〜素晴らしいね。
“良い人”が個人の感情の為に悪態を付く(人間らしい)。
「彼女の愛に免じて一度は許す」…クール!…言ってみたいね。
サミュエルの死、イザベルの死(衝撃的)…人は自分の為に悪魔の囁きを聞いてしまう…
そして…スザンナの死…アルフレッドを守るため…か。
自然と生きる先住民…感情を綴る手紙…大自然と一体となって(実はルール通りに)生きる男…
誰も幸せになれない?自分の為に選択し、行動する…それ以上の我儘なぞ人生にない。結果は想像つかないのが当たり前なのだ。
人間の生き方を描く深いストーリー/映像美…そしてコメントタイトルだ。

投稿者:caffe投稿日:2005-04-09 15:18:25
ビックリした。ただの悲惨で残酷な映画。
誰も幸せになれない。 見終わった後も え??ってなるだけ。
見ていい気分になんてなれなかったです。
なんじゃこりゃ

しかし、映像の美しさとアンソニーホプキンスは良かったと思う。
投稿者:jyunn投稿日:2004-10-09 01:32:32
【ネタバレ注意】

大好きな映画の一つです。それぞれのキャラクターがしっかりしていて、三時間近くの長丁場ながら飽きずに見ることが出来る。そして、何よりも広大なスケールを支える自然がとても美しい。全編を通して悲劇的な出来事が多いけれど、そうした事も何度も見るうちに納得がいくようになった。また、もう少し時間を空けて見てみたい。そういう映画です。

投稿者:Naka.d投稿日:2004-02-06 16:29:45
【ネタバレ注意】

 結構よかった。すこーし長い人間(歴史)ドラマだが、自然の中を自由気ままに生きる主人公をブラピを見ていると飽きることもなかった。自然を舞台にしているので観ていて気持ちもよかった。キャスト皆が印象に残り、性格もわかりやすい。
 
 引き裂かれた人間関係といったほどではないが、人それぞれ歩みたい道があり、人と人は結びついて、別れていく、そしてまた自然に戻ってくる、ということが描かれていたのでは?
 
 ラストの主人公の死、自然とぶつかり合って砕けていく様もやはり、この世に生きる生き物としてすばらしい死だと思える。

 ブラピっていつも微妙な(というかスターらしくない)映画出てるからあんまり魅力のない俳優と思っていたが、実際は物語を支える重要な役を選んでいたんだなーと改め感じた。それこそが彼の魅力なのだ。

投稿者:引き金さん投稿日:2004-02-01 17:15:26
確かにサイトの評価に疑問を感じる場合も少なくないけれど、この作品についてはそこまでおかしいんじゃないのとは思いません。とりあえず、特筆すべき点として、とんでもなくスケールがデカいということが挙げられる。風景画としても、時代劇としてもね。そんな果てしなく長く感じられる時間の流れのなかで、期待したくなるのはブラッド・ピット、エイダン・クイン、ヘンリー・トーマスの三兄弟の「瞳」の演技。長い時間を経て、困難を経験して、死ぬほど辛い思いに浸りながらも、家族と再会しに戻ってくる。そんなプロセスが何度となく出てくる。映画的過ぎて、不自然だったりするけどね。そこで、兄弟を見据える「眼差し」にどうしても、言わば必然的に、注目してしまう。分かるでしょ?この感じ。「リーサル・ウェポン」ファンがリッグスはメルギブのままでマータフがロジャー・グローヴァーじゃなくなってサム・ジャクソンとか別の有名俳優になっちゃった「リーサル・ウェポン5」とかに期待できるかって言われても、できない。如何に演技に説得力のある俳優がリプレイスしても、「リーサル・ウェポン」のファンはやっぱりメルギブとグローヴァーのコンビネーションが観たいんだ。この映画のピット、クイン、トーマスもそんなようなもの。事実をベースにした話であるだけに、あまりに映画的でないハプニングは映画として辟易されがちだが、この映画においてはそんな「瞳」の演技を垣間見ることができるシーンが多いという、まあ、ある意味言い訳のような利点において僕は高く評価しますよ。四ツ星中、四ツ星とまでは行かなくとも。
投稿者:ドナテロ投稿日:2003-07-15 04:08:48
親子の絆と兄弟愛。そういうのがあるのでこの映画は好きです。
この映画観たあとに原作読んだのですが、短編小説がここまでよく出来てるのは「ショーシャンクの空に」とコレしか僕は知りません。
女性はブラピ好き以外には受け入れてもらえないかもしれないけどね。
投稿者:チバッジョ投稿日:2002-09-04 17:01:27
【ネタバレ注意】

試写会で観て「今までのベストだ!」なんて言ってたので、
仕方なくビデオで観たのですが・・・。
いや〜感動しました。
一緒に観てた彼女も号泣。
人をどんどん殺していって観客の感動を誘う所は多少強引に感じますが、
やはりクライマックスがいい。。
物陰から保安官を撃ったのは、てっきりブラピの子供(まだ幼い)
かと一瞬思いました。
・・・でもやっぱアイダン・クインの方が感動は上だな。

投稿者:naoyuki投稿日:2002-06-26 12:56:13
ハッキリ言って、クソ映画。ブラッド・ピュットのオナニー映画かとおもった。ブラッピュが、馬にまたがり実家に久々に帰ってくるシーン3回目、最初に比べどんどん大袈裟になってて、笑えた。かなりわらえた。
とにかく笑えた。くそ映画。途中から、見てる方が恥ずかしくなって来た。
投稿者:キエーサ投稿日:2001-09-22 01:51:35
この映画は映画にしては史上最高で今のところこれに並ぶ映画は知りません。この映画は「映画」というより、「魂」て感じです え? ブラッドピットじゃなかったらここまでのは!てやつっしょけどね〜〜〜〜〜
投稿者:タケキチ投稿日:2001-09-08 02:27:44
以前から薄々感じてた事なんですけど・・・。
なんか、このサイトの↑の星取りっておかしくありません?
いや、別に観た人の評価なんて様々で良いと思うんですが、
一応、ガイド的役割の筈の解説がこれって・・・。
多分、世界中の映画のデータベース見ても、
この映画に星四つ付けてるサイトって、ここくらいだと思う・・・。

ま、個人的にはこの映画、あまりに前に観たきりで、
しかも殆ど記憶にも残ってないって言うのが本音なんですが、
まあ、とにかくベタなメロドラマだよな、って印象しか残ってないっす。
あと、主人公の姉ちゃん、演技も下手だし、全然美人でもないのに
なーんでこんな売れてるんだろ、って思った事くらいしか。
そういや、あの姉ちゃん、見事にハリウッドから消えちゃったね。
・・・名前何だっけ?
投稿者:ニシザワ投稿日:2001-09-08 01:36:15
いや〜〜〜、ほんと、これは凄かった。

その昔、「死ぬならどんな死に方がいいか?」ということで、友達と話したことがある。その時「ライオンに喰われて死ぬとか、鮫に喰われて死ぬとか・・・それが一番いい。そうでなく老衰なんかしたら、鳥葬にしてほし・・」ってことを言ったのを覚えている。自然のなかで生きる命として、強いものに食べられて死ぬっていうのが一番自然だと思うし自分の身体がその命の中の一部となり、あるいは糞になって大地に還る。なにより自然なことだと思った。
熊に襲われて死ぬ最後は、“おおお〜〜〜、そうだろう、やっぱりっ!”って思ってしまったよ。
トリスタンにしてみれば、これしかないって死に方だったんだろうなあ・・。

テーマ的には『リバー・ランズ・スルー・イット』ほとんど姉妹編って言ってもいいくらい同じテーマで、ブラッド・ピットも同じキャラ。ここまでの類似性はなくてもいいんではって思うけど、それを描きたいと思う人が何人もいるってことでしょう。それはそれで素晴らしいことだと思う。

エドワード・ズウィックに関して言えば、一番始めの出合いは『きのうの夜は・・』だったのだけど、小作品なんだけど、王道の演出でみせる凄いやつっ!って印象、とにかく見せ方のレベルが高い人。そのあと『グローリー』撮ったのかな・・・、でも『きのうの夜は・・』のイメージがつよすぎて、王道派な監督の撮った王道な映画はあまりみたくないとおもってしばらくパスしてたんですが、そのあとは全部王道の映画ばっかりになってしまった。仕方がないので気をとりなおして、観たのが『レジェンド・オブ・フォール』だったんだけど、いや〜〜〜、見事なまでに荘厳な映画にしあがってましたね。
しみ込む映像表現の連続で、それだけで圧倒されてしまいます。時間潰しの下手な映画しか観たことのない人には食べきれないほどの高級料理みたいな映画。

恐れ入りました。。。。。
投稿者:よしこ投稿日:2001-06-12 18:05:57
友達の勧めで見たけどブラピかっこよかった〜。なんか悲しい場面が多かったけど感動してよかった。
投稿者:河崎投稿日:2001-06-01 08:45:12
あんなホモっぽい弟なんか、やだっ!
投稿者:tt投稿日:2001-02-27 17:26:52
1回観ただけではなかなかわからなかった。それぞれの人々の、それぞれに対する気持ちが解るようになったのは2回目か3回目でした。そして、本当に感動しました。ああ最高。
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2000-12-25 23:16:38
 手紙の映画。
 うーん、クライマックスは余りに臭い演出で困ってしまった。エイダン・クインが物陰から保安官を撃つ場面。また、ジュリア・オーモンドの結末もねぇ...。

 しかし、ジョン・トールの撮影は美しい。美しい青空と雲が見られるから西部劇は好きだ。

 ジュリア・オーモンドはオバサン顔。ジュリエット・ピノシュによく似ている。
投稿者:たま投稿日:2000-09-08 17:18:25
期待してなかったのに、意外とおもしろかったよ。
キャスティングも当たり。
なんだか、しんみりする一本。
投稿者:KAZOO投稿日:2000-08-28 13:03:30
私もおもしろくなかったなぁ。
だって、マドンナ役のジュリア・オーモンドが・・・

その時点で感情移入できる隙間無し!って感じ。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kazoo/
投稿者:たくや投稿日:2000-08-24 01:51:17
高い評価の人が多いけれど、
僕は面白いとは思いませんでした。

心理描写がうまいのは事実です。
でも、巧みな心理描写を使いすぎて、
映画の「主題」の描き方が稚拙になってしまっている。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 撮影賞ジョン・トール 
 □ 美術賞DORREE COOPER 
  リリー・キルヴァート 
 □ 音響賞DOUGLAS GANTON 
  PAUL MASSEY 
  DAVID CAMPBELL 
  CHRISTOPHER DAVID 
□ 作品賞(ドラマ) 
 □ 男優賞(ドラマ)ブラッド・ピット 
 □ 監督賞エドワード・ズウィック 
 □ 音楽賞ジェームズ・ホーナー 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】レジェンド・オブ・フォール2015/07/24\2,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】「セブン・イヤーズ・イン・チベット」/「レジェンド・オブ・フォール」2014/11/26\2,838amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】レジェンド・オブ・フォール2012/10/03\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】レジェンド・オブ・フォール2011/10/26\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】レジェンド・オブ・フォール2015/07/24\1,400amazon.co.jpへ
 【DVD】「レジェンド・オブ・フォール コレクターズ・エディション」/「デビル」2011/10/05\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】レジェンド・オブ・フォール コレクターズ・エディション2009/07/08\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】レジェンド・オブ・フォール コレクターズ・エディション <期間限定生産>2009/02/25\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】レジェンド・オブ・フォール コレクターズ・エディション <期間限定生産>2007/12/19\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】レジェンド・オブ・フォール コレクターズ・エディション <期間限定生産>2007/07/13\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】レジェンド・オブ・フォール コレクターズ・エディション <期間限定生産>2007/01/24\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】レジェンド・オブ・フォール コレクターズ・エディション <期間限定生産>2006/09/27\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】レジェンド・オブ・フォール アルティメット・コレクション2006/06/21\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】レジェンド・オブ・フォール コレクターズ・エディション <期間限定生産>2006/02/01\1,905amazon.co.jpへ
 【DVD】レジェンド・オブ・フォール コレクターズ・エディション <期間限定生産>2005/06/22\1,905amazon.co.jpへ
 【DVD】レジェンド・オブ・フォール コレクターズ・エディション <2枚目タダ男 祝! アカデミー賞キャンペーン>2005/02/09\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】レジェンド・オブ・フォール コレクターズ・エディション <期間限定生産>2004/06/23\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】SUPERBIT(TM) レジェンド・オブ・フォール2003/08/27\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】レジェンド・オブ・フォール コレクターズ・エディション2003/07/11\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】レジェンド・オブ・フォール コレクターズ・エディション <期間限定生産>2002/08/01\2,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】レジェンド・オブ・フォールレンタル有り
 【DVD】レジェンド・オブ・フォールレンタル有り
 【VIDEO】レジェンド・オブ・フォールレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION