allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

格闘飛龍・方世玉(1992)

方世玉
FONG SAI YUK

レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター/格闘飛龍(ビデオ)

メディア映画
上映時間96分
製作国香港
公開情報劇場公開(ツイン)
初公開年月1995/04/22
ジャンルアクション
レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター 格闘飛龍/方世玉 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 3,974
amazon.co.jpへ

【解説】
 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズで希代の英雄、黄飛鴻を演じたジェット・リーことリー・リンチェイが、今度は南派少林拳の大家・方世玉(フォン・サイヨ)の若き日を演じた痛快娯楽作。武術に長け正義感の強い方世玉が参加した武術大会は、当地にやってきた富豪の美しい娘(M・リー)の花婿を決めるためのものだった。そのためには、女ながらに物凄い強さを誇るその母親(S・フー)を倒さなければならない。だが、花嫁を別人と勘違いした方世玉は試合を放棄、それに怒った方世玉のもっと物凄い強さを誇る母親(J・シャオ)は男装して方世玉の兄と偽り、会場に乗り込んでいく。まあ、この前半部分だけでも、飛ばす飛ばす。母親同士の壮絶バトルも凄いんだけど、方世玉のおっ母さんのパワフルなこと。演じるジョセフィン・シャオの魅力もあるが、武芸百般に秀で、曲がった事が大嫌い、男勝りの一面があるかと思いきや、愛するダンナに詩を詠んでもらうともうメロメロ(「ワンダとダイヤと優しい奴ら」ですな)という素敵すぎるキャラクター。親父(ダンナ、ね)が反清復明を掲げる秘密組織“天地会”のメンバーだった事から巻き起こる攻防戦を描く後半まで、テンポは快調。度肝抜くアクションと、ハリウッド製のシチュエーション・コメディをお手本にしたかのようなお笑いを織り混ぜ、泣かせるところは泣かせる、エンタテインメントの王道とでも呼ぶべき仕上がり。面白い映画はやはりキャラが立ってなきゃね!
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
327 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:JJ投稿日:2004-05-21 09:56:57
最高におもしろい!!!!
香港カンフー映画って、辛気臭いのかと思いきや、思いっきりコメディで、笑える、笑える。
リー・リンチェイ最高!女装まで見せてくれるサービス度満点映画。
その上、アクションのキレは本気カンフーなだけに素晴らしく見ごたえ満点。
さっすが、5回連続で中国全国武術大会総合優勝者。
そんじょそこらのアクション俳優とは動きが違う。
流れるような技の数々に、どんな場所でも足場を確保して戦う。
素手でも武器でも使いこなすし、並の格闘家ではないです。超一級の部類です。
すっかりリー・リンチェイにハマりました。
映画の中では、競争の際、走る方世玉(フォン・サイヨ)の辮髪が一直線になったあたりでは、
おなかがよじれるほど笑いました。
そしてお母さんのキャラが最高にチャーミングでステキ。
母と息子の「やったるで!」親子拳なるものは、
見ているほうが恥ずかしくなるほど可愛いのだが、
戦いだすと、これまた素晴らしく形が綺麗で面白い。
投稿者:フゥ投稿日:2002-09-09 21:25:48
どう見ても10代のこの役を
30歳のリー・リンチェイが演じてるとこが
スゴイ。辮髪一直線に爆笑。
おかんの頭の炎上には大爆笑。
見逃せないのは
リンチェイVSウィン・ツァオ(チウ・マンチョク)の
新旧黄飛鴻対決!
それにしても、ここまで笑える役、ジェット・リーと
してはもうやらないだろうな〜。やってほしいけど。
【レンタル】
 【DVD】レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター 格闘飛龍/方世玉レンタル有り
 【VIDEO】レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター/格闘飛龍レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION