allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

レッド・バロン(1971)

VON RICHTHOFEN AND BROWN
THE RED BARON

レッドバロン(新ソフト題)

メディア映画
上映時間99分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UA)
初公開年月1972/02/26
ジャンル戦争/ドラマ
第一次大戦の真只中 独・英の命運を賭け 若き二人の撃墜王が大空を鮮血に染めた
巨匠ロジャー・コーマンが 〈空軍大戦略〉と並ぶ 大航空映画の名作を創った
レッド・バロン [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 2,900
amazon.co.jpへ

【解説】
 第一次大戦のドイツ空軍の英雄、レッド・バロンと異名をとった、マンフレッド・フォン・リヒトホーフェンの半生を描いた空戦ドラマ。撃墜王として恐れられた華々しい経歴から、彼が死を迎えるまでを描く。監督はB級ホラーの帝王R・コーマン。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:めるしぼく投稿日:2015-11-10 14:26:28
レッドバロンというクルマ屋さんかバイク屋さんかあって、きっとこの映画にちなんでの店名と思ったので、もっとコメントがあると思いきや少なくて期待はずれでした。当時熱狂して観た方はネットユーザーには少ないのかな。それはともかく、映画は実写で撮っているとは命かけていてすごい!背後から敵を狙う英国人、それを良しとせず紳士的に戦うドイツ人の違い。同じ戦争でもお国柄が出る。捕虜であっても人権を尊重する国とそうでない国。すでに戦争という反社会的活動が起きているのにそのプロセスにおけるモラリティが存在するという矛盾。私もそろそろ、真っ向から戦争について勉強するときかな。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-07-05 23:33:59
【ネタバレ注意】

ベトナム反戦ブームに便乗して作られたであろう航空機アクションの佳作。後半の奇襲には奇襲で返すシーンから手応えを感じて来た。男爵が仕留めた最初の「獲物」と同じ死に顔になるラストシーンが上手い。

投稿者:真・しん爺投稿日:2009-05-21 16:19:22
↓の「しん爺」は不肖ワタクシです。うっかりIDとパスワードを忘れたので、やむなく「真・しん爺」として再登録した次第。この映画については先のコメントに付け加えることがありません。が、ひと言だけ。・・・日本版ソフトも存在するというのに、どうしてコメント数が伸びないのかなぁ。とにかくこれ、素ッ晴らしい映画だと思うのだが・・・。きっと、近い日に再評価の時が訪れることを信じておりますぞ!
投稿者:しん爺投稿日:2004-12-18 17:53:46
航空機映画はあまたあれど、この、実際に役者を複葉機に乗せて空中戦を演じさせる“究極のリアリズム”は他の追随を許さない。しかも、19世紀的な騎士道精神を生きるフォン・リヒトホーフェンと、あくまで20世紀的な精神性のブラウンという「撃墜王」同士の葛藤は、舞台である第一次世界大戦こそが“19世紀から20世紀へのターニングポイント”だったことをこれ以上なく適確に象徴するものだ。CG全盛の今でも、本作の持つホンモノ性とインテリジェンスは色褪せるどころか、ますます価値あるものだろう。大声で叫ぼう、傑作だ!
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】レッドバロン2012/04/13\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】レッド・バロン2004/08/06\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】レッド・バロンレンタル有り
 【DVD】レッドバロンレンタル有り
 【VIDEO】レッド・バロンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION