allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

レッド・ムーン(1968)

THE STALKING MOON

メディア映画
上映時間110分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東和)
初公開年月1969/06/21
ジャンルサスペンス/西部劇
レッド・ムーン [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 3,980
amazon.co.jpへ

【解説】
 アリゾナ、1881年。10年間アパッチに拐われていた白人女性とその息子を救出した案内人は自分の家に親子を連れ帰るが、彼らの跡を子供の父親である凶暴なインディアン戦士が追いかけて来た。姿を見せずに襲撃を繰り返すインディアンの恐怖をホラー映画ばりに描き出した異色のアクション編で、製作アラン・J・パクラと監督R・マリガンの「アラバマ物語」のコンビが手掛けたとあって普通の西部劇に比べてかなり奇妙な仕上がりになっている。
<allcinema>
評価
【関連作品】
アラバマ物語(1962)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
216 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2017-06-07 23:27:07
異色攻防ウェスタン。中々のサスペンス。ロバート・フォスターって、出てたのね。
投稿者:イエガー投稿日:2017-02-07 03:51:48
って、久々に観て発見(笑)。大昔にテレビの洋画劇場で観て以来だな。DVDが出たのでついつい買ってしまった。昔観た時はもっとハラハラドキドキ感があった気がしたんだけど、なんかオーソドックスな作り方だな。年代を考えると、ネイティブアメリカンの描き方に一捻りあっても良かったかも。
投稿者:gapper投稿日:2011-05-19 23:30:52
 グレゴリー・ペックの異色西部劇。

 「アラバマ物語(1962)」のロバート・マリガン監督だけありアクションだけの西部劇ではない。
 「北北西に進路を取れ(1959)」のエヴァ・マリー・セイントを向かえ、情感もあるドラマになっている。

 凶悪なインディアンから逃れ安息を求める女と軍を離れ半隠居の生活を送ろうとする男の出会い。
 どういった西部劇に似つかわしくないドラマとして終始するかと思いきや、後半の殆どは一人のインディアンに恐怖する戦いで占められる。

 かなり緊迫感のある戦いでペックが主演であり「恐怖の岬(1962)」を思わせる感じもある。
 異なるのはインディアンの性格が描写されず”恐怖の存在”として位置づけられている所だ。
 このためホラーと感じる向きもあるのだろう。

 52歳のグレゴリー・ペックには、かなりきつい撮影だったはずだ。
 せっかくのエヴァ・マリー・セイントだが、後半は殆ど生かされていない。
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-06-27 01:16:48
 今観ると西部劇とホラー映画の融合作品のような印象を受けるだろうが、この作品の公開当時(1960年代)はホラー映画なんてまだまだ確立していなかったジャンルのはず。と言うことは、この作品はホラーという要素を先見的に先取りしてしまったということか。ホラー風味に限りなくシフトしてしまった異色西部劇。
 クライマックスのグレゴリー・ペックとインディアンの大男との対決は壮絶だった。西部劇なのに二人の肉弾戦。その前のシーンで、インディアンの大男が突然にバァーと現れるところなんか本当に恐かった。
投稿者:ひろ投稿日:2001-11-16 11:22:53
池袋の2本立てで見ました。もう片方はシドニー・ポアティエの失われた男でした。こちらを期待してたのですが、結果はレッド・ムーーンの勝ち!姿を見せないで襲ってくるインディアンがとても不気味で怖かった。後年のエイリアンに通じるものがあります。但し、夜の場面の画面がめちゃくちゃ暗くて(当たり前?)格闘していても何がなんだか良く分からない点が欠点で-2点。いつもは聖人君子のグレゴリ−・ペックがここでは結構頼もしくハードなところも珍しい!のでお薦めです。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】レッド・ムーン2016/10/24\3,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION