allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

老兵は死なず(1943)

THE LIFE AND DEATH OF COLONEL BLIMP
COLONEL BRIMP

メディア映画
上映時間130分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(BCFC=NCC)
初公開年月1952/05/10
ジャンルドラマ
USED価格:¥ 23,980
amazon.co.jpへ

【解説】
 正義感の強い男クライブの軍人としての半生を中心に、ナチズムに対する批判を描いたドラマ。ベルリン滞在の家庭教師エディスの投書で、英国の中傷デマを言いふらす元捕虜をこらしめようと彼の地に向かったクライブ中尉(リヴセイ)は、ドイツ帝国陸軍全員を敵に回して啖呵を切り、有志の中から選抜されたテオ中尉と決闘せざるを得なくなった。ところがこれが相討ちで、二人とも顔に怪我をして入院。クライブの看護についたエディスが“かすがい”になって二人は友情を結ぶ。テオはエディスに夢中になり、彼女は彼と結婚してドイツに残る。これを祝福して帰国の途に着いたクライブだったが、エディスと別れようやく彼女を愛していたことに気づくのだった。時は過ぎ、1918年。第一次大戦に出征し、フランスの修道院の世話になったクライブ少将は、エディスに瓜二つの看護婦バーバラを見初め、僅かな情報を頼りにその故郷ヨークシャに赴き、慈善パーティを開いて彼女を見つけ出し、結婚した。折しも、ドイツ敗戦でテオ中佐はイギリスの捕虜収容所にいた。クライブが会いに行くと顔をそむけるテオだったが、帰国が決まった時はやはり懐かしさに彼の顔を覗いてから帰ったのだった。そして、光陰は矢の如し、1939年の第二次大戦勃発時には、妻を亡くし息子がナチに入党し、祖国に何の未練もないテオは、妻の故郷イギリスへの亡命審査を受ける身の上だった……。
 以降、やはり妻を亡くしテオを同居させたクライブの、軍を解雇されての民間軍事活動が30分に渡って展開されるが、これは何分にも戦時下ゆえの啓豪的内容で全く興味を削がれる。山場はテオの反ナチ述解で、ウォルブルックの抑えた芝居が光る。この監督コンビらしい表現の工夫が見られ、感心したのは前段の決闘場面で、段取りを細やかに描写しつつ、いざ剣を交わすと俯瞰のカメラが引いて、雪の兵舎を箱庭的造型で見せ、ファンタジーの雰囲気に自然に転換する所。初々しいカーの一人三役も、その演じ分けが見事だった。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
324 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2015-11-04 23:21:10
独英兵士の友情。紳士的な老兵の生き様。
投稿者:uptail投稿日:2013-11-04 15:24:23
デボラ・カー
投稿者:遊乃舞寧夢投稿日:2012-02-07 02:16:25
ほぼ70年前!戦中の古い作品であるにも拘わらず、オープニングから
非常に小気味よいテンポとメリハリ。パウエル=プレスバーガー監督による作品を
観たのは「黒水仙」に次いでまだ二作目ですが、すっかりこの監督への信頼感を抱き
ました。軽快な音楽の挿入のされ方、エンディングのジャズ調の曲には、ウディ・アレンの
作風を思い出しましたが、アレンは影響を受けてるのでしょうか?というより、後の多くの
監督に影響を与えてる存在なのでしょうけど。

古臭さを感じさせない理由のひとつには、主演のロジャー・リブセイの明るい
キャラクター、魅力も大きかったように思え、登場時の老け役と、続く一気に30代?
に若がえったシーンでは、てっきり別の俳優が一人の人物を演じてるものとばかり
思ってました。オープニングとラスト近辺の老け演技は、これまで見たあらゆる俳優による
老けの中でも出色の演技!後ろ姿だけで老兵の歴史と哀愁が漂い、涙を誘われました。
裸の体型まで、まるで違っていたのは?元祖デ・ニーロアプローチ??

戦時中のイギリス作品であり、ナチス批判の国策映画的色合いは確かにありますが、
作品全体の質と洗練された作風がそれをずっと上回っていて、プロパガンダ的な
違和感はまったく感じませんでした。アントン・ウォルブルック演じる独軍人とリブセイの
英軍人の友情の物語でもあり、チャーチルが上映を阻止しようとしたという位ですから、
国策映画としては際どいところ、おそらくはパウエル=プレスバーガー両監督は精一杯
本音を描いたのかもしれません。

ウォルブルックの演技も素晴らしく、片言の英語(very much)しか話せない若き日の、
リブセイとの出会いのシーンから、晩年のイギリス亡命局での独白、ナチスが騎士道精神だけ
で通用する相手でないことをリブセイに忠告するシーン、など非常な説得力を感じましたし、
若くして死んだ妻とそっくりな女運転手(いずれもデボラ・カー)の顔に気づくシーンは
実に感動的であり、いずれもこれみよがしではない、抑えた内面的な演技で見事でした。

デボラ・カーの一人三役もまったく違和感なく、まだデビュー間もない頃にも拘わらず、
当時から確かな演技力のある女優だったことを感じさせました。ことに最後の運転手役
では、その後の歴史劇などでは見れない茶目っ気のある彼女が見れて興味深かった。
まだ22歳くらい?気品がある上に、なんと可愛らしいこと!

この若き日のデボラ・カー見たさの鑑賞で、内容にはほとんど期待してなかったのですが、
騎士道精神を持ち、作法にのっとった決闘の経験まである英軍人が次第に時代の流れに
取り残されていく有様、独軍人との長年の友情、この二人に関わる三人の女・・・といった
物語、俳優の演技、洗練された演出と編集、ここしばらく観た作品の中で、最も充実し、
感動した作品でした!同監督の作品、さらに観たく思います。
投稿者:noir fleak投稿日:2012-01-18 14:38:30
有名な英国の漫画の主人公の名前で、結構いろいろ小説などに言及されるから英国人なら皆知っているのだろう。頑迷堅物のたたき上げの老軍人というイメージだ。
ロジャーリブゼイ演じるその軍人は今や引退して英国本土防衛隊の指揮官。(これは戦争中ナチスから英国本土を守るために予備役や民間人で構成された組織。大傑作の Went The Day Well? にその実態が描かれている。) 冒頭、リブゼーはのんびりサウナ風呂に漬かっているところを、防衛演習中の隊員から急襲される。そのお風呂場面から40年前にさかのぼって物語が始まる。
若き日のドイツ軍人との剣による決闘やとそのあとデボラカーが見舞いに来るところなど忘れがたい場面だ。
確かにチャーチルは本作を望まなかったらしいが、1943年という戦時下、英独軍人の友情というテーマ(これだけの映画ではない)が好ましくなかっただけで、本心はチャーチルでもこのブリンプ大佐的人物は英国の誇り(いや多分自分自身)と思っただろう。
リブゼー、ウォルブルック、3役を演ずるデボラカーも皆すばらいい。

しかし戦争中の英国にはこのような傑作映画が多いのはどういうわけだろう?
(私の見たDVDも白黒だったが、今はYouTubeできれいなカラー版が見える!)
投稿者:Ikeda投稿日:2006-07-11 13:26:17
この原題を聞くとマッカーサーの伝記と間違えますし、元々ウエスト・ポイントで流行っていた歌ですから、イギリス映画にはおかしいと思いますが、内容は良い映画です。
2次大戦中に作ったのに敵国ドイツについて、ナチの批判はあるものの、それほど非難していないばかりか、双方の将校が友人となるというストーリーは立派です。このあたりはルノワールの名作「大いなる幻影」を思い出させます。2次大戦は1次大戦での敗戦国ドイツに多額の賠償を求めた事から勃発したという説が、よく聞かれましたが、そのニュアンスがありますし、反戦的な会話もあります。
決闘を含め各挿話も良くできていて、イギリス人の好きなコナン・ドイルの小説が出てきたり、ビール好きのドイツ人を描いているのが面白いです。ドイツ時代にはアドルフと称していたアントン・ウォルブルック演じるドイツ将校は適役で好演です。イギリス将校役ロジャー・リヴセイも老若を良く演じ分けています。デボラ・カーは1人3役はよいとして、劇中ではエディスとバーバラが別人なのに、最初は同じ人物かなと思うような演出はまぎらわしいです。
当時のチャーチル首相が、この映画を発禁にしようとしたそうですが、確かに、この内容ではと思います。それに、この原題の「Colonel Blimp」は「頑迷な連隊長」という意味ですからそれも自分のパロディだと思ったのかも知れません。この映画の最初からカットバックに入る前が取って付けたような事や、最後の「国防市民軍」のシーケンスが冗長になっているのは、反対を和らげるために追加または修正したような気もします。
なお、この映画は「ファースト・トレーディング」のDVDで見ましたが、モノクロでした。ただし画質は悪くありません。
投稿者:Cinema Fan投稿日:2005-10-15 17:44:03
パウエル、プレスバーガー・コンビの映画はどれもすばらしい。但し、戦艦シュペー号の最後は別。
この映画、是非 DVD 手にいれたいのですが、トーンから出ているものはどうも、オリジナルはカラーのものが、モノクロになっている様です。
どなたか購入された方居ましたら、カラーかモノクロか教えてください。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】老兵は死なず2008/04/24\934amazon.co.jpへ
 【DVD】老兵は死なず2005/07/01\2,667amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】老兵は死なずレンタル有り
 【VIDEO】老兵は死なずレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION