allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ローカル・ヒーロー/夢に生きた男(1983)

LOCAL HERO

メディア映画
上映時間112分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(ヘラルド・エース=ヘラルド)
初公開年月1986/04/19
ジャンルドラマ
ローカル・ヒーロー [DVD]
参考価格:¥ 3,024
USED価格:¥ 20,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 一時はコロムビアの社長にまで昇りつめた辣腕製作者パットナム指揮のB・フォーサイス脚本・監督作品。アメリカ最大の石油会社のエリートが、コンビナート建設用地にと目をつけたスコットランドのさびれた漁村に交渉のため赴き、猛反対にあうと思いきや大歓迎され、逆に事業の悪影響を考慮し始める……という皮肉っぽいお話。彼が自然保護派に丸めこまれたと思って、オーナー社長(ランカスター)じきじきに現地へ乗り込んでくるが……。英国映画の伝統に則った良質なユーモア劇で、ダイアー・ストレイツのM・ノップラーによる音楽も印象的。カメラは近年監督に転向した名手C・メンゲス。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
975 8.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:呑気呆亭投稿日:2015-10-15 12:19:12
【ネタバレ注意】

スコットランドに派遣されたマッキンタイアというエリ−ト社員は、天文マニアの社長ハ−パ−(ランカスタ−)にスコットランドの夜空の観察をリポ−トするように命じられる。マッキンタイアは部下の社員とともにス−ツにアタッシュケ−スという格好でスコットランドの寒村に降り立ち、村人の好奇の目の中を村から海岸にかけて歩き回る。その内スコットランドの風土の影響が次第にマッキンタイアの身体に滲み込んで行き、服装が村の連中のものに似通って行くと共にマッキンタイアの中で或る変容が起きてくる。その最大の切っ掛けとなったものが北海の夜空を覆うオ−ロラ体験だった。そのオ−ロラのリポ−トを聞いた天文マニアの社長は矢も盾もたまらずこの寒村に来てしまい、村の浜の自然を守る天文マニアの老人とすっかり意気投合してしまい、マッキンタイアに急ぎ本社に戻って石油コンビナート建設を白紙に戻すように命じ、自らはこの寒村に海洋研究所と天文観測所を建設すべく長年の鬱状態を忘れ去ったかのように元気を取り戻すのだった。一方、スコットランドの風土に侵されてしまったマッキンタイアは、味気ない自宅に戻ってため息をつくばかりであった。
ワタクシ、本来は筋を辿るのは好きではないのだが、ペ−ジの解説がランカスタ−の社長について重要な一点を語っていないので書いてしまいました。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/

投稿者:noir fleak投稿日:2013-01-04 08:10:49
考えてしまう。イギリスから見れば、土地を売り渡さなかったあの海辺の掘立小屋に住む老人(頑固、として描いていないところがいい!)だろうが、多分それだけではない。ヒューストンにいる社長ランカスターと交渉に来たマックも立派なヒーローという意味だろう。アメリカの石油会社というだけで何か悪者扱いされがちな風潮を皮肉っている。
最後マックが地元ヒューストンのマンションから夜景を眺める。そしてスコットランドの家で電話が鳴っている。誰がかけているのかはすぐわかる、、、
いいラストだ。
投稿者:william投稿日:2011-02-04 00:58:55
ラストシーンの太陽の美しさは格別。
ノスタルジックな気持ちに浸れる逸品。
投稿者:Normandie投稿日:2010-05-22 11:50:12
80年代を代表する真っ当で楽しく揺さぶられた英国映画。海外では評価は高い。初見から数十年私のココロに刻まれてる1本です。
投稿者:花男投稿日:2008-08-21 13:50:50
ヒューストンにある石油会社の社員が、コンビナートの用地買収の交渉をするために、スコットランドの寂れた漁村に赴く。砂漠に作られた人工の近代都市ヒューストンとは180度異なるこの地の自然や、スピード感、仕事観、うさぎ観(笑)がまったく違う住民達に触れるうちに、少しずつ愛着が芽生えてくる・・・。

物語としての面白さやドラマ的な盛り上がりがそれほどなくコメディ部分もそれほど笑えないんですが、不思議と心に染み入ってくる映画です。なぜかたまに観たくなります。
投稿者:s-iko投稿日:2006-09-18 00:10:09
本編を観てすっかりホンワカしてしまい、田舎にいった際は夜空を見上げる癖がつくなど、すっかり映画の世界観に嵌ってしまったのでした。
ここに描かれるような、都市型企業論理とそれと全く関係なくゆっくりと時間が流れる田舎の対比は身にしみるものがありました。都市でサラリーマンをやっている人間には確実に染み入るものがあるんじゃないかな。
都市に住んでいると、そこでの論理が絶対に思えてしまう危険性があるんですが、この映画はそうしたことを静かに、優しく戒めてくれます。

それ自体が自己目的化してしまったような狂信的なエコロジー運動には、やっぱりヒイてしまいますが、ここで描かれるような、生活感覚が濃厚な、真の意味で優しい環境意識には、心の底からイイなあと思えるものがあります。

しかし、音楽の美しいこと。サントラ盤を長らく探していましたが、この間中古盤屋さんで安価で見つけたので購入!
ダイアストレイツ自体はあまり聴かない僕ですが、このサントラは大好きだなあ。

投稿者:quiet man投稿日:2006-06-14 21:52:10
のギターから映画に入りました。何とも言えず癒される映画でした。
さりげないユーモアと、ノスタルジックな気分に浸れる良質の映画です。
オンザロックを飲みながらゆっくりと至福の時間を過ごすには最適な一本です。
投稿者:gordon投稿日:2005-03-12 23:41:42
【ネタバレ注意】

1990年頃、バートランカスターが好きでつい借りて見ました。その時はストーリーよりも音楽に惹かれ、その後ダイアーストレイツのヘヴィーリスナーになってしまいました。'95年、大阪の淀屋橋のオフィス街の昼下がりに舗道の露天商で見つけ、その後20回以上見ています。落ち込んだ時、滅入ったとき、どうすれば良いか分からないとき、つい見てしまいます。何となく力付けられる映画です。

投稿者:Longisland投稿日:2001-04-17 14:51:59
良質の英国映画
決して派手ではなく、かといってマイナーに逃げ込まず、2時間を十分に楽しませてくれ、おまけに控えめだけど心に残る。
なんで、英国ではこんな映画が作られるんだろう? 
演技陣もカメラも(監督がカメラマン出身だからか)、そしてなによりプロディューサー(パットナム)の映画に対して真摯な姿勢が感じる。
とはいっても、小難しくなく楽しい作品。


この作品を観てから、海に行ったら必ず 砂を握って 『この中になん粒の砂があると思う?』と同行者に質問する癖が・・・
音楽の最高!!
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 脚本賞ビル・フォーサイス 
■ 脚本賞ビル・フォーサイス 
□ 作品賞 
 □ 助演男優賞バート・ランカスター 
 ■ 監督賞ビル・フォーサイス 
 □ オリジナル脚本賞ビル・フォーサイス 
 □ 作曲賞マーク・ノップラー 
 □ 撮影賞クリス・メンゲス 
【レンタル】
 【DVD】ローカル・ヒーロー/夢に生きた男レンタル有り
 【VIDEO】ローカル・ヒーロー/夢に生きた男レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION