allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

海の征服者(1942)

THE BLACK SWAN

メディア映画
上映時間85分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(セントラル)
初公開年月1950/06/23
ジャンルアドベンチャー

【解説】
 英国王チャールズ二世によって赦免された、名高き海賊ヘンリー・モーガンはジャマイカ総督となり、カリブの海賊掃討に副臣のT・パワーと共に乗り出す。同じく副臣だったA・クインらは敵に回り、敵を欺くにはまず味方からとパワーは彼らのもとに、英国侯爵の娘M・オハラ(いつもの鉄火肌が素敵)を妻と称して連れ、潜入するのだが……。ラストの剣戟もすこぶる好調な冒険活劇の傑作。海賊映画にしては深みのある色彩で、確かにこのL・シャムロイの撮影はオスカー(色彩撮影賞)を受けてしかるべきだ。実際、後半の朝焼けに映える船影や、その光の入り込む船室の描写は、スクリーン・バックを利用しての、あるいはセットでの疑似自然光の撮影であることを一瞬忘れてしまうほどに美しい。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2006-09-20 14:51:42
最初から海賊仲間がかなり出てきますが、一番の首領はモーガン(レアード・クリーガー)で、イギリス政府に逮捕されています。しかし彼は釈放されてジャマイカ総督に任命されて海賊行為を禁止します。リーチ(ジョージ・サンダース)はそれに反対して海賊行為を続けますが、ジェイミー(タイロン・パワー)は総督に従います。ジェイミーはマーガレット(モーリン・オハラ)を好きになるが、彼女には許嫁(エドワード・アシュレイ)がいて受け付けない。一方、リーチの略奪が続いていて立場を脅かされたモーガンたちの元海賊を討伐に向かわせるが内通者がいて、うまくいかないという話です。
海賊映画と言っても、海賊の仲間が出てはきても2次大戦中という事もあって海賊行為を批判的に見ていると同時に帝国主義を謳っている感じもします。それでも、ベン・ヘクトの脚色という事もあって、かなり面白い作品です。
ジェイミーの補佐トミー役のトーマス・ミッチェルが相変わらずの好演ですが、リーチの補佐役ウオーガン(アンソニー・クイン)の方は単に出ているだけの端役です。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 撮影賞(カラー)レオン・シャムロイ 
 □ 劇・喜劇映画音楽賞アルフレッド・ニューマン 
 □ 特殊効果賞Fred Sersen撮影
  Roger Heman音響
  George Leverett音響
【レンタル】
 【VIDEO】海の征服者レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION