allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ロベレ将軍(1959)

IL GENERALE DELLA ROVERE

メディア映画
上映時間132分
製作国イタリア
公開情報劇場公開(イタリフィルム)
初公開年月1960/03/22
ジャンル戦争/ドラマ
ロベレ将軍 Blu-ray
参考価格:¥ 6,264
価格:¥ 23,550
USED価格:¥ 11,274
amazon.co.jpへ

【解説】
 第二次大戦末期、ナチスは一人の博奕打ちをイタリアのロベレ将軍に仕立てて、パルチザンのあぶり出しに利用しようとした。彼は命令のままに将軍としてミラノの刑務所に潜入したが……。ならず者が愛国心に目覚め、勇気ある死を選ぶまでを描いた戦争秘話。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
321 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2013-04-06 09:03:43
自分中心だった男が民意に目覚めるも葛藤あり。意義ある映画だが、退屈。
投稿者:Ikeda投稿日:2011-11-16 11:06:16
前半、自称グリマルディ(ヴィットリオ・デ・シーカ)が賭で金を失い、情婦の装身具を持ち出して金に換え、ドイツの軍曹と結託して、逮捕された人を釈放させて賄賂を取り、更に偽のサファイアを売りつけようとする詐欺師まがいの事をするなどの悪行が続きます。それがドイツ将校ミューラー大佐(ハンネス・メッセマー)に脅されて、偽のロベレ将軍になるあたりから進行に迫力が出て来ています。そして次第にイタリア人の誇りを持つようになってきますが、ロベレ未亡人との交信などを含めて感動的なエンディングになっています。
ロッセリーニとしては後年の作品で、若い頃とは作風が違う感じですが、うまく構成された佳作だと思います。
投稿者:博士の異常な愛憎投稿日:2003-01-12 15:07:07
主人公は至って普通のギャンブル狂いのおっちゃんです。
自分の目に入ってくる他人の不幸はなんとかしたいと思う気持ちは自然。
たまに見せる将軍としての威厳ある姿は、どこかぶきっちょなとこがあった。
等身大の人間の等身大の良心をこれまた等身大で演じたデシーカの快演。
それだけに自然に感情移入でき、感動も一入。意地を見せたね、将軍。
投稿者:空三郎投稿日:2002-01-15 00:06:07
ハンネス・メッセマーの落着きのある、貫禄の演技。この映画では、彼が光って見えました。
ロベルト・ロッセリーニも貫禄があり、貫禄と貫禄がぶつかり合った映画のような気がします。
実に渋い、奥行きのある大人の映画です。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 脚本賞インドロ・モンタネッリ 
  セルジオ・アミディ 
  ディエゴ・ファッブリ 
■ サン・マルコ金獅子賞ロベルト・ロッセリーニ 
 ■ 演技賞ハンネス・メッセマー 
 ■ 国際カトリック映画事務局賞ロベルト・ロッセリーニ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ロベレ将軍2012/08/25\5,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ロベレ将軍2012/08/25\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】ロベレ将軍レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION