allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ワイルド・パームス/第1章〜第3章(1993)

WILD PALMS: EVERYTHING MUST GO/THE FLOATING WORLD/RISING SUNS/HUNGRY GHOST/HELLO, I MUST BE GOING

メディアTVM
上映時間93分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルミステリー/サスペンス

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:フェニックス投稿日:2006-04-30 22:09:24
【ネタバレ注意】

とにかくめまぐるしい。誰と誰が実はどういう関係だとか、ジェットコースター的に話が展開していく。ラストは主人公としてはまあハッピーエンドに近いが、救われない人は敵見方関係なく救われませんね。これ劇場公開ではないようですが、話長いから劇場公開用のリメイクは難しいかな。日本もしくは日本人が意味ありげにやたら出てきますが、その必要性は今イチ判らない。発達するテクノロジーと対比する「東洋の神秘」?でも
全体的には面白い。長いわりには退屈しません。
そうそうこの作品の紹介でジャンルで「コメディ」ってなってますが、サスペンス/SFでは?

投稿者:Kanchi投稿日:2000-10-04 21:16:19
 永遠の命を手に入れることができる謎の発明品、GOチップをめぐる新興宗教団体の争いに巻き込まれた男の戦いをスリリングに描く全5話のTVシリーズで、1993年4月に米ABCテレビで放映された。 
 西暦2007年のロサンゼルス。特許の弁護士をしているハリーは、ある日、15年ぶりに現れたかつての恋人ペイジに、5年前に失踪した息子を捜してほしいと頼まれる。ペイジは政治家のクロイツァー率いるワイルド・パームス社に勤めていたが、そこはバーチャル・リアリティによる最新メディアを開発し、信者を増やしている宗教団体だった。やがて大掛かりな政治的陰謀に巻き込まれたハリーは、自分の人生がはるか昔からクロイツァーに操られていたことを知りショックを受けるが、人々を支配しようとする彼の恐るべき野望に立ち向かう。
 『天と地』のオリバー・ストーンが製作総指揮を担当、『愛という名の疑惑』のフィル・ジョアノー、『ブルースチール』『ハートブルー』の女流監督キャスリン・ビグローが監督し、『カーリー・スー』のジム・ベルーシ、『虚栄のかがり火』のキム・キャトラルが主演。『ラスト・エンペラー』で日本人初のアカデミー音楽賞を受賞した坂本龍一が音楽を担当している。
【レンタル】
 【VIDEO】ワイルド・パームス/第1章〜第3章レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION