allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

若草物語(1994)

LITTLE WOMEN

メディア映画
上映時間118分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(COLTRI)
初公開年月1995/07/01
ジャンルドラマ
DVD2枚パック  レ・ミゼラブル/若草物語 コレクターズ・エディション
価格:¥ 1,283
USED価格:¥ 2,400
amazon.co.jpへ

【解説】
 いわずと知れた名作「若草物語」を映画化。戦地に赴いた父が不在のマーチ家で、母のもとで暮らす四人の姉妹。物語は彼女達のときめき、戸惑い、夢に生きる毎日、そしてやがてそれぞれの人生に翻弄されてゆく姿を、叙情的に、かつ新鮮に描いてゆく。古典的な作品といった感じはなく、新鮮で、素直に感動できる傑作である。特に、W・ライダー、T・アルヴァラードが素晴らしい!「キリング・ゾーイ」で個性的な狂気の演技をしていたエリック・ストルツが脇で好青年を演じているのも見どころ。
<allcinema>
評価
【関連作品】
若草物語(1933)
キリング・ゾーイ(1993)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
873 9.12
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-09-04 22:03:49
特にこれといって特筆すべき点はない。
可もなく不可もなし?
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-08-30 22:38:22
長女役は知らない女優だったので、ウィノナとクレアとキルステン目当てで観賞。展開は地味だが、ベスのエピソードは悲しい。
投稿者:scissors投稿日:2012-06-29 05:04:16
これは酷い学芸会
投稿者:william投稿日:2011-07-26 12:25:16
映画としては幾度となくリメイクされているので、最早定番という領域だが、ウィノナ・ライダー演ずるジョーの存在感の強さは目を見張る。
投稿者:こじか投稿日:2011-03-01 03:58:58
当時ノニーが観たいってだけで鑑賞しました。あまり記憶に残ることはありませんでしたが基が基ですし普通に観れます。

それにしても女優男優共にすごいメンツ。シザーハンズ、バットマン、スパイダーマン、スーパーマリオ、そしてロッキーホラーな俳優などなど名優〜アイドル級まで一堂に会してます。ストルツはザ・フライ僅函
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2009-02-09 12:26:04
イマイチ。想像力が奪われた。
投稿者:ゆき投稿日:2003-12-21 22:07:31
 見るのは2度目かな?ジョー役のウィノナがやたらと出番が多いけど、悪くは無いです。年代の古い「若草物語」も発見したので見比べて見るのもいいかな。
投稿者:Carol Sakeski投稿日:2003-04-24 11:07:21
キルステンをお初に見たのが“ER”からだったので、
こんなおチビな時代から見れて嬉しいな〜。
それに“太陽の帝国”のあの美声の持ち主だった
クリスチャン・ベイルが、ちゃんと生き残っていると
いうことにも驚かされたわ。
キャスティングの豪華さに、ストーリーが負けてない
という点は評価できる映画だと思います。http://www010.upp.so-net.ne.jp/Carol_s/
投稿者:徘徊爺投稿日:2002-08-04 00:32:54
ウィノナ・ライダーよりもエミー役のキルステン・ダンストのほうが光っていたように思う。ちょっと小生意気なところもあるが可愛かった。
エミーが成長してキルステンからサマンサ・マシスに替わってからウィノナが光り出したって感じかな。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2002-02-18 03:12:30
ウィノナの魅力がわからないので、普通だった。
投稿者:パタパタママ投稿日:2001-09-30 09:28:58
ビデオに撮ってあるのを見ようとして3回挑戦して、くじけてしまいました。スケートしてて氷が割れる辺りで・・なんでかよく分かりません。

随分前に、ジョーがジューン・アリスンで見ました。ここで調べてみたら、1949年作で、メグがJ・リー、エミーがE・テイラー、ベスがM・オブライエンで、ものすごく楽しい映画だった。大好きだった。アリスンの顔は今でも思い浮かびます。

ウィノナは私の苦手な女優です。でもそれだけじゃなく、全体的に、この空気は、この作りは、これは違う、と感じてしまったようです・・・残念・・・

1933年にキャサリン・ヘップバーンでやってるようで、一度見てみたいです。
投稿者:CC投稿日:2001-09-30 00:15:42
どんな状況の時でも、何が起こったとしても、目の前にある些細な幸福を大切にして一生懸命笑ってる、ジョーの姿が印象的。
これって大切なことかも。
投稿者:ひびき投稿日:2001-07-31 10:56:27
次女と哲学者が結ばれて終わるってのがちょっと引っかかった。
もうちょっと展開を変えて次女が若草物語を書き終えたところで終わってほしかったな〜と思うのは俺だけかな?

とりあえずウィノナは可愛いです。。。
投稿者:ハラ軍曹投稿日:2001-04-11 01:25:53
雰囲気がとても上品でキャスティングも完璧。特にウィノナ・ライダーの魅力が全開でした。ウィノナ目当てで観たんですけど、思ったより楽しめました。
でもやっぱし原作のまんま映画化って感じはありますね。とにかく速いんですよ、展開が。説得力がない。短い時間に全部つめ込んだだけですね。なぞっただけ。そりゃ無理あるでしょ。脚本家はいったい何を工夫したのやら。そもそも脚本があったのかどうかすら疑いたくなります。せっかくの素晴らしいキャスティングも台無しになっちゃう。ウィノナの魅力も単調に最後まで見せられると段々色褪せてくる。こういう名作の映画化こそ脚本が大事なはずなのに・・。頼むよ。
投稿者:S2投稿日:2000-06-06 15:29:03
スタッフを含めたキャスティングはデニス=ディ=ノービならでは。
昔のフィルムを思わせるような王道の作風で、ウィノナ=ライダー演じるジョーが
生き生きと振る舞う。脇役が脇役としての役目をしっかり果たしてるので
(特に他の3姉妹)、それなりに味わえる。音楽も良い。
逆に原作を超えるようなウリが他にないような…
良くも悪くもウィノナのための映画。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主演女優賞ウィノナ・ライダー 
 □ 作曲賞トーマス・ニューマン 
 □ 衣装デザイン賞コリーン・アトウッド 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION