allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

別れの曲(1934)

LA CHANSON DE L'ADIEU

メディア映画
上映時間91分
製作国フランス/ドイツ
公開情報劇場公開(劇場公開)
初公開年月1935/06/
ジャンルドラマ/音楽/伝記

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
218 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:kawa投稿日:2008-12-02 18:24:51
当時の欧州では、音声吹き替えではなく、現場でネイティブの俳優を別に用意して輸出用版を同時撮影しておくことが結構行われていたようです。監督がドイツ人で俳優がフランス人なのはそのためです。おそらく英語版も存在すると思います。戦前の日本ではフランス語版が上映、NHK放映ではオリジナルのドイツ語版が放映されました。
投稿者:FUJII-H投稿日:2004-11-02 00:09:27
1986年にTVの名画劇場で見たものはドイツ語版でした。タイトルは「Abschiedswalzer」、ショパンはヴォルフガング・リーベンアイナー、コンスタンツィアはハンナ・ヴァークでした。とてもロマンチックな映画で大変気に入っているのですが、当時録画したビデオテープがだいぶ劣化してきました。DVDで入手できると良いのですが。
投稿者:Ikeda投稿日:2003-02-07 16:27:31
名画祭にも出品されたショパンの映画ですが、私にはどうも良い所が解らない映画でした。音楽映画なのか、劇映画なのか、それとも社会批判をしようとしているのか、焦点が定まっていないのが、その原因だと思います。
投稿者:ごろ猫投稿日:2001-11-10 08:56:37
高校生の時に音楽の時間で観ました。また観たいので探しているのですが、レンタルでも販売でも見つかりません。誰か手に入れる方法を教えて下さい。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION