allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

私は好奇心の強い女(1967)

JAGAR NYFIKEN-GUL
I AM CURIOUS-YELLOW [米]

メディア映画
上映時間121分
製作国スウェーデン
公開情報劇場公開(東和)
初公開年月1971/04/17
リバイバル→日活-2002.1
ジャンルドラマ/エロティック/ドキュメンタリー
映倫R-18
ジャクリーンがカメラマンを、なぐりつけた あの問題の映画 フリー・セックスにウーマン・リブ そして、ポルノの洪水のせきを切り 万博でも騒動をまき起こした あの問題の映画 それがノーカットで、ついにあなたの前で、すべてを脱ぐ!

1967→2002 LOVE解禁
時代が、いまやっと彼女に追いついた!
私は好奇心の強い女―イエロー篇 〈ノーカット完全版〉 [DVD]
USED価格:¥ 6,980
amazon.co.jpへ

【解説】
 本作は1968年、アメリカでその上映を巡って裁判問題にまで発展し、知識人たちを巻き込み最終的に勝訴を勝ち取り、ポルノ解禁の先駆的作品と位置づけられた。日本では71年に45ヵ所のカットという形でようやく公開された。そんなスキャンダラスな問題作が2002年、ついにノーカット完全版(4ヵ所のみ修正)として公開される。好奇心旺盛な女性が、次々と新しい体験をしていく姿をドキュメンタリー・タッチで描く。
 レナは22歳の女子演劇学生。とにかく好奇心の強い女の子。42歳の映画監督ヴィルゴット・シェーマンとは「491」という映画以来の、主演女優と監督の仲。レナは、シェーマン監督の新作のために、演劇学生のウラやマグヌスと、テープレコーダーを持って街ヘインタビューに出かける。そこで、政治や社会問題について人々に聞いて回る。続いて撮影クルーはオロフ・パルメ運輸大臣の自宅を訪問。なにやら難しい話をしているが、レナは隣の若い俳優に夢中。でも、その夜たまたま見たキング牧師の対談映像にはいたく感心、すっかり非暴力主義の虜になってしまう……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ASH投稿日:2003-03-06 22:18:59
芸術か?ポルノか?という論争は正直言ってどうでもいいことです。
POPな映像が当時としては斬新だってであろう、そのセンスは今観ても面白い。
本質的には当時のスウェーデン政府の矛盾を突いた反体制的映画らしいんだけれど。
とにかく、主演のL・ナイマンが素晴らしい!聡明でいて淫乱な女性は理想だよね?
しかし、この性描写は30年前としてはかなり衝撃的だったんだろうなぁ…。
【広告】