allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ウルフ(1994)

WOLF

メディア映画
上映時間125分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Col=COLTRI)
初公開年月1994/09/23
ジャンルホラー
ウルフ [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,486
USED価格:¥ 3,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 出版社に勤めるウィルは、満月のある夜、狼に噛まれてしまう。その日から感覚が研ぎ澄まされ、未知の力を得たように感じるウィル。彼は社の新オーナーと折り合いがつかず、クビの宣告が間近だった。パーティでオーナーの娘ローラと知り合い、互いに惹かれ合う二人。だが、彼の後釜を狙っていたスチュワートと密通していた妻がセントラル・パークで惨殺されるに及び、彼は自分が狼男に変身していると確信する……。M・ニコルズが、獣人伝説にラブ・ストーリーを融合させた意欲作だが、なんともはや志の低い作品と言わざるをえない。よくあるB級ホラー程度のストーリーを、キャスティングだけでカバーしたところで面白くなる訳がなく、かえってニコルソン&ファイファー(ジョーカー&キャット・ウーマン)というビッグ・ネームの存在は逆効果。野生化していくニコルソンの一人芝居は、コメディならOKだが。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
849 6.12
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2017-03-20 19:13:25
運転していたニコルソンが狼を轢いてしまう。
降りて狼を確認したニコルソンが狼に噛まれてしまい、やがて狼に変身してしまい・・・。

日本公開もされたJ・ニコルソン久々のホラー。
その出来や評判は散々で人狼もこれまでの「ハウリング」や「狼男アメリカ
ン」を見た人なら特殊メイクの乏しさが際立つだろう。
救いと言うかニコルソンがメイクなしでも狼顔(笑)なので変身シーン不要だった事くらいか。
DVDを購入して16年を経て鑑賞したがソニーらしく画質は良く5.1chはまあまあ。
投稿者:ダークリーママ投稿日:2014-08-28 22:56:17
ニコルソンとスペイダーのイメージを、逆手に取ったような展開にはちょっとびっくり。「ドラキュラ」のケイト・ネリガンが出ていたのが懐かしかった。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:scissors投稿日:2012-06-29 08:48:54
解説に書かれているとおり、ジャック・ニコルソンがコメディになってしまっていて笑える駄作。
脚本が明らかに手抜きで、ふざけてるとしか思えないシーンも多々。
制作費が7000万ドルというのだが、どこにそんなにかかったのだろう?

こんな作品でも手抜きせずキッチリこなしてる感じのミシェル・ファイファー様に免じて3点。
投稿者:uptail投稿日:2011-06-08 10:33:12
ミシェル・ファイファー
投稿者:こじか投稿日:2010-04-04 01:03:58
【ネタバレ注意】

冷ややかなエロさが充満する本作。
ミシェル・ファイファーの美脚が一番印象に残る。
ジェームス・スペイダーは不敵で怖い。
ジャックは飛んで取っ組み合い。

投稿者:ジーナ投稿日:2009-05-31 22:28:50
タイトル通り『狼男』を扱った作品ですが、会社での人間関係や恋愛を主に描いているので古典ホラーの要素は少ないです。
正直、狼男の怖さよりも狼の習性をシニカルに表現した部分にクスッと出来ました。

狼と人の間で葛藤する主人公の苦悩は良かったですが、ストーリー展開に唐突な部分があったり、この結末に持っていくには説明不足な点があるなど微妙に腑に落ちない感じがしてしまうのが残念でした。
丁寧なドラマ性があっただけに勿体なかったですかね。

カメラワークなどに工夫があるとは思えませんでしたが、下手に特殊メイクを施してチープにするような事は無かったので興ざめせずに済んだのは良かったです。

冒頭の主人公はどうやら人徳がある人気者でジャック・ニコルソンが演じるにはどうにも違和感のあるキャラクターですが、その後そんな心配は無用な十八番キャラに(笑)
いつもの毒々しい目つきと不気味な笑顔を堪能できます。
とにかくジャック・ニコルソンが生き生きと怪演している様子をチェックするだけでも損は無いでしょう。
迫力こそ無いですが、ニコルソンに負けず劣らず気持ち悪い雰囲気を放っていたジェームズ・スペイダーのヒールっぷりもGOODでした。
ミシェル・ファイファーの色気たっぷりな表情も良かったですね。
まさに美女と野獣です(笑)
クリストファー・プラマーも含め、なかなかの豪華なキャストは見応えがありますよ。
投稿者:おじょう投稿日:2009-05-31 00:58:51
二人組みの警官役の一人に見覚えが…。エンド•クレジットで確認すると、やっぱり。「フレンズ」のデヴッド•シュワイマーでした。映画の出来はイマイチでしたが、ちょっと得した気分になりました。
投稿者:シネマA投稿日:2006-08-07 12:10:03
 マイク・ニコルズ監督作品のなかでワーストと揶揄されることのある本作ですが、正直な話、そこまでひどい出来じゃないですよ。製作スタッフとキャストが一流だったから、期待が大きくて酷評されてしまったのでは?

 冒頭、冬の満月の晩に、初老の主人公に扮したJ・ニコルソンが郊外の山中で狼に噛まれてしまいます。ここで観客はその後のストーリー展開がほぼ読めてしまうけれど、登場人物たちにはどんな異変が待ちかまえているのかさっぱり見当がつかない。この設定がいい。

 シナリオは決して悪くない。シンプルなプロットとツイスト。いわゆるホラーというよりはドラマに重点を置いた丁寧なつくり。背景にある出版社の左遷人事をめぐる駆け引きも社会派ドラマ風の味つけになっている。
 主人公の内面のとまどい。狼男になると夜行性になり、感覚が研ぎ澄まされて、老眼が治ったり、社内の陰口が聞こえたり、嗅覚で妻の浮気に気づいたり、おまけに回春パワーまでもたらされる、といったディテールが愉快。

 ニコルソンはもともと野獣系のルックス。特殊メイク要らないぐらい。眼にカラーコンタクトを入れて、鼻をひくひくさせたり、歯を剥きだしにしたり、四つん這いになったり、こういう怪演はお手のもの。しかし、惜しむらくは年をとり過ぎ。
 ミシェル・ファイファーにむかって「オールド・ガイさ」と自嘲する場面がありましたが、洒落になってないです。五十代後半で、あの活劇はきびしい。せめて四十代のときに演じて欲しかったとおもいました。

 三十路のファイファーは美しく撮れていますが、この題材ならば、少なくとも一箇所はきちんとした濡れ場を入れてもらいたかった。契約になかった? 相手がニコルソンではやはり嫌だったんでしょうか。彼女、右肩のうしろのほうに小さい蜘蛛のタトゥーを入れているんですね。知らなかった。

 撮影のロトゥンノは、ヴィスコンティやフェリーニなどのイタリア映画の傑作で知られる名手ですが、活劇シーンは苦手か。あのコマ落としの手法は、公開当時すでに古めかしかった。音楽も名匠モリコーネですが、冴えない。なんか無駄遣いに終わりましたね。

 ニコルズの演出は1960〜80年代が全盛期だったみたい。いつになってもアメリカン・ニュー・シネマの残滓を引き摺っている監督なのか。
 部分的には観るべきところがある作品ですが、私には無駄なカットが多すぎるように感じられました。これって、100分そこそこに端正にまとめられるシナリオではないかしら。
投稿者:ふじこ投稿日:2005-07-18 13:14:00
申し訳ないがニコルソンの顔、下の方々が書かれてらっしゃるように素の顔の方が充分怖いので、メイクを施した方が怖くなくって・・。
そんでもって飛ぶんだから・・。ワハハハ・・なんじゃこれは、って感じで笑いが出てしまった。
投稿者:william投稿日:2005-02-23 00:35:54
全然怖くないしスリルも感じない。
別に午後のロードショー「ミシェル・ファイファー特集」にこの作品を選ぶことはなかったと思うし・・・。
投稿者:ご飯投稿日:2003-06-04 08:05:17
 ジャック・ニコルスンは無名時代に低予算ホラー映画に数多く出演している。ニコルスンは原点に戻ったというか、初心わするべからずか、よく出演を引き受けたもんだ。でも、この出演に当たり、これは単なるホラーではなく、人間の心の複雑さをもりこんだとか、現代社会における警告だとか、なんたらかんたらという理由つけで出演したんだろう、多分。なにしろ演出とニコルスンの演技がストレートな恐怖を狙ったものではなく、とてももったいぶっているのだから。もっと真面目にホラーやってください。それこそ、ニコルスンは初心忘れるべからず。kad26278@biglobe.ne.jp.
投稿者:Carol Sakeski投稿日:2003-06-03 10:41:23
ほんと、ジャック・ニコルソンには特殊メイクは
いらないでしょう。素のほうが恐いってば。
最後まで何かが起きるのかと真剣に見た自分を
笑ってしまいたくなる映画。
ジャック・ニコルソンはどんな映画でも熱演
するのですね。http://www010.upp.so-net.ne.jp/Carol_s/
投稿者:GUCCI投稿日:2003-03-31 22:57:48
自分けっこうこの映画好きです。こういうこじんまりとした狼男の映画をもとめてたつうのもあるんすけどね・・・。自分として狼男は少数でないとおもしろくないてのがあって、これでたくさん狼男でてきたら「ハウリング」や「ファングルフ」と変わらない作品になると思う。だからこの作品はこれでおもしろい作品です。ラストで二人の愛を感じたよ。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2002-08-07 17:39:52
しょぼい。
投稿者:ASH投稿日:2002-01-19 23:31:13
【ネタバレ注意】

確かに、アイデアはいい。でも、監督にホラー映画のセンスがない。だって、
マイク・ニコルズ監督なんだよ!無理だよ!せっかくのお話も盛り上がらない。
いつ面白くなるんだ?と思っていたら終っちゃった。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ウルフ2015/09/02\2,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】「恋愛小説家」/「ウルフ」2015/02/25\2,838amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ウルフ2010/05/26\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ウルフ2009/12/02\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルフ2015/09/02\1,400amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルフ2009/10/07\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルフ <期間限定生産>2009/02/25\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルフ <期間限定生産>2007/11/28\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルフ <期間限定生産>2007/02/16\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルフ <期間限定生産>2005/06/22\1,905amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルフ <初回限定生産>2005/03/25\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルフ2003/10/22\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルフ1997/11/21\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ウルフレンタル有り
 【VIDEO】ウルフレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION