allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ウルフェン(1981)

WOLFEN

メディア映画
上映時間110分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東映洋画)
初公開年月1981/09/
ジャンルホラー/サスペンス
われわれは一人づつ、確実に狩られていく。

その聴力は―人間の思考音を聴き分け
その視力は―人間の魂を直視し
その嗅覚は―人間の行動を予見する。
そして攻撃力は―現代科学を遥かに凌ぐ
ウルフェン [DVD]
amazon.co.jpへ

【解説】
 1980年頃、「ハウリング」「狼男アメリカン」と並んで期待されていた“狼”映画であったが、これは狼男でもなく人狼でもない狼そのものを描いた作品。ただ狼といっても、アメリカが建国される以前からこの地に棲んでいた特殊な狼で、その能力は人知を遥かに超えるという。物語は、謎の惨殺事件を追う刑事を中心にミステリー・タッチで進むが、いかんせん高尚な作品にしようとしたのが失敗、こういう題材なのに恐ろしく退屈な作品になっている。ソラリゼーション(当時としては珍しい)を駆使したウルフェンの視点など、ユニークな所も少なくなかったが、「ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間」の監督M・ウォドレーの手腕もあまり奮わなかった。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
424 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ファルド投稿日:2013-12-28 10:25:25
テロなのか、猟奇殺人なのか?とかの殺人事件の捜査があまり面白くないし、その上、長い。ただ、再開発中のブロンクスの廃墟の不気味な雰囲気やウルフェンが人を狙うシーンなんかはサスペンス的にはそれなりでした。
投稿者:cybermage投稿日:2008-01-06 22:38:35
ホイットリー・ストリーバーの処女作の映画化です。
第2作「ハンガー」、その後「コミュニオン」等次々と映画化されていますし、この作家の小説はいずれもハズレなしの名作家。
それだけにこの映画のデキはどうも・・・
ホラー映画はエンターテイメントであり、一時の快楽であるべきと考えるならこの映画は絶対にハズレ。
メッセージ性は大切ですが、それは観客を楽しませて更にその上を行くものとしてあるべき。
というか、原作のストーリーと映画では内容も異なっており、原作の足元にも及ばない。
この作品は小説を読むべきでこの映画はホラー映画のファンが確認のために観るような作品です。
映画で観る人狼ホラーならもっと面白いものがたくさんあります。
投稿者:tamut777投稿日:2007-12-09 10:28:18
映画を見る前に原作(早川書房)を読んでいた。
ハードカバーの帯には「思わず後ろを振り返りたくなる」などと書いてあったが、まさしくその通りの出来(20年後に読み返したらそうでもなかったのは少年の心を失ったからか)。
原作では狼側の視点(というか感情)と共に、主人公の刑事コンビの私生活まで念入りに立ち入ったが、「ジョーズ」の場合もそうであったように、映画では陳腐と判断して脚本から削除したのは大正解。おかげで淡々と事件を追う乾いた(でもここでの街は何だか湿っぽく描かれていた記憶がある)タッチとなっていて悪くない。
A・フィニーは出る映画によって全く違う表情を見せる。
イギリスの同世代の名優バートン、オトゥール、コネリー、ケインとキャリア的に決して劣らないのに、わが国での知名度がやや劣るのはそんなカメレオン的なアプローチのせいか?いずれにせよ彼が出てくれたおかげで完全なB級というレッテルを貼らずに済んでる(少なくとも自分の中では)。
蛇足だが、当時中学生だった自分は、この映画が「オルカ」に続く「スパックロマン」だという妙な確信を持っていて、それは今でも揺らいでいない。
誰か同意してくれ!
投稿者:長春投稿日:2007-02-02 19:28:45
都会の地上げが済んだ荒廃した土地の映像から始まる。
この映画では、狼はテリトリーを犯す人間を襲う。
インディアンも出てくる。
監督は、インディアン・狼のテリトリーを犯し、さらに開発を進める白人への自然からの警告を描きたかったのだろう。
投稿者:プリズム5投稿日:2005-09-18 17:59:59
つまらない映画だと思う。正体も見せずに刑事と黒人検死官たちの捜査を、僅かばかりの残酷描写で長い尺を引っ張るのは辛いものがあります。話自体に無理がある狼映画の駄作。
投稿者:徘徊爺投稿日:2004-10-17 01:47:51
正体を見れば、ただの犬じゃん。
投稿者:ASH投稿日:2002-07-18 23:05:20
【ネタバレ注意】

スタイリッシュな映像で見せる狼(狼男にあらず)映画の隠れた佳作。

狼から見た俯瞰のショットが不気味で、この特撮が非常に異様で印象的でした。

A・フィニー以下、実力派のくせ者キャストが揃っているところも見逃せない。

 【My Cult Movie】

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 審査員特別賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ウルフェン2015/02/23\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】ウルフェンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION