allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ/完全版<未>(1984)

ONCE UPON A TIME IN AMERICA

メディア映画
上映時間229分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルドラマ/犯罪
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(完全版) [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,057
価格:¥ 1,000
USED価格:¥ 1,230
amazon.co.jpへ

 Photos
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ/完全版

【解説】
 セルジオ・レオーネ監督の長年の夢だったギャング映画を、禁酒法時代のアメリカを背景にノスタルジックに描いた彼の集大成のような大作の、劇場公開版より約30も分長いニュー・バージョン。劇場公開版に比べ、シーンを補う形で補強されたカットや、ちょっと不自然だったつながりの部分に未公開シーンを追加して前後関係を自然にしたりと、明らかに作品の完成度を高める意味での修正が施されている。そう言った意味で、劇場公開版よりは本作を見る事をお勧めする。JSBで放映された後、ビデオ・リリースされた。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(1984)
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ/完全版(1984)
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ/エクステンデッド版(1984、2012)
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ (1984)
[002]Aリバー・ランズ・スルー・イット (1992)
[003]A告発 (1995)
[004]A海の上のピアニスト (1999)
[005]Aアンタッチャブル (1987)
[006]Aサイダーハウス・ルール (1999)
[007]Aローマの休日 (1953)
[008]Aシザーハンズ (1990)
[009]Aフォレスト・ガンプ/一期一会 (1994)
[010]Aパルプ・フィクション (1994)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
28248 8.86
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:クリモフ投稿日:2014-10-25 22:03:35
やはりイメージではゴッドファーザー的なものを想像してしまったんですが、これがまったく違ってビックリ。たしかに子供時代から老年まで三つの時代に分かれてギャングを描く一大叙事詩ながら、非常にわかりにくく、意図的に難解な演出も見られます。
間違いなく、リンチはこの映画に影響を受けているような。あと少しフェリーニ的な印象も。肝心なクライマックスを描かない消化不良感と同時に妙に印象に残ってしまう不思議な作品。かなりいろんな解釈があるようで、1回ではなかなか理解できないところも多いです。
とりあえず役者陣は好演。デ・ニーロは抑えており、スコセッシの時よりも良い印象を持った。あとはやはりジェームス・ウッズ。
長い変な映画って感じですが、ひょっとしたら凄いのかもしれない、というのいまのところ。いつか再見してみます。
投稿者:UFO投稿日:2013-10-20 22:41:45
大好きな作品。
投稿者:jb投稿日:2012-07-22 23:13:35
内容・音楽共に素晴らしい。
モリコーネ万歳!!
投稿者:cappye投稿日:2012-07-03 17:57:07
【ネタバレ注意】

 マフィア映画ということで「ゴット・ファーザー」みたいなのを想像していたら全然違って、何か「スタンド・バイ・ミー」みたいな感じ。3つの時間軸と巧みに織り交ぜた話の構成が素晴らしく、話が進むにつれ謎が解けていく面白さがある。時間軸が切り替わるところの話のつなげ方が抜群に上手い。また、明らかに男性向けの映画であるのに(これを女性に薦める勇気はない)、繊細すぎるほどの心情描写と時間をたっぷり使った演出。全編を通して横たわるノスタルジックな雰囲気もいいし、音楽の使い方も効果的。ほんとによく作り込まれている。ただ、あまりに長いので、序盤の伏線を途中で忘れてしまい易いというのはある。それでも、登場人物はそれほど多くないし、テーマは友情というシンプルなもので一貫しているから、嫌な複雑さは感じなかったが。

 ラストのヌードルスの笑顔の関しては、DVDの音声解説の人が言っていたように、夢オチを示唆するものという解釈で納得した。やはり、警察とグルになって欺いていたとか、連邦準備銀行を襲撃するのが長年の夢だったマックスが政治家(?)にとか、あの話が現実というのは無理がある。仮に連邦準備銀行襲撃の夢がヌードルスを欺すための嘘だったとしても、マックスが彼一人に復讐するために長年連れ添ってきたパッツィーやコックアイを犠牲にしたというのも考えにくいし(パッツィーやコックアイの死体も替え玉だったというなら話は別だが、その線は序盤で焼死体だったのがマックスだけだったことから不可能)。夢オチをいうと欺されたと思う人もいるかもしれないが、ヌードルスの友情と友を失った痛み、思い出が、「お前を捨てるべきだったかもな」というマックスの発言や彼の焼死体を通して美しい幻想として昇華したものと考えれば、それほど悪くない気がする。

 ラストの一つ前のシーン、マックスに似た人影がゴミ収集車と重なって姿を消すところは、マックスがあの中に身を投げたという解釈が一般的みたいだけど違うと思う。妄想の中とはいえヌードスルが親友にあんな最期を用意するはずがない。おそらくあれも替え玉だったか、マックスがそうしたように見せかけただけだったのだと思う。ヌードルスに「お前ともう会うことはない」というメッセージを送るために。実際、監督はあのシーンを撮るのにマックスの格好をさせたエキストラを使ったらしいし。

 まぁ、色々な解釈ができる点も含めて、単体の映画としては最高峰の出来だと思う。レイプシーンとかが嫌いなので満点はつけられないが、映画史に残る名作であるのは間違いない。

投稿者:inres9投稿日:2009-04-16 15:04:34
映像も音楽も。デ・ニーロ最高。DVDへの唯一の不満は、なぜIntermissionでDisc1とDisc2を分けなかったのか。
投稿者:nomopage投稿日:2008-02-09 12:05:07
三つの時代が混ざり合わさっていて、また真意を探るのに頭をつかう、難しい映画。DVDで何度も見ないと理解できない。
音楽はいい。
投稿者:IM投稿日:2005-06-05 23:08:47
DVDを見かけたので即買い。
「公開時はこんな長かったっけ???」と思ったが完全版ってのが
ありましたか。
一番最近観たのっていつだったか。確か10年以上は経過してるな。
なんだろう・・・アクが強そうな映画だが案外アッサリしてるかも。
まぁ、名作の部類なんでしょうな。
特に少年期の映像は秀逸だと思います。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-05-22 19:52:13
【ネタバレ注意】

素晴らしい。映画ファン必見の名作だ。セルジオ・レオーネか…
出だしから、もう引き付けられる。(“メメント”や“パルプフィクション”じゃないけど…)
禁酒法下、酒を運んでいた男たち(3人)が警官に撃ち殺される〜密告があったらしい…裏切り者を追うギャング。撃ち殺される裏切り者の女…拷問される仲間〜降りてくるゴンドラ〜映像が素晴らしい。
男を追うギャング〜電話のベル…密告の記憶〜裏口から逃げる男〜そして鞄のなかには有る筈の金が無い…
30年後〜そして少年期、エピソードが絡み合いながらDVD=200分の先まで謎は引っ張られる…
そして観客は一人のアウトローの人生を追体験してゆく…性のめざめ〜ケーキは食っちゃうが…映画初出演ジェニファ・コネリーの美少女ぶりは最強だ。性的な表現に引く人もいるようだが、人間なら解る(と思われる)感情でもあり…また画面がアートしていることに違いはない。
捨てた密輸品を拾うアイデアは秀逸〜夢のように楽しいシーンでもある。(アウトローを応援するのか、とか突っ込まないで。)
撃ち殺される仲間〜刑務所を出てきた彼を出迎えたのは…
…とにかく映画らしい映画〜映像、演じられるストーリーを堪能する喜びがここにある。下記のコメントにゴミという人がいないのは奇跡。(いても全然驚かないけど…)
ベイリー疑惑か…深いね。30年は描かれていないのだが…
そう、出だしの撃ち殺された男達は、謎かけでもあるね。結局、推理小説的にXXした男が巻き込んだ男達への償いなんだろう。なんか悲惨な最期でもあるが…

投稿者:合格投稿日:2005-04-27 12:59:07
完璧!最高!
投稿者:徘徊爺投稿日:2005-04-23 20:56:10
【ネタバレ注意】

前半は素晴らしいが、ベイリー疑惑が出てくる辺りの後半からは、どうも展開がスッキリしない。ラストの処理の仕方も嫌いだ。
マックスがベイリー長官に変身していて、しかもデボラとつるんでいたなんて、ノスタルジーがスキャンダルになったような後味の悪さを覚える。

投稿者:きのこきのこ投稿日:2005-03-23 01:10:32
これ、クライマックスやラストに関して
どう解釈したら良いんだろう?(若干無理っぽい設定も否めないので)と、いつも思います。
でも、その引っ掛かりこそが、この作品への関心を引き付けてやまないというか
いつも頭の片隅に、この作品が存在している理由なのかもしれないですね。
この時点で、作り手の思うツボなのかも?
好きか嫌いかという観点でいうと、個人的には好みの点で微妙なんですが
ハッキリと答えが出ない点がある分、気になって気になって仕方ない作品ですね。
投稿者:caboss投稿日:2004-10-11 22:54:02
公開時はなんとなく見逃していて、
その後も、評判がかんばしくないことで、
またまた、見逃していた本作。
先日、完全版を観て・・・我ながら、後悔しました。
なんで、こんな映画を今まで見逃していたのだか・・・。
映像、音楽、脚本・・・観終わった後は、長い旅を終えた感じで、全て素晴らしい。
見逃してる方は、今すぐレンタルショップに走りましょう!
あっ、でも長い映画ですから、週末に。
投稿者:ジョジョ投稿日:2004-01-17 21:49:20
オリジナルと完全版にここまで違和感がない作品ってそうそうないと思います。
どのシーンが追加されたかというのはとてもよくわかるんですが、見事にオリジナルの雰囲気にマッチしてますね。
完全版になると途端に酷くなる作品も多い中、この作品はかなり凄い。
まぁ、青年期の若干激しい性的描写に変わりはないので、そこだけはやはり気になるんですが、少年期と老年期は素晴らしすぎます。
でも、青年期の少々下品なデ・ニーロの笑顔があるからこそ老年期のデ・ニーロに哀愁が漂うんだとも思うんですけれどね。
投稿者:april投稿日:2003-11-13 01:05:32
ストーリー、映像美、音楽、どれをとっても素晴らしい、疑いなく映画史上に残る名作の一編。
少年時代の切なさ、青年時代の葛藤、年老いての哀愁と後悔、これらが巧みな時間操作のもと全編を通じて胸に迫ります。
ジェニファー・コネリーの可憐さにため息をつき、デ・ニーロの目の表情に圧倒されました。
また、エンニオ・モリコーネの音楽は映画音楽の域を越えている。オスカーをとらなかったのは全く理解できませんね。
難を言うとすれば、ギャング時代の話の展開がやや平凡で、物語のコンセプトに合った視点で描いてほしかったところでしょうか。
何れにせよ、心に残る映画です。やっとDVD化されたので、何度も見ようと思います。
投稿者:チキン投稿日:2001-10-12 23:16:25
私はこの映画はアメリカ映画で一番だとおもっています。そして音楽は全映画中一番だとおもっています。
投稿者:タルチュフ投稿日:2001-06-28 13:58:43
素晴らしい.
特にジェニファー・コネリーを覗くトコ.
まるで絵画.

青年編以降は実にどうでもよかった.
【レンタル】
 【Blu-ray】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカレンタル有り
 【DVD】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカレンタル有り
 【VIDEO】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ/完全版レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION