allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

わんぱくデニス(1993)

DENNIS THE MENACE

メディア映画
上映時間90分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1993/07/03
ジャンルコメディ/ファミリー

【解説】
 アメリカの人気漫画『わんぱくデニス』の実写映画版。本人自身は悪気が無いのに、結果的に周囲の人間に甚大な被害を及ぼすというデニス少年と、その最たる被害者こと隣に住むご老人(W・マッソー)の交流を軸に描く。各キャラクターのユニークさがストーリーの平板さを補ってはいるものの、全体的には可もなく不可もなくといった作品に落ち着いている。絶叫を上げ続けるW・マッソーの一人芝居のみ強烈な印象を残す。本作の位置づけとは直接関係ないが、「サザエさん」の面々がアフレコを行って話題になった日本語版ビデオは、案外悪くない。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
327 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ASH投稿日:2003-06-28 20:54:10
【ネタバレ注意】

 あれ、「ホーム・アローン」みたいな映画だなぁ。ああ、なんだ、ジョン・ヒューズが関わっているのか。

 という冗談はさておき、ヒューズが「ホーム・アローン」を作る際に「わんぱくデニス」の原作を元にしたかどうかは知らんが、かの映画との類似性がてんこ盛りなのです。ヒューズによる「デニス」は、まるで「ホーム〜」のアナザー・バージョンのような出来でしたとさ。

 泥棒のオッサンを徹底的に痛めつけるが、デニスは泥棒退治をしているわけではない。彼にとっては善意の行為が、結果として悪いことを招く。それは隣人のウィルソンさんに対しても同じことなのだ。無邪気な子供の悪戯と、笑って見ていられるものもあるが、中には「これはマズいだろ」ってな描写もある。子供には受けるだろうが、大人気ない大人には、これは手放しで笑えないんですよ。

 デニスを演じたメイソン・ギャンブルがワースト新人賞ノミネートとは解せんなぁ…。劇中で行っている行為は確かに悪いが、彼の演技は決して悪くない。もう少し成長した彼が出演した「ガタカ」や「天才マックスの世界」を観ればなかなか有望な少年俳優のひとりだということが立証されている。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト新人賞メイソン・ギャンブル 
【レンタル】
 【VIDEO】わんぱくデニスレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION