allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ワン・モア・タイム(1989)

CHANCES ARE

メディア映画
上映時間103分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(COLTRI)
初公開年月1989/09/30
ジャンルロマンス/コメディ

【解説】
 TVシリーズでは活躍していたが(B・ウィリスと共演の「こちらブルームーン探偵社」)、映画からは6年も遠ざかっていたシェパードが、登り調子のダウニー・Jrと、落ち目のオニールと奇妙な三角関係を演じて銀幕にカムバック。何が奇妙かというと、20年以上も亡夫に思いを残す未亡人コリンヌ(シェパード)の娘にできた恋人アレックスが、実は亡夫の生まれ変わりで、彼女の前に来ると前世を思い出し、娘そっちのけで迫ってくるから。これに現在の恋人(オニール)が絡むが、彼はからっきし臆病。つい、アレックスにほだされそうになるコリンヌだが……。幽霊コメディの変種で、多少もたつく所もあり、とても往年のハリウッド調とはいかないが、ダウニーが威勢よく、かなり楽しめる。監督は「天使にラブ・ソングを…」の故アルドリーノ。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
211 5.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2010-01-02 23:41:49
【ネタバレ注意】

 80年代はベトナム戦争後であり、ニューシネマも古いものとなり、いわば何も無くなった年代だ。
 007シリーズも、コメディタッチなものになって全体として軽い感じのする年代で個人的には好きでない。
 この作品は、そんな時代も終わろうかと言うのに全盛期のような雰囲気を持っている。

 シビル・シェパードの個性ゆえに、それなりに見れるものの高い評価は出せない。
 音楽は、モーリス・ジャールだが歌がメインでモーリスらしい感じはなくなぜ引き受けたのか疑問。

 ラストのオチも”生まれてすぐにやればいいだろ”と言う感じで”ちゃんと考えろよ!”と思ってしまった。

投稿者:ロビーJ投稿日:2007-11-17 14:51:29
カワタさんが『ぼくの美しい人だから』のコメントの最後で私に本作へのコメントをリクエスト(?)してくれたので今回やっと見ることが出来ました。この作品はずっと前に凄く見たかったのですが、なぜか見送り続けてしまい、ほとんど忘れかけてしまっていました。でもカワタさんのお陰で本当に良い機会がもらえました。とても良い映画ですね!
主演のシビル・シェパード。私はあまりというか、まったくと言っていいほど彼女の作品は見たことがありませんでしたが、本作を見てちょっと他の作品も見てみたくなりました。それは彼女がとっても綺麗で雰囲気などもとても素敵に感じたからです。何にしても本作での彼女の演技はとても見事に感じました。亡くなった夫の生まれ変わりであるロバート・ダウニー・Jrと夫の死後もずっと支え続けてくれたライアン・オニールとの間で揺れ動く想い・・・。とても思いが伝わってくるし感動的でもありました。
そしてダウニー・Jr。彼はどうも好きになりきれない所があるのですが、本作での彼はそんな事も忘れさせてくれる本当に爽やかな演技。こんなに素敵なダウニーを見たのは初めてかも!?ってくらい。彼の可愛らしくスイートな演技は本作に間違いなく欠かせないものだなと感じました。ライアン・オニールもなかなか素敵だったし(最初は一瞬フィル・ハートマンに見えてしまった・・・)、メアリー・スチュアート・マスターソンも最高にキュート!『恋しくて』を思い出しました☆
それにしても死んでしまう夫の役がクリストファー・マクドナルドだったのは驚きましたね。。彼はあまり好きではないのですが、良く見るというか何というか・・・でも今回の役はとっても素敵でしたけど。
という訳で出演者の方たちが皆好演だった事がとても嬉しいです。ラヴ・ストーリーとしてとても温かい気持ちになれたし、ロマンティック・コメディとしてもちゃんと胸キュンがあって、私的にはかなり満足できました。なので本作を観るキッカケをくれたカワタさんにまたもや感謝です。ありがとうでした☆
投稿者:レッド・キング投稿日:2006-10-07 13:50:26
映画館でみたかったのだけど・・逃してしまい、ビデオで見ました。
とてもよかったです。心リフレッシュできますよ。
友達みんなにすすめてます。ラストは、思わず「ニヤッと」笑顔でみてました。お勧めの1本!
投稿者:4531731投稿日:2005-12-15 01:29:22
 ストーリーは隅から隅まで気が利いてていかにもなハリウッド型ファンタジー。どんな小さな伏線も無駄にしない。このとっぴな設定をどういう風に展開させるのか考えも付かないんだけど、しだいに説得力増すんですね。これが。誰もが見たい夢じゃないですか。それだけに気をつけないと帰って来れないw いやあ、シビルシェパードが良い。抜群。
 
投稿者:hira投稿日:2004-03-01 09:21:29
いつの日か録ったビデオで観ました。

最初はただのラブコメだと思っていたので、主人公が死んで天国のシーンが出たときにはぶったまげました。あー、こういう作品なのかと・・・。
イベント(事件)が少ない作品なので、役者さんが好きでないと辛いかもしれません。唯一のイベントだった裁判ネタもないがしろにされてしまい残念です。
ライアン・オニールがかなりいい味出してました。ロバート・ダウニー・Jrとの取っ組み合いも面白いです。最近、めっきり出なくなったメアリー・スチュアート・マスターソンは相変わらず可愛いです。ダウニー・Jrの前世の役なので、あんまり出番がないクリストファー・マクドナルドはこの時期はハンサムでした・・・。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主題歌賞トム・スノウ作曲 After All
  ディーン・ピッチフォード作詞
□ 歌曲賞トム・スノウ “After All”(曲)
  ディーン・ピッチフォード “After All”(詞)
【レンタル】
 【DVD】ワン・モア・タイムレンタル有り
 【VIDEO】ワン・モア・タイムレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION