allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

プラン9・フロム・アウター・スペース(1959)

PLAN 9 FROM OUTER SPACE
GRAVE ROBBERS FROM OUTER SPACE

メディア映画
上映時間78分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ケイブルホーグ)
初公開年月1995/08/19
ジャンルSF/ホラー

【解説】
 「エド・ウッド」のヒットにより日本でも広く知られることになった“史上最低の映画”。ストーリーは、宇宙人が死体を蘇生させて侵略の手先にするという、これ自体は50年代SFの少し変なバリエーションにすぎないが、これを演じる面々とエピソードのパワーが高い。ベラ・ルゴシのありし日の姿を強引に映画に組み入れ、ブレーキの効果音ひとつで殺してしまう適当さ、その代役がいつも顔の下半分をケープで隠している(パンフの“どう見ても顔の前にケープを掲げているヘンな人”というのが傑作!)ミエミエの姑息さなど、「エド・ウッド」のあのシーンを本当にやっているだけで笑ってしまう。実際にはただの出来の悪いSF映画なのだが「エド・ウッド」のサブテキストとして見ればこれほど楽しめる作品はない。マジに誉めるところを挙げれば、ラストの円盤が炎上するシーンは予想よりかなり大きなミニチュアを使っているようだ(あれなら日本のTV特撮にまだまだ出来の悪いシーンが山ほどある)。
<allcinema>
【関連作品】
エド・ウッド(1994)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2011-03-15 00:03:26
 伝説の映画人エドワード・D・ウッド・Jr監督の最高傑作。
 警告!この作品は、「エド・ウッド(1994)」を見てから見るべし。

 チープすぎるコクピット、糸が丸見えのUFO、学生レベルでも気にしない、それがエド・ウッド。
 ベラ・ルゴシが出ているが、作品の企画以前に撮ったフッテージを使用している為。
 この撮影時にルゴシは、亡くなっている。
 推定予算は、6万ドルだ。

 ルゴシの妻役の女優はヴァンパイラと言うのだが、この女性異常にウエストが細い。
 しかも「アダムス・ファミリー(1991)」のアンジェリカ・ヒューストンに似ている。
 まさか参考にされている?
投稿者:こじか投稿日:2010-07-25 23:41:28
エド・ウッドと知らずに観れば、
荒めの古典SF映画・・・なのか?
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-03-08 19:15:41
憶えられなかったのだろう。イマジナリーラインなど(夜のシーンでもベラ・ルゴシが出るカットは日中!)、演出面では今の日本のTVディレクターの方がずっとマシな作品が作れる。だが、揺れまくりの円盤のミニチュアを臆面も無く出したり、ベムの母ちゃんを連想させる絶対に堅気に見えない嫁さんのメイクと衣装は、この監督でないと思い付かないと思う。「エド・ウッド」を先に観ないと楽しめない事は間違いない。

追記 ルゴシは撮影に入ってすぐに死んでたのね。彼のカットがおかしいのは監督のせいじゃないって事で。
投稿者:bond投稿日:2007-09-08 14:50:43
地球に警告にきた宇宙人の実にチープな計画。ベラルゴシのドラキュラ姿を撮りたかったエドウッド。ラストで原爆へのメッセージは伝わった。が、やっぱC級でしょう。当時の観客はどう観たのか。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-12-02 12:22:20
【ネタバレ注意】

如何に観客に楽しんで貰える映画が作れるか?ってエドの才能を駆使した映画。
が、観客にとってアリモノであろうが、無かろうが関係なく…
という意味において、B級映画である事には変わりない。

が、映像、演出、そして…
物語を無理やり一貫したかの様に見せる(宇宙人が、より強力な武器を開発して同士討ちを繰り返す地球へ警告にくるが武力で追い返そうとしたので、プラン9(ゾンビ計画)を発動〜が、パイロット?やら刑事が地上の宇宙船を発見し、追い返して、めでたし)脚本…
さらに、意味ありげに思わせるセリフ(未来は予測できないので笑えない〜人類はソーラー爆弾(?)の連鎖爆破に辿り着くetc.)セリフは(「エド・ウッド」を観た者にとっては)さすが、の一言。

一番のお楽しみは、思わず爆笑するチープな(ある意味アニメ的な)小道具やら、映像(UFOを爆撃するシーン!〜スタジオでコントしてるかの様なリアル追求の欠片もない背景、秘密砦のような宇宙船のドアetc.)そして無理やりストーリー故の不自然な面白さ〜なのだが、本人は、それを楽しんで貰おうとは、思ってない筈。

逆にこんなコンテンツがあるんだけど、それを生かして一本の映画を作ってくれない?って言ってコレが作れる人間がいてるのか?(まぁ作る必要もないのだが…)

という意味で、マニアにとっては天才、エド・ウッドの才能に触れる貴重な映画。一般には…実のところは観て欲しくないかも〜酷評なんか聞きたくない。これが好きな人はジョン・カーペンターの「ダークスター」もイケるぞ。(こっちは、適当に継ぎ合わせたものではないけど〜バーバレラは?〜未来世紀ブラジルは?〜未来惑星ザルドスは?〜極めつけは「マーズアタック」か…ID4と思ってたのだが、改めて理解したような)

※アイデアと発想の天才が、伝えるものだけ伝われば良いと、いい加減に創り上げた映画。(そのいい加減具合が楽しいのだから始末に困る)
「ダークスター」は逆手に取ったかの形(「エドウッド」も多分)だが、ネタを短時間で用意して適当に継ぎ合わせたようなクォリティーでは決してありません。

投稿者:ASH投稿日:2006-11-30 23:13:28
 確かに、「9」より前の計画ってなんだったんだろう? コメディではないのに、やっている人たちが妙に真面目なのでヘンな笑いを生んでいるんだろうか。見方によっちゃー平和勧告を促すエド版「地球が静止する日」なんだろうが、あの映画と同列にしちゃうとSF映画愛好家から殺されちゃう?
投稿者:やんこら投稿日:2006-08-05 09:24:11
最低というほど悪くもないような気がしました。いや、チープですし脚本も稚拙すぎるし役者も変だし、大して面白くもないんですが、世の中にはもっと見ていて腹の立つような映画も数多く存在するわけですから・・・。これは結構マトモな方なのではないですかね?
あと、エド・ウッドにはまったく映画の才能がないんだと思ってたんですが、実は編集は結構うまいのでは?
投稿者:さとせ投稿日:2006-06-10 08:45:20
特撮や展開がチープであるが見れないことはない。笑えるのはベラ・ルゴシが途中で亡くなったために吹き替えを使っているのだが場面場面で交互に映像を使用している。「エド・ウッド史上最低の映画監督」(ルドルフ・ウッド・早川書房・評価3)が詳しい。
投稿者:Naka.d投稿日:2004-03-30 19:56:17
・・・予想ほどひどくもないぞ?確かにすっげー安っぽいけど、ストーリーとかセリフなんかは、なかなかいいんじゃない?内容も真面目な話だし。アイデアもやはりA級とはいえないものの、そんなに悪くもない。今のB級作品群よりいいかも。
ストーリーにしてもそんなに無理があるようには見えない(これは僕がバカだからか?)。上映時間も短すぎでもないし、長すぎでもない。適切な上映時間だから飽きずに観れるのだ。

墓場で死人が歩き回るシーンなんか、ホントに微妙〜にだがちょっと怖かったし・・・。
投稿者:hide0921投稿日:2003-11-22 12:26:09
日本の昔のへっぽこSFと大してかわらない。おっと!SFじゃなくってホラーだっけ?結局訳分からなさ(?)は理解できたけど日本の宇宙TVシリーズもへっぽこだったからなぁ日本人にはそっちの方が楽しめるかな?
投稿者:thefool投稿日:2003-03-17 19:44:35
最低とか、クズとか言われると、どれ程のもんか観たくなる。

んで、確認して物凄く後悔する。
私自身クズ映画が好きな方だと思ってたが、これはたまらん。あはは。


投稿者:touchy投稿日:2002-11-02 11:52:30
Xーファイルのモルダーが、この映画48回観たそうです。
このあまりにも幼稚、あまりにもばかばかしい演出は、
彼の鋭すぎる感性を静め、右脳を活性化してくれるんだそうです。
なるほど・・・・
【レンタル】
 【DVD】プラン9・フロム・アウター・スペースレンタル有り
 【VIDEO】プラン9・フロム・アウター・スペースレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION