allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バスケットボール・ダイアリーズ(1995)

THE BASKETBALL DIARIES

メディア映画
上映時間102分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アスミック)
初公開年月1996/01/20
ジャンルドラマ
バスケットボール・ダイアリーズ [DVD]
参考価格:¥ 1,533
価格:¥ 980
USED価格:¥ 536
amazon.co.jpへ

【解説】
 ジム・キャロルの『マンハッタン少年日記』を基に映画化した作品。マンハッタンのダウンタウン。ミッション・スクールに通うジム、ミッキー、ペドロ、ニュートロンは、マクナルティ神父が担当するクラスの問題児たち。制服を着くずし、シンナーを吸い、ちょっとした盗みを働いて虚勢を張っても、彼らはバスケットボールに夢中の他愛のない不良少年に過ぎなかった。しかし、凶暴な街マンハッタンでの経験が彼らを次第に蝕み、やがてストリートキッズとして、引き返せない道へと踏み出していく……。平凡な少年たちが、やがてドラッグなどに蝕まれ、後戻りの出来ない道へとはまってゆくアメリカの現状を、原作者の実体験を基に、赤裸々に描き出した衝撃的作品。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
535 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-09-23 20:42:26
若い頃のディカプリオあんまり好きじゃない。
この映画もたいして印象に残ってないなー。
投稿者:bond投稿日:2012-06-16 08:28:45
皆若いねー。ディカプリオ、麻薬中毒患者を見事に演じてる。やっぱただの二枚目俳優じゃないんだねー。
投稿者:こじか投稿日:2010-08-16 01:00:50
ディカプーブームでしたなぁ。
麻薬話しは好きじゃないです。
投稿者:マスターユーダ投稿日:2010-02-15 17:28:45
題名からして青春・スポーツものかと思っていたらゼンゼン違う
社会派ドラマみたいだった、ディカプリオの演技も良かった、特にドラッグを
買うために母親に金をねだるシーンは良かったと思う。
一回しかみていないのでラストが思い出せない!
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-25 22:12:06
ディカプリオの主演作で初めて接したのがこれ。
タイトルとジャケットのレオの写真から正統派スポ魂を想像してたら全然違うかった!!
重い映画で、まぁまぁ好き。
投稿者:ショーンファン投稿日:2008-02-10 22:34:54
まるでジャニーズの裏のようだった。
ホモの巣から逃れる様は、ジャニー喜多川から逃れるアイドル少年たちそのものだった。 ホモの餌食になればテレビで活躍できる。 逃れた(もしくは捨てられた)少年はヤクに溺れる。 赤坂晃が麻薬で逮捕されたのも分かるでしょう。

私もこのfucking10代を歩んでいるが、どの国も同じなんだな。 私が思うに、10代後半というのは人生で一番頭が冴えてしまう時期だと思う。だからこそ、暗闇もハッキリ見えてしまう。世の中はクソッたれだ。大人はくそったれだ。 こんなのやってられっか…。

しかし、その辺をしっかり乗り越え糧にした人間こそ、大きな人間になれると私は思う。

やはりワーナー映画は見やすい。 ギルバート・グレイプの2人はここでも共演してたか。現実性があり スキがない。

しかし、やはり麻薬ものは見てて辛い。 
このクソッたれの世の中を、愛という希望を持って歩んで行くんだ。
勉強をしてればなんとかなるという人間たちよりずっとマシだと私は思うぞ。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-09-10 22:49:03
本当に本作は痛々しいですね。私が初めて本作を見たのは小学生の頃です。母と一緒にテレビで見ました。当時の私にはもちろんショッキングで本当に見ていて辛かった記憶があります。でもレオナルド・ディカプリオもなかなか良かったと思いますし、見事に少年達の辛過ぎる様子を赤裸々に描いていると思います。そういった意味では素晴らしい作品だと思いますし、一度見ると忘れられない作品でもありました。
投稿者:なちら投稿日:2007-02-22 23:48:02
痛々しい。
投稿者:ズンタ投稿日:2007-02-19 21:31:21
この手の映画は当時好きでバスケットボール・ダイアリーズもよく観ていました。観た当時10代後半だったこともあり思い入れがある作品です。
ストーリーはお決まりの若者のドロップアウトの話ですが、MTV出身の監督ということで映像は洒落た感じで好きです。この手の監督はビジュアル重視の演出が多すぎで表面的なイメージがありますが、この映画は違います。
今でもたまに観ますがこの当時のディカプリオは刹那的な雰囲気がプンプンしててハマっていますね。ディパーテッドで2度目の共演となるマークウォールバーグもいい味出してます。この頃はゴツゴツしてて岩みたいです。
今の10代には物足りないかもしれませんが是非観てもらいたい作品です。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-14 21:40:51
ダレる部分もあったが、これはこれで好き。
投稿者:さち投稿日:2004-07-08 04:29:00
いい
投稿者:momomomamo投稿日:2002-11-06 02:01:57
う〜ん、これがアメリカの姿なんや!ってちょっと思ってしまいました。とりあえずドラッグに手を出したらだめっていう教訓になってます。
投稿者:ゆーき投稿日:2002-10-03 10:29:07
★★★ うーん、なんだか泣けた映画だった。母親の愛って素晴らしい。しっかしジュリエット・ルイスはジャンキー役似合うなぁ〜。ディカプリオの演技はさすがっ!ダメな子の役を確実にこなしてます。最後のシメは苦笑って感じだったけど、昔悪い子だった人が見ると感動すること請け合い!
投稿者:ゆきぼー投稿日:2002-03-22 13:15:22
本当にリバーの方が絶対イイと思う。
途中で、ヤク中のジムを救ってくれようとする黒人の努力って
いったい。。 
投稿者:ハラ軍曹投稿日:2001-09-23 04:22:14
最近やっと見ましたが、フツーーーですね。
普通の若者がヤクに手を出した瞬間から人生を転げ落ちかけました。チャンチャン、終了。全体を通した雰囲気がなかなかおしゃれだし、俳優も一流どころの若手だし、演出もなかなかしっかりしているようで、一応最後まで観れましたが。
フツーとしか言い様がないんですよね。まあ、公開当時に見るべき若手スター出演のライトなお洒落な映画なんでしょうか。
今観ると、実話って事を目いっぱい頭に置かないとどうにもならない映画ですね。本当なんですよってだけの映画。
ディカプはなかなかがんばってたけど、しっかり役をこなした程度で、大絶賛するほどでもないんだよな。言ってもしょうがないけど、リヴァー・フェニックスならもう少しよかったかなぁ。ホント言ってもしょうがないな。
投稿者:ぺぺ投稿日:2000-06-20 23:54:42
アメリカで学校での銃乱射事件の時に、犯人たちが影響を受けたらしい・・
とか問題になった作品ですよね。
作品としては麻薬に溺れる悲惨さを訴えたかったんだと思うけど・・
しかしレオはちょっと神秘的な役が多いですね。綺麗な青年ですもんね。
それゆえに悲惨さが伝わりにくかったのかも。
【レンタル】
 【DVD】バスケットボール・ダイアリーズレンタル有り
 【VIDEO】バスケットボール・ダイアリーズレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION