allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

永遠のエルザ(1971)

LIVING FREE

メディア映画
上映時間92分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(COL)
初公開年月1972/04/15
ジャンルドラマ/ファミリー
「野性のエルザ」から6年… こんなかわいいこどもを つれてエルザが戻ってきました
永遠のエルザ [DVD]
参考価格:¥ 1,523
価格:¥ 1,255
USED価格:¥ 798
amazon.co.jpへ

【解説】
 「野生のエルザ」の続編。動物保護区の管理官であるアダムソン夫妻は、育てた雌ライオン・エルザを野生にかえした。数年後、エルザは子供を生み、病気で死んでしまう。残された3匹の仔ライオンが家畜を襲い始めたため、アダムソン夫妻は、捕らえて保護区域に送ろうとする……。
<allcinema>
評価
【関連作品】
野生のエルザ(1965)正編
永遠のエルザ(1971)続編
野生のエルザ(1974)TVシリーズ
野生のエルザ2/新たなる冒険(1996)TVムービー
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
28 4.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2010-03-11 00:25:34
 「野生のエルザ」の正当な続編。

 最初の15分ほどは、実際の「野生のエルザ」のフィルムを使っての前回紹介で、続けて見るとつまらなく感じる。
 今作は、エルザが感染症で死にその子供を保護区に移送し保護しようというものだ。
 ライオンといえども、子供の頃は”エサ”の方であるが、その辺などおかしな部分がいくつもある。
 前作で、ライオンが一夫一婦制のような描き方で、批判があったのか今回は群れを強調している。

 前作は、男のマットモンローでの歌で、今回は JULIE BUDO という女性だ。

 主人公は狩猟監視官と妻だが、結局は人の襲われる可能性のある行為で行うのはやはり疑問だ。
 特に、2作目でありある程度対応しているとはいえこれは良くない。
 2作の間には6年の歳月があるが、世間の方が進み方は早かったように思う。

 主役の俳優が異なるが、理由が分からない。
 こういった作品では、極力変更すべきでないと思う。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】永遠のエルザ2014/11/26\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】永遠のエルザ <期間限定生産>2005/09/28\1,905amazon.co.jpへ
 【DVD】永遠のエルザ <初回限定生産>2005/03/25\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】永遠のエルザ2003/06/25\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】永遠のエルザレンタル有り
 【VIDEO】永遠のエルザレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION