allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

光る眼(1995)

VILLAGE OF THE DAMNED
JOHN CARPENTER'S VILLAGE OF THE DAMNED

メディア映画
上映時間98分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=UIP)
初公開年月1995/10/28
ジャンルSF/ホラー
光る眼 [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 991
amazon.co.jpへ

【解説】
 鬼才ジョン・カーペンターが'60年のイギリス映画「未知空間の恐怖/光る眼」をリメイクしたSFホラー。カルフォルニア州の海岸沿いの小さな町でその事件は起こった。いつもと変わらぬある晴れた日、時計の針が午前10時を刻んだその瞬間、突然、町で生活していた全住民が意識不明でその場に倒れこんだ。そして事件発生から6時間後の午後4時、住民達はまるで何事もなかったかの様に目を覚ました。が、変化は静かに起こり始めていた。その日を境に女性の住民達全員が“妊娠”していたのだ……。
<allcinema>
評価
【関連作品】
未知空間の恐怖/光る眼(1960)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
847 5.88
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2014-11-20 17:10:24
カリフォルニア州で人々が昏睡する事件が発生する。警察が捜査するが理由が分からず、復活した女性たちが次々と妊娠し同時に産まれるという怪異も発生した。子供たちは白い髪と光る眼で自分たちの邪魔をする大人たちを駆逐していく。C・リーヴは子供たちの秘密へ迫るが・・・。

あの名作「光る眼」をホラー映画の巨匠J・カーペンターがリメイク。最初から不気味なムードを漂わせているが中盤になるとおとなしくなってしまい失速感を感じる。しかしながら後半のリーヴと子供たちの対峙場面になると緊張感に溢れだし不気味さも再燃する。
DVDでの鑑賞だがカーペンター拘りのシネスコが奥行き感と5.1chがそこそこの迫力を醸し出していた。(H26/11/3)

原作「呪われた村」(ジョン・ウィンダム・ハヤカワ文庫・評価1・5)は古典SFの名作だが個人的には映画の方が面白く感じた。(H26/11/20)
投稿者:vegirama投稿日:2014-07-13 20:07:39
おもしろい
投稿者:こじか投稿日:2012-02-23 15:22:44
あまりグッとこなかった記憶があり、至って普通。
と書きたいところだけど、鑑賞当時にカーペンター作品だと認識して観ていたら、もっと純朴に愉しめたんじゃなかろうか。猛省します。
投稿者:namurisu投稿日:2011-11-02 11:59:34
描き込み1点。マーラはカワイイ。母親達のキャラ薄。時間経過なし。ジェダイ自滅。収穫はM・サレンジャー。
投稿者:なちら投稿日:2011-08-31 00:09:40
【ネタバレ注意】

カラーになって更にカーペンターが監督するとこんなにもB級臭が増すのか…。
宇宙人て事をハッキリ表す胎児の登場などはオリジナルには無かった部分だね。

自分が少し不満なのは、最後の戦いでレンガの壁を使った事。
そりゃ、オリジナルのレンガは最高だったけど、嫁との思い出の海を思う事で
思考を隠せたと言ったんだから、そのまま海を使えばいいのにって思う。

子供達が時計を見る時も、なぜ後頭部を見せるんだ?
彼らの表情が見たいのにー。

投稿者:ダークリーママ投稿日:2011-08-23 09:22:03
ファーストシーンからはずしまくりという感じ。いつちゃんとするかと思ってたけどそのまま最後まで行っちゃった。レンガの壁にはびっくり。あれってギャグ?男の子はかわいかった。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-27 21:14:54
キャストとジャケットに惹かれてかなり楽しみに見た映画。
実際見たら全然怖くはなかったけど雰囲気は好き。
スーパーマンとルーク・スカイウォーカーが年取った姿も見れたしそれだけで満足(笑)

『ストリート・オブ・ファイヤー』のマイケル・パレもいたな。
投稿者:ハッピーm投稿日:2009-02-24 17:22:17
【ネタバレ注意】

子供の頃、初めて見たときはあの光る眼と静かな恐怖感がずっと長いこと印象深かった作品だった。  久しぶりに再見してみたらどうにも恐怖感は感じなかった。  きっとオリジナルはもっと面白いのだろう。  街の人が一斉に倒れて女性が妊娠、生まれた子供がヘンな一体感持ち、頭の中を読む。 しかも性格は攻撃的。  実際にあったら恐ろしいが、そのリアリティさなんかは感じられないし、一人感情が芽生え始めてきた男の子のドラマももっと深く描いて欲しかった。 ホラーというより、普通のSFだけでよさそう。

投稿者:tomovsky投稿日:2007-11-24 13:01:31
だいたいリメイクとは知らないで観賞した。「監督:ジョンカーペンター」って書いてあったから観るしかないと思った。90年代中盤の作品にしちゃかなり古臭いなという感はあったのだが、B級テイストは好きだからそれ程気にならなかったな。「呪われた村」も1作目・2作目も観てなかったのが良かったんだと思う。BGMも含めて全体的にいい出来だと感じた。ただ、ビデオパッケージに張ってあった「5大スター競演」は意味ないな。好きじゃないが、マイケル・パレ早々に退場してるし・・・・・・。競演てレベルじゃないな。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2007-11-23 17:25:26
実に下らないんだが、ここまで来るとちょっと面白い。
でも、わざわざ見なくてもいいかも。
テレビでやっていて暇だったら…。違う意味で笑えるかも。
投稿者:ミッチェル五郎投稿日:2007-03-24 18:10:32
子供が怖くなる
投稿者:ASH投稿日:2007-01-26 22:14:26
【ネタバレ注意】

 思うに、デビッドはあぶれもんだったから、他の連中とは違っていたんじゃないかと。相手がいなかったことで、彼の中に「人間性」が芽生えたんじゃないかと。そう勝手に捉えると、パートナーの存在ってのも、考えもん?

 他の坊ちゃん・嬢ちゃんたちが不気味なのに対して、同じような風貌なのにもかかわらず、デビッドはなんか可愛げがある。演じるトーマス・デッカーは、後に「TSCC」でジョン・コナーを演じるだけに、この頃から片鱗が窺えるわな。

 失神中に妊娠して、そんな子供を産むかねぇ? という疑問。キリスト教の教義には、基本的に堕胎という選択肢はないんだよな。

投稿者:jedi knight投稿日:2005-10-17 00:04:04
【ネタバレ注意】

髪の毛の断面が、”頭文字[イニシャル]D”なんですか!
σ(・ω・*)の枝毛は、断面がDのような気がします・・・。

原作を知らないので、それなりに楽しめました。
しかし、誕生の秘密や目的が明かされないまま終わってしまうので、
肩透かしを食わされた感じです。

クリストファー・リーヴとマーク・ハミルの生年月日は、1952/09/25なんですね。
なんだかしんみりとしてしまいました。

投稿者:ぶくろう投稿日:2005-05-05 17:11:52
まぁ、それなりという感じです。
投稿者:FilmSeeker投稿日:2004-11-27 05:58:45
怖い映画と予想していましたが、全然怖くなく、ストーリーはくだらなくて、とんだ期待はずれでした。
キャストは豪華だと思いますが、「何だこれ」と言いたくなる様なつまらなさです。
ホラーとジャンル分けされていますが、この作品ならホラーが苦手な方でも全然大丈夫です。
投稿者:ジョー樋口2世投稿日:2004-09-27 16:21:50
ヒーロー3人の他、クロコダイルダンディの妻(リンダ)、
スポック博士のいとこ(カースティ)と超オールスターキャスト、
そして監督がカーペンターなんだから内容なんてどうでもいい。
作ってくれただけで充分。
映画史上の最重要作品の1本だ!!(市民ケーンや天井桟敷に匹敵する)
しかし観なくていい映画。俺は早回しでさえ途中でやめた。
原作はすごくおもろいのよ。
だからこのキャストそれぞれの最高の時代を思い浮かべて
本を読むと最高に幸せな傑作になると思う。
投稿者:eiji_in_uk投稿日:2004-06-15 01:43:19
キャストは良いね。で製作費もそれなりに掛ってるのでしょう?だのにオリジナルの良さがどこにも無い。見ていてかなり長く感じた。
投稿者:ブルマ大帝投稿日:2004-06-05 19:16:54
あんまし、冴えてなくとも。
「スーパーマン」と「コーディ」と「ルーク」の夢の共演!!
そんだけで。特に、リーヴが元気な最後の作品だし…!!!
カースティ・アレイもシリアス演技で、ちょっとモッタイナイけど…。
焼け焦げる人間(むやみに)、人体貫通(パッとしない)、奇形胎児標本(ビミョーなグロ)……!
当時、90年代も折り返しの時期に(!!)、
この、ダラ〜ッとしたB級SF臭が嗅げただけで満足…いや、結構スキだ!!!
投稿者:トレマー図投稿日:2003-04-17 23:16:04
まあまあかな。
投稿者:桃太郎投稿日:2002-10-25 22:15:48
 これはリメイクという事だがかなりつまらない。カーペンターの作品の中にあってはかなりの駄作。そこらへんにある怪獣映画よりつまらない。不気味さや恐さが全く伝わってこなかった。
投稿者:dadada投稿日:2002-03-24 22:55:30
ジョン・カーペンターが監督で、C・リーブ(スーパーマン!)、M・ハミル(ルーク・スカイウォーカー!)、M・パレ(B級SFのヒーロー!)が競演!...しかし...精彩のない出演者たち同様、映画自体も冴えないと言うか、パッとしないと言うか...。
投稿者:長春投稿日:2001-05-04 13:07:38
まさに昔の「光る眼」のリメークで、カラーと進んだ特殊効果が違うだけといったところだ。ラストの緊張感は昔の「光る眼」の方があったのではないか。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト・リメイク・続編賞 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION