allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ホームワーク(1989)

MASHGH-SHAB
HOMEWORK

メディア映画
上映時間77分
製作国イラン
公開情報劇場公開(ユーロスペース)
初公開年月1995/09/30
ジャンルドキュメンタリー
アッバス・キアロスタミ ニューマスターBlu-ray BOXII
参考価格:¥ 20,736
価格:¥ 15,411
amazon.co.jpへ

【解説】
 「友だちのうちはどこ?」で知られるイランの名匠キアロスタミ監督が、実生活で息子の宿題に疑問を抱いた経験から、宿題をテーマに、教育現場の実態に迫ったドキュメンタリー。シャヒッド・マスミ小学校を現場に、子供たちや親の姿をカメラに収め、イランの置かれた現代社会の姿を浮き彫りにしていく。
<allcinema>
評価
【関連作品】
友だちのうちはどこ?(1987)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:クリモフ投稿日:2011-05-03 15:49:17
この映画で先進国と一応言われる国に住んでいる我々が、我々の価値観で単に、酷いとか、逆にしっかりしているとか、そんな風に考えるのはやや視点がずれていると思います。ラストを宗教詩で終わらせる時点で他の文化とはまったく次元が違うわけで、それを「世界がもし100人の村だったら」的な感性で見るのはナンセンス。
この子達は準戦争状態で、すべての教科にイスラム教の要素があり、おこられてベルトでぶたれるのが「普通」なわけです。映画でもそこまで絶望的な表情をしている子供はいないし、むしろ困って悩んでいるのは大人のほう。教育なんてどこの国でも暗明の部分があるし、容易に比べられないしね。
その中で、やっぱり目を引いたのは子供ならではの解釈、喧嘩と戦争やら、罰とご褒美の違いなどシンプルな目線のほうが意外と的を得ているのが面白かったです。
でもまぁ、国内向けでしょうな。こりゃ。今現在だとイランでも随分意見が出そうだしね。結構見方が限定される作品だと思います。
投稿者:ふじこ投稿日:2005-09-18 15:23:49
宿題をやりたくてもできない、親もわからないから教えてもらえない、やらなかったらベルトで殴られる、できても御褒美もない・・子供たちの怯えたような表情からは子供らしさが見られず痛々しかった。
彼らがまた親になった時は同じことを我が子に繰り返してゆくんだろうと思うと気が重くなった。
ボーッとしてて宿題をど忘れしてたと言ってるうちの小学生とは違いが大きすぎる・・
投稿者:エバ投稿日:2005-04-11 14:20:30
を自問自答し、「相手を殺すことかな」と答えた子供が興味深かった。
こんな小さい頃から戦争のことやフセインのことを答える生徒たち。
生まれた時から戦争と背中あわせにある国はやはり違う。
なんせ朝礼で歌う歌は「フセインをぶっ殺せ!!」(!!)
テレビアニメもイラク人の捕虜になったイラン人のお話。
生徒の37%の親が文盲。壮絶です。
教育と環境は成長過程にある子供にとって本当に大切だと思った。

悪いことするとベルトでぶたれる生徒が多かった。
ベルトというところが…お国柄の違いか?
投稿者:skull & rose投稿日:2003-11-19 02:10:55
インタビューをうける少年のショットの合間に、少年を撮影するカメラマン、質問をするキアロスタミ自身のショットが時折挿入される。しかもそれらはきわめて小津的な正面からの構図であり、ドキュメンタリーという枠組みもなんだか心もとないものに感じられくる。既にキアロスタミはこの作品において、ドキュメント/フィクションといった境目をあざとく超え出ようとしているようだ。
【レンタル】
 【VIDEO】ホームワークレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION