allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

悪魔のいけにえ/レジェンド・オブ・レザーフェイス(1995)

THE RETURN OF THE TEXAS CHAINSAW MASSACRE

メディア映画
上映時間96分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(大映)
初公開年月1995/10/21
ジャンルホラー

【解説】
 名作「悪魔のいけにえ」でトビー・フーパーと共同で脚本を書いたヘンケルが20年の時を経て発表した衝撃の初監督作品。ストーリー的にはオリジナルとほぼ同じとも言えるが、ラストに現代的解釈が用意されている。本作の最大の見どころはヘンケルのオリジナルへのこだわりだろう。たとえばそれは極度の暗く殺伐とした映像であり、理不尽なまでに説明のない暴力の数々である。そして、これが“痛い”し“不快”なホラーではあるが流血の量で勝負するスプラッターではないという点も注目すべきであろう。ある意味ではメジャーな資金力により空転した大作となってしまったパート2と3に対して、あくまでインディーであり続けることにこだわったオリジナルのクリエーターの、これは回答であり挑戦であるとも言えるだろう。ホラーファン及びパート1のファンは必見の力作。
<allcinema>
評価
【関連作品】
悪魔のいけにえ(1974)シリーズ第1作
悪魔のいけにえ2(1986)シリーズ第2作
悪魔のいけにえ3/レザーフェイス逆襲(1989)シリーズ第3作
悪魔のいけにえ/レジェンド・オブ・レザーフェイス(1995)シリーズ第4作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
23 1.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:リベルタド!!投稿日:2018-06-29 23:58:24
【ネタバレ注意】

限りなくリメイクに近い続編。パート2とパート3はなかった感じ。いわばオリジナル第一作の直接の続編。実はこのシリーズ、いつもそうだということが判明。作品ごとに、いかに第一作をリスペクトしつつ、オリジナルな続編を創造するか!の大喜利のようなもの。
その観点では今回、かなりいい線いっているのでは!?
オリジナルのリアルかつドキュメントに近い“質感”を再現しつつ、ホラー映画が大好きな“プロム”とかティーンムービーの要素までぶちこみつつ、クライマックスはレザーフェイスのチェーンソーダンス!
まさに第一作のデジャブ!
しかも、ブレイク前のオスカー俳優二人が主演っていうのも伝説だね!

投稿者:ファルド投稿日:2013-03-23 15:08:22
オリジナルは傑作だったが、この作品は面白くなかった。異様さや不気味さを感じなく、ただ単にギャーギャー騒いでいるだけという感じでした。車のトランクにジェニー(R・ゼルウィガー)を入れたままドライブスルーでピザを買いに行くシーンとかは余裕あり過ぎだし、何か変だった。
投稿者:bond投稿日:2009-03-09 10:51:54
マシューとレニーがこういうのに出てたのね、レニーはまだムチムチしてなく、マシューは将来有望性を思わせる演技力をみせるが、作品そのものはあまり怖くない。レザーフェイスの不気味さと恐怖感が薄く、逆にかわいく見えてしまう。リムジンの男は誰?

http://sukifilm.blog53.fc2.com/?no=529

のおっしゃるとおりです。
投稿者:mirei投稿日:2007-09-17 06:30:27
今作に出てくる女装したレザーフェイスより、野村沙知代の方が何倍かリアルに怖い。
投稿者:プリズム5投稿日:2004-03-20 18:39:17
正直これは非道い出来だと思いました。あの変な姐ちゃんや、女装したレザーフェイスは一体何なのか。現代的解釈も実にくだらない。「3」の方が全然ましだと思います。
投稿者:S・T投稿日:2001-01-11 11:28:43
 この映画で私が一番印象に残ったのは、
殺人鬼一家の長男を演じたマシュー・マコノヒー氏です。
レニー・ゼルウェガー嬢の絶叫も、
ロバート・ジャックス氏演ずるレザーフェイスも、
マコノヒー氏の、「キレのあるキレた演技」の前に霞んでしまいました。
私にとってのマコノヒー氏の代表作は「評決のとき」よりも
この作品です。
【レンタル】
 【VIDEO】悪魔のいけにえ/レジェンド・オブ・レザーフェイスレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION