allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

リトル・オデッサ(1994)

LITTLE ODESSA

メディア映画
上映時間98分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(メディアボックス=シネセゾン)
初公開年月1995/12/23
ジャンルドラマ
リトル・オデッサ [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 1,161
USED価格:¥ 1,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 ロシア系移民街を舞台にしたある家族の物語で、最良のスコセッシ作品にも近い、張り詰めた調子が全編失われない。その閉鎖社会“リトル・オデッサ”に舞い戻ってきた青年ジョシュア(ロス)は殺し屋で、次なる標的がそこにいた。兄の帰還を人づてに聞いた弟ルーベン(ファーロング)は、こっそり勘当された兄に会いに行く。彼らの母は脳腫瘍で長くない。弟は厳格な父(シェル)が、スタンド売店の仕事で留守のうちに兄を家に招き入れるが、そこへ父が帰宅。兄は父を殴りたおし、そのまま出ていった。残った弟は体罰を受けたが、それを見た兄は父を表に連れだし、裸にして“殺す”とすごむ。二人の不和は決定的なものとなっていく……。やはりリトル・オデッサ出身で、己のルーツに忠実なデビュー作を放ったJ・グレイの演出は、近年のアメリカ映画には見られなかった鋭い切れ味をみせる。ゴダールのような銃撃戦といい、主人公が全てを終えたむなしさの中、かつての安らぎを思い出すラスト・ショットといい、神がかりと言ってもいいほどの出来栄え。キャストも完璧に近い。シェルが年老いてシブ味のにじむいい役者となったのが嬉しい発見である。母のレッドグレーヴは出番は少ないが、ラストにおける眼差しの深みが素晴らしい演技(94年ヴェネチア音楽祭助演女優賞、作品は銀獅子賞に輝いている)。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
327 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Normandie投稿日:2010-05-19 22:37:44
DVDの再発を希望する映画のひとつです。
それぞれの眼差しは深いが最後には元に戻れなくなってしまう。
NY・ブライトンビーチ・・映画の素材としては最高の街。ここには色んな顔があるもんだ。
悲しい瞳をした役者たちを揃えたから文句なしに素晴らしい。
この監督この後サッパリ出てこないがどうしてるの?
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-07-12 08:09:24
グッド・ムービー。
裏切り者への復讐と家族の愛。
静謐な画面も素晴らしい。
どこからともなく忍び寄って一発でターゲットを射殺する殺し屋。
焼却炉で燃えてゆく愛しき者。
「模型はお父さんの為に作ったって言ってたのよ」
「一緒にピアノを習って“罪と罰”を読んで聞かせたものだ」
誰もが愛し合い、認め合い、すれ違う…
「お前の為だ」…だがもう引き返せない。
この状態から一体何が出来たというのだろうか?
必然のように悲しい結末へ疾走する。
呆然自失のラストも秀逸だ。
「解説」は言い過ぎではないと思うが。
投稿者:投稿日:2004-07-04 23:32:12
【ネタバレ注意】

シーツごしの銃弾は「灰とダイヤモンド」に重ねてのものでしょう。
「灰とダイヤモンド」ではドイツから解放されたポーランド人に立ちはだかるソ連(ロシア)でしたがここではロシアから解放されたはずのユダヤ人(アシュケナージ)の前にに立ちはだかる「アメリカ」が描かれています。
いちばん大事な人を失うという結末は「ナッシング・パーソナル」を思い出させますがこちらの方がより希望がありません。

8年ほど前に見て忘れられず一年以上探してやっとDVDを手に入れました。

イスラエル建国の立役者ベングリオンがその妻と初デートしたコニーアイランドに程近いブライトンビーチの辺りはソ連崩壊以降移民してきたロシア人が多く住む地区です。ルーベンのアパートも地下鉄のブライトンビーチ駅のすぐ近くに設定されてますね。

投稿者:目茶男投稿日:2002-03-29 18:09:10
良かった。
この映画、大好きでビデオで
数え切れないくらい繰り返し見てる。
その度に胸がしめつけらる思いがする。
でもまた見ちゃう。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-08-18 12:16:59
先にここの解説を読んでしまったンで期待して
しまいました。
私はあまりよくなかった。
エドワードファーロングが意外によかったのは
ちょっとびっくりだったけど普通以下かな。
投稿者:sawao投稿日:2000-10-04 23:35:40
この映画 とてつもなくイイ映画
60年代 70年代 の良い意味での 味を
しっかりと漂わせているあたり もう最高
それから やっぱり 映画は 脇なんだ と
再認識させてくれました
ヴァネッサ・レッドグレーブ と マクシミリアン・シェル の良いこと よいこと
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 銀獅子賞ジェームズ・グレイ 
 ■ 助演女優賞ヴァネッサ・レッドグレーヴ 
□ 主演男優賞ティム・ロス 
 □ 助演女優賞ヴァネッサ・レッドグレーヴ 
 □ 撮影賞トム・リッチモンド 
 □ 新人作品賞ポール・ウェブスター (製作)
  ジェームズ・グレイ (監督)
 □ 新人脚本賞ジェームズ・グレイ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】リトル・オデッサ2014/12/17\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】リトル・オデッサ2000/03/24\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】リトル・オデッサレンタル有り
 【VIDEO】リトル・オデッサ<ワイド>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION