allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

テロリスト・ウォー<未>(1995)

DEADLY TAKEOVER

メディア映画
上映時間95分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルアクション/サスペンス

【解説】
 イスラエルの化学研究所にアメリカから国際的科学者の視察団がやってきた。しかし彼等は研究所の最新化学兵器を盾に大金をせしめようするテロリスト集団だった。あっと言う間に研究所を占拠したテロ・グループはアメリカ当局に対し5億ドルを要求。だがテロ集団とは知らずに彼等の護衛を担当したアメリカ大使館の警備兵ハットフィールド軍曹はいち早く現場に乗り込んで反撃の狼煙を上げるのだった……。
 大金狙いのテロリストに偶然居合わせたひとりのヒーロー。そして舞台は閉鎖されたビルの中--ここまで揃えばもうお分かりと思うが、ご存じ「ダイ・ハード」をもろにパクッた亜流アクション映画。しかしここまでやってくれると意外に面白く見られるもので、それ以外にも主人公がスティーヴン・セガール張りの空手アクションを披露したり、テロ集団のボスが「タイムコップ」のR・シルヴァー(これがほとんど「ダイ・ハード」のアラン・リックマンしてる!)だったり、最後には「スピード」の要素も加わって、近年ヒットしたアクション映画のおいしい所を全部拾い集めたような作品である。ただし音楽と効果音が陳腐! まぁ、この手の映画がいかに“音”というものに重要性があるかが判る意味でも面白い作品であるかも知れないが。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ダイ・ハード(1988)
タイムコップ(1994)
スピード(1994)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:塚原新投稿日:2009-06-12 02:48:45
解説の通り、典型的な『ダイ・ハード』もので、想像通りに話が進む。途切れずに続くアクションシーンはなかなか派手で、ある程度の工夫も感じられるが、格闘シーンや敵とのやり取りが単調な感は否めない。
目の肥えた観客は不満を感じるが、一般的には充分楽しめるレベル。J・スピークマン主演作の中では、出来はいい部類に入る。
【レンタル】
 【VIDEO】テロリスト・ウォーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION