allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

恋の凱歌(1933)

THE SONG OF SONGS

メディア映画
上映時間90分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(劇場公開)
初公開年月1933/09/
ジャンルドラマ/ロマンス
恋の凱歌 [DVD]
価格:¥ 3,920
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2007-01-08 12:06:13
孤児のディートリッヒが彫刻家のブライアン・エイハーンと恋仲になるが、彼は自分の立場を考えて、金持ちの男爵ライオネル・アトウィルに譲ってしまう。彼女は嫌々結婚するがエイハーンが裏切ったと思っている。一方、エイハーンは彼女の事が忘れられないまま、話が進行します。
2年前のガルボの「スザン・レノックス」と似たようなコンセプトで、ガルボに対抗して作られた感じの映画です。原作はズーデルマンですが、それを意識してこの小説が選ばれたのではないでしょうか。私はズーデルマンの小説は「故郷」しか読んでいませんが、サイレント時代から色々映画化されていますので映画向きの作家なのだろうと思います。
ディートリッヒが最初は純情な娘なのでイメージが違うと思っていると、後半は本来の彼女になって行くあたりはガルボと良い勝負です。この映画での役名が「上海特急」と同じリリーですが、もともと彼女の愛称が「マルレーン」だった事と合わせて、古いドイツの歌「リリー・マルレーン」を唄って大ヒットしました。彼女の唄は、それほどではないと思いますが、名前の一致が、余計人気を博したのだと思います。
エイハーンはジョーン・フォンテインの夫だった事ぐらいしか知らず、この映画で初めて見ました。それほどの役者ではないと思いましたが、少し気取った話し方がシャルル・ボワイエに似ているのに興味を持ちました。
相手の女性の事を考えて身を引いてしまうという行動が、人間的ではありますが、愛している女性からすれば、もっと動物的であって欲しいという場合もあるというのがこの作品のテーマだと思います。
なお、この映画の原題「ソング・オブ・ソングス」はエイハーンが造る、等身大のディートリッヒの裸像の名前です
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】恋の凱歌2017/08/25\4,667amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION