allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

エクソシスト2(1977)

EXORCIST II: THE HERETIC

メディア映画
上映時間118分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1977/07/16
ジャンルホラー
あれから4年-彼女は何をおぼえていたのか!?
エクソシスト ワーナー・スペシャル・パック(初回仕様/3枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,888
価格:¥ 3,499
amazon.co.jpへ

【解説】
 教会から派遣され前作の事件を調査するラモント神父(バートン)は、リーガンの中にまだ悪魔が取りついている事を知る。命を落したメリン神父(シドー)の悪魔払いが成功していなかったのか? ラモントはメリンが40年前に悪霊パズズとの戦いを繰り広げたアフリカに飛ぶ……。多少の不備を感じさせる脚本・演出・演技や、ショック・シーンがほとんど無い事もあってか批評家や観客はもちろん、製作者サイドからも失敗作のレッテルを貼られてしまったが、これは大ヒットしたオカルト映画の続編の姿を借りながら“善と悪”の戦いを真正面から描いた異色SFの秀作。劇中、重要な役割を果たす精神感応装置が登場するが、この映画は異能監督ブアマンと観客にとってのシンクロナイザーであったのかも知れない。民俗音楽も取り入れた驚異的なスコアはエンニオ・モリコーネ。
<allcinema>
評価
【吹き替え】

月曜ロードショー
※このデータは放送当時の情報です。
鈴木瑞穂リンダ・ブレアリーガン・マクニール
滝沢久美子リチャード・バートンラモント神父
此島愛子ルイーズ・フレッチャージーン・タスキン博士
松村彦次郎ポール・ヘンリード司教
広瀬正志ジェームズ・アール・ジョーンズコクモ
たてかべ和也キティ・ウィンシャロン・スペンサー
【関連作品】
エクソシスト(1973)シリーズ第1作
エクソシスト/ディレクターズ・カット版(2000)シリーズ第1作(ディレクターズ・カット版)
エクソシスト2(1977)シリーズ第2作
エクソシスト3(1990)シリーズ第3作
エクソシスト ビギニング(2004)前章
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15100 6.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:イエガー投稿日:2016-10-12 21:38:01
映像は結構好きです。リンダ・ブレアが駄目です。暴言は避けますが(笑)。モリコーネの音楽が駄目。誉めてる人多いけど。ちなみに俺はモリコーネ好きです。この映画にはあってない。夕陽のギャングたちを観た時にも感じたんだよね。映画にあってない、甘い。ちなみにブアマンはすきだよ。トータルで映画としては駄目。
投稿者:uptail投稿日:2014-11-17 09:48:58
演出:6
演技:6
脚本:5
音響:7
投稿者:sachi823投稿日:2014-02-09 11:11:03
ジョン・ブアマンが大ヒットした「エクソシスト」の続編
をつくるという立場を利用してやりたい放題してる感じ。
映画としては前作よりも面白いと思います。
登場人物たちがよく理解しているらしいことが
見ているこちらにはよくわかりませんでした。
投稿者:bond投稿日:2012-08-17 08:31:48
メッセージ性はあるけど、エンターテイメント的には失敗。女優リンダブレアのピークか。
投稿者:namurisu投稿日:2012-08-16 10:10:49
悪霊と精神医学と魔術と信仰とESP。難解だが善と悪の融合と対立。エチオピアのメリン神父もGOOD!
投稿者:gapper投稿日:2012-05-06 13:14:04
 今度は、バッタが悪魔に!?

 「黒い絨氈 (1954)」では、災害をもたらす害虫としてマラブンタ(蟻)が描かれていた。
 イナゴ(バッタ)も大発生して壊滅的な被害をもたらす恐ろしい存在ではあるが、その余りにも多い数による被害なのは明らかで悪魔とリンクさせるのはちょっとテンションが下がる。
 模型セットもバレバレでバッタの飛ぶシーンもB級カルト作品のようで個人的には”つまらーん”と言う感じが強い。

 リンダ・ブレアの丸っこい胸やシャロン(キティ・ウィン)の入浴途中で薄いガウンを羽織って玄関に出るところなど恐怖とエロをセットとする1980年代のホラーに繋がる演出のようだ。
 第一作は、廃れていた悪魔祓いの復活が大きく取り上げられ過去への退行=悪魔の復活という図式が引き込ませる大きな力となっていた。
 今回は、ちゃちなマシンを使って科学と真っ向対立の様な図式だがおざなりで「ヘルハウス(1973)」の様な科学と迷信と信仰の葛藤などもないに等しい。
 IMDbでも3.6ポイントという異例の低さ。(1は8.1、3は6.0ポイント)
 本当に恐ろしいのは、この評価かもしれない。

 虫笛は、「風の谷のナウシカ (1984)」の元ネタの気がする。
 評価は、ここだけ。

 制作費1,400万ドル、総収益約3,100万ドル(米)。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:さち投稿日:2012-04-15 16:25:50
普通
投稿者:なちら投稿日:2009-12-16 20:15:07
前作は、悪魔とは一体何か?みたいな物を感じたが、
今回はなんつーか壮大な物語でSF色の強い事もあって、自分は完全に物語を見失ってしまったよ。

ブアマンは勉強中なのだが、好みから外れてないし、
冷静に見ると少し白けてしまう様なうなされた感のある演出も好き。
神父はアフリカへ行くが、まるで別の惑星へ降り立ったかのような空気にもブアマンワールドを感じるよ。

良い場面は沢山あるんだけどね。話が面白くなかった事が残念…。
投稿者:かっこう投稿日:2009-10-28 23:25:43
【ネタバレ注意】

1では悲惨なことになっていたリーガンも、今回は特に実害なし(ショックシーンなし)。悪魔に打ち勝つすべを求めて世界を飛び回る神父だが、いまひとつストーリーがよくわからない。1では壮絶だった悪魔払いシーンも、あっさりと、特に何もせずとも悪魔払いが完了する。うーん、随分パワーダウンだなぁ。

投稿者:リEガン投稿日:2007-08-02 14:10:33
「エクソシスト」が好きで期待が膨らみ過ぎたせいか、ちょっと辛かった。しかし、エンニオ・モリコーネの音楽は最高。サントラのEPレコードは宝物だ。
投稿者:マジャール投稿日:2007-03-31 22:09:10
リチャード・バートンの重厚な怪演(?)にやられた。
飛行機とタクシーとアフリカが魅力的 ☆
モリコーネの音楽は、とんでもなくブッとんでます!!!
(冒頭、火だるまになる南米の女祈とう師が、気持ち悪いです。「ボルケー」「ボルケー」って、何の意味?)

ーーー評価は保留にしときます。
投稿者:DJazuma投稿日:2006-08-22 10:05:22
1作目と比べてしまう。とても惜しい。

ただ、あのラストシーンだけはかなりのインパクトだった。そこで全てを持ち上げた感じ。
投稿者:龍勝利投稿日:2006-06-20 10:49:48
「エクソシスト」は、メリン神父がリーガンの家の前に降り立つシーンが、ポスター・ビジュアルとして印象深いが、この続編はエンニオ・モリコーネの音楽。テーマ曲が踊る予告編が素晴らしい。ラスト近くのバラードも美しく、まさにモリコーネの名曲を観る映画だ。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-11-27 14:45:59
【ネタバレ注意】

ジョン・ブアマン's映像マジック。嫌いな人は嫌いだろう…
が、実に良く出来ている。ホラーファンの為のムービーでは無いのかも…
超常現象もエキセントリックというよりは、パニックムービー的と言えるかも。
多分ホラーファンが“退屈”と思うだろう辺りのストーリーが中々に面白く、出演者も魅力的なキャラクターを演じており、実に納得させる。
祓った筈の悪魔が…ってところがアレなのかな?心臓は掴み出され、悪魔の使徒は炎に焼かれるのだが…(誇張かも知れないが…嘘じゃないよね?)
3って…未見だが、そんなにグッドなのか?(本作を抹殺したいくらい)

投稿者:インベラー投稿日:2005-11-04 21:17:37
結構けちょんけちょんですな。シリーズ中私は一番好きです。モリコーネの音楽、後半、飛行機の中、列車の中タスキン達のタクシーの中でのやりとり。DVD版よりLD版のエンディングがいいです!1・3作目は人間ドラマとして楽しめましたが、2作目は魂のドラマとして楽しめました。97点!見れ!!
投稿者:かじゅ投稿日:2005-09-21 00:44:56
ぼくが思うに、この映画のだめなところは、
リーガン役のリンダ・ブレアーがブスすぎるんだな。
まぁ、一作目からそんなにかわいくはなかったが・・・
投稿者:jyonji投稿日:2005-07-09 14:23:06
【ネタバレ注意】

続編が第一作に及ばない映画は数多くありますが、この映画はその代表的な作品の様な気がします。
印象に残っているのはイナゴの大群位で、物語に興味が沸かないまま映画が終わってしまいました。
この作品の若いメリン神父と『ビギニング』のメリン神父はどちらの方が若い姿なのでしょうか?
何となく『ビギニング』を公開する事でこの作品を世の中から抹殺しようとしている気もします。
『エクソシスト』シリーズはホラー以外に人間ドラマが深く描かれており好感を持っているので余計に残念です。
DVDでシリーズを揃えたいと思う事もあるのですが、『2』が邪魔で揃える事を躊躇ってしまいます。
『ビギニング』の様にサブタイトルのみでナンバリングが無ければ『2』を無視する事もできるのですが『3』が存在するので無視する事もできません。http://saltsaltsalt.hp.infoseek.co.jp/

投稿者:サノバビッチ公爵夫人投稿日:2004-02-26 15:33:10
怪しすぎます。前作はお行儀がよすぎていまいち面白味に欠ける作品でしたが、これは風呂敷を広げすぎたのが奏功し、壮大なスケールの異常作となってしまいました。
いや、話はなんだかよくわかりません。しかも途中まではテンポも悪くモタモタした印象があります。
しかし、こんなスゴイクライマックスは見たことがありません。音楽もどつぼです。
投稿者:ヒッチ先生投稿日:2003-11-10 01:15:59
モリコーネのテーマ曲が印象に残る。サントラCDも買った。彼が音楽を担当するとどんな作品もよく思えるから不思議や。この映画はなんや知らんけど不評やが俺はそうは思わんで。8点はやれるわ。
投稿者:tomason投稿日:2003-06-01 13:28:01
先ずは解説の方に8点。あまり評価する人いないんですよねー、この作品。協会に通った人にはこのテーマは深いはず。とかく二元的と批判されるキリスト教世界だが、単純な善悪論だけではないとブアマンは言っているのでしょうか。冒頭のイナゴ飛び交うアフリカから一気にNYにパンする映像の美しい事。きまぐれなイナゴは、大人になってゆく過程での「悪」を取り込む為の免疫とも言える意味を持つのかも。同監督作品「ザルドス」でもそうだが、さまざまな価値観を認めうるのが人間と言う事かもしれない。全作も単なる"お化け映画"では断じてないが、こちらも地味ながら傑作と思う。ただこのジャンルの黄金ジンクスを守っていないのがいけません。有名俳優は主役にしちゃ駄目です。過去のイメージが邪魔して失敗する。R・バートン頑張っていますけど....ちょっと減点。
投稿者:カイルブロフロスキー投稿日:2002-02-09 17:02:06
【ネタバレ注意】

かつて悪魔バズスによってダークサイトに引きこまれそうになったリーガンに再び悪の手が接触してくる。
一方、メリン神父を調査していたラモント神父は悪の力を借りダークサイドに引き込まれてしまう。
イナゴの大群(TIEファイター)が飛び交い、クライマックスはあのマクニール家の中(デス・スター内)で行われる。
『仲間になるのだ、ジェッダーイ!拒否するなら死ね!』
バズス(皇帝)の前でダース・ラモントがリーガンに襲いかかるも、善なる心を取り戻し、皇帝ともども爆!
かくして、リーガンはジェダイの騎士になるのであった・・・

って解釈はダメダメですか?
「エクソシスト2」=「ジェダイの復讐」

投稿者:ASH投稿日:2002-01-19 12:45:06
【ネタバレ注意】

 しかし、大ヒット作とはたくさんの柳の下のドジョウを生むものだけど、その本家本元が無謀な続編を作ったりするんだから、ムチャクチャだよなぁ。あの世紀の名作を観た後で、「そういえば、リーガンってこの後どうなるんだろう?」という疑問を誰でも抱くとは思うが、それに応えてくれるものだとばかり思ったら…。

 イナゴの群れを振り払うリーガンは、なんか可笑しい。「エクソシスト」の正統な続編は「3」の方なので、「2」すっ飛ばしOKよ!

投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-09-13 23:31:19
私には最初に観たエクソシストが強烈すぎて地味に
感じてしまいました。面白かったけど、リ−ガンは
あのメイクした方がステキ。
投稿者:けいぞう投稿日:2001-07-14 17:20:18
最近、ワーナーからオリジナルサウンドトラックCDが発売されました(『脱出』も同時発売)。
リーガンが腕をひゅんひゅんと振り回してイナゴを鎮めるシーンにかかる音楽が大好きです。
投稿者:ユウティエン投稿日:2001-05-23 14:48:38
エンニオ・モリコーネの音楽は秀逸です。
投稿者:長春投稿日:2001-05-02 19:14:19
リンダ・ブレアが受ける精神感応装置の点滅と同調して、リチャード・バートンが夕日の前で揺れる場面とか、イメージをつないで観客に観念を示すブアマン監督の手腕が発揮されている。イナゴの集団行動を抑える「気ままなイナゴ」のエピソード、悪魔と対決する能力を持つジェームズ・アール・ジョーンズの話、リンダ・ブレアに神から期待される役割が、最後の場面で一気につながり、なるほどと感心させる。私も「気ままなイナゴ」として生きていこうと決心した。
【ミュージック】
【CD】 エクソシスト2 オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 1,296
1新品:¥ 9,980より   3中古品¥ 3,599より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION