allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

愛は静けさの中に(1986)

CHILDREN OF A LESSER GOD

メディア映画
上映時間119分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Par=UIP)
初公開年月1987/03/21
ジャンルドラマ/ロマンス
愛は静けさの中に [DVD]
参考価格:¥ 1,500
USED価格:¥ 903
amazon.co.jpへ

 Photos
愛は静けさの中に

【解説】
 小さな港町の聾唖学校に赴任した熱血教師と、そこで働く聾唖の女性との出会いと恋。甘いメロドラマに流れることなく“障害者の真の精神的自立とは何か?”というテーマ性を打ち出しているところに好感が持てる。原作はマーク・メドフの『小さき神の子ら』。深夜のプールで、全裸で泳ぐヒロインを捉えたカメラが美しく、水中の無音の描写と聾唖者の孤独を、映像と音でダブらせて描いているあたり、監督の力量を感じさせる。ズブの素人だったM・マトリン(彼女は実際に聾唖者)の、透明感のある演技には目を見張るものがある。アカデミー主演女優賞受賞。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
542 8.40
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:hitomi投稿日:2013-11-22 11:31:07
ストーリー紹介文を読んで良さそうだと思って観たけど、イマイチ。。。ってゆーか、あまりピンと来るものが感じられなかったな〜。
つーか、サラはろうあ者だと初めっからわかってるんだから、手話で話すのは当たり前だけど、観る側は健常者もいるわけなので、サラの手話をその言ってる相手がイチイチ訳す必要性があるのか?!って思った。
( )で台詞の字幕を入れてくれれば良かったのにな〜。
相手がサラの言ってる事を訳しながら自分の台詞も喋るという設定が逆に興醒めしたわ。。。
キャストの演技がみんな良かったので、逆にその部分が妙に引っ掛かって映画の面白さが半減された気がした。http://dominoeiga.seesaa.net/
投稿者:sachi823投稿日:2013-08-04 22:16:57
冒頭からきわめてムード良く、
この種の作品にありがちな不純物が
いっさい感じられず非常に気持ちよく
見られた作品でした。
ウィリアム・ハートとマーリー・マトリンが
そろって名演で、お互いの信頼関係が
想像できました。


投稿者:TNO投稿日:2012-01-18 00:27:27
これは、正にマーリー・マトリンのための映画。体当たりの演技とは、こういうことをいうのだろう。障害者に対する気遣いが、本人にとっては平等に扱われていないというストレスになるということがこの映画でわかる。ただし、本作がエクセレントと感じられないのは、マトリンとウィリアム・ハートの復縁のきっかけがないのに、何となく縁りを戻してしまうこと。パイパー・ローリーのお母さん役も良し。
投稿者:namurisu投稿日:2011-04-07 13:26:13
‘沈黙と音の間の世界’ラストのセリフと手話にすべてが集約されている。
投稿者:gapper投稿日:2010-12-29 21:59:15
 マーリー・マトリンのデビュー作品。

 プールで一人泳ぐサラ(マーリー・マトリン)が、美しい。
 単なるサービスショットだと思っていたが伏線で、後にジェームス(ウィリアム・ハート)が泳ぐシーンが出てきて聾唖の世界の表現であることが分かる。
 タイトルショットで小さなカーフェリーでジェームスが初出勤するシーンが有り、舞台が孤島なのかと勘違いさせる綺麗なだけのシーンと大違いだ。

 聾唖者の精神的な自立を描いていて秀作だが、現実はむしろ周りの意識や瑣末な出来事の積み重なりの方が厄介で問題であると考える。
 ただ、それを丹念に描くと教育教材で映画とは言えなくなるだろう。

 マーリー・マトリンの演技が素晴らしいという評価が多いが、アカデミー主演女優賞レベルと言うと個人的には疑問を持つ。
 育った環境のせいかもしれないが、表現が不十分に感じる部分が有った。
 それが、聾唖者と言う者の固有の表現なら良いのだがどちらなのか明確でない。
 役としては完全に聞こえないが、実際は20%ほど聞こえるようで、その影響なのかもしれないが映画作品としては注意深く演出して欲しかった。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-04-10 22:54:30
普通のラブストーリーでしたよ。ウィリアム・ハートと生徒の交流シーンは少ないし、一人の生徒のその後については投げっぱなし。ヒロインは綺麗だったが、彼女が学位も金もある人に対して抱く怒りも全然描かれていなかった。今のイーストウッドが監督したらもっと記憶に残る映画になっていただろうな。星一つ半。俺はお棺を運んだ後に手を洗った記憶は無いがね。
投稿者:時空争奪投稿日:2008-06-21 13:05:28
聾唖者を主役に据える時点でジャーナリスティックな
厭らしさを感じてしまうが、
映画の方も不快な演出に満ち溢れている。

特にプールやダンスのシーンは最悪で、
いちばん大事なところを情緒的なやり方で済ませてしまうのは
演出を放棄しているとしか思えない。
投稿者:ASH投稿日:2002-11-04 22:19:15
実際の聾唖者が聾唖の役を演じてオスカー受賞とは出来過ぎでは、と思った。
が、この映画を観てそんなことは吹っ飛んでしまった。M・マトリンが素晴らしい!
ラブストーリーとしても素晴らしく、もう少し評価されてもいい映画でないの?

舞台劇のことは知らんが、原題は『小さき神の子ら』って意味だったのね。
僕は原題からは"神の恵み少なき子供たち"と言う意味だと思っていたのよね。
投稿者:Longisland投稿日:2002-10-29 13:01:18
本作の元になった舞台劇『小さき神のつくりし子ら』加藤健一・熊谷真美(1985年頃)を観て感動して立てなかった思い出があります。 舞台ではサラは最後までしゃべらず、サラがしゃべった時(しゃべり方)の衝撃 そして彼女の語る過去・・・・
舞台と映画の表現方法の違いですが、舞台で受けた↑衝撃は薄いものの、映画ではマトリンの美しさが絶品(別に熊谷真美さんがどうのではないものの)
プールのシーン、二人で踊るシーン、マトリンが画面にいるだけで素晴らしい、美しく悲しく感動的な作品。
投稿者:OS投稿日:2000-11-22 16:59:29
主演女優のマーリー・マトリンの美しさには目を見張ります。
彼女は実際に障害があるのはこのページで知りました。
アカデミー賞の主演女優賞を取ったこともここで知りましたが、
納得です。とにかくすばらしい映画です。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 主演男優賞ウィリアム・ハート 
 ■ 主演女優賞マーリー・マトリン 
 □ 助演女優賞パイパー・ローリー 
 □ 脚色賞ヘスパー・アンダーソン 
  マーク・メドフ 
■ 銀熊賞(テーマの扱いにおいて)ランダ・ヘインズ 
□ 作品賞(ドラマ) 
 □ 男優賞(ドラマ)ウィリアム・ハート 
 ■ 女優賞(ドラマ)マーリー・マトリン 
□ 脚色賞マーク・メドフ 
  ヘスパー・アンダーソン 
【レンタル】
 【DVD】愛は静けさの中にレンタル有り
 【VIDEO】愛は静けさの中にレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION