allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ジュマンジ(1995)

JUMANJI

メディア映画
上映時間104分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(COLTRI)
初公開年月1996/03/20
ジャンルファンタジー/アドベンチャー/ファミリー
ブルーレイ2枚パック フック/ジュマンジ [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,065
価格:¥ 1,700
USED価格:¥ 2,831
amazon.co.jpへ

【解説】
 ボードに浮かび上がった指示通りの事が現実となってしまう呪われたゲーム“ジュマンジ”をめぐるパニック・ファンタジー。
 100年前に封印された奇妙なボードゲームを手に入れた少年アランは友だちのサリーとゲームを始める。だが、ボードのメッセージ通りの事が起きた上、アランはどこかに消えてしまった。それから26年後、売りに出されていた屋敷に移り住んできた幼い姉弟ジョディとピーターは屋根裏部屋でそのゲーム“ジュマンジ”を発見。実は26年前のゲームはまだ続いていたのだ。そしてゲームから出現した猛獣たちによって静かな町はとんでもないパニックに襲われる。ルールに従って今や大人となったアランも復活、事態を収拾するにはゲームを終わらせるしかない事を知った3人は、残ったメンバーであるサリーの元を訪れる……。
 ILMのCGによって生み出されたライオン、猿、サイ、象などの猛獣が引き起こすパニックが主眼だが、そんな特撮主体のお子様映画になっていないのが良い。26年前の主人公を描いたプロローグと、全てが終わった後のエピローグがこの作品を少しばかり味わい深いものとしている。ただのアトラクション映画にさせまいとする(そうなる可能性の方が強かったが)スタッフのゆとりが感じられる作品だ。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ザスーラ(2005)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
20140 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-09-04 22:07:39
ぜんぜん楽しめなかった!
投稿者:nabeさん投稿日:2012-08-19 18:43:17
R.ウィリアムズ主演のファンタジーコメディである。
誰かが上がるまでは永遠に終わらない恐怖のすごろくゲームが題材なので、日本人にも解りやすい。サイコロを順番に振るたびに驚きの事象が起きるので、結構ワクワクする。基本的に子供向けのSF映画であるが、そこはハリウッドらしく家族愛を絡めたりしてホロリとする場面も少なからずあり、なかなかアットホームな出来で好感が持てる。
まだ13歳のK.ダンストが可愛い。サラ役のB.ハントもキュートだ。
投稿者:uptail投稿日:2012-01-02 12:59:56
キルステン・ダンスト
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-05-06 12:29:16
象たちの暴走より蔦がパトカーを潰してお持ち帰りするシーンの方が印象に残った。キルスティンのファンは絶対観るべき。
投稿者:こじか投稿日:2010-04-26 04:38:33
ごめんなさい。
これはお話も中身もありませんでした…。
投稿者:なちら投稿日:2010-03-03 00:03:12
R・ウィリアムズがグイグイ来てた時代の作品だから新鮮さは無いんだけど、今見ても十分楽しめる。
CGライオンやらCGサイが出て来ても想定内だから何も思わないが、
ハンターが出て来るっつーのはちっと不気味ね。
あ、ジャングルに人間もいるんだ?って。

息子に辛く当たっていた父親が、私財を投げ打って彼を捜索していた事実が判明する場面は泣かす。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2009-06-28 20:42:39
【ネタバレ注意】

僕等はジュディとピーターを忘れない。

少しですが“素晴らしき哉人生”入ってますね。スニーカーの発明が無駄にならずに済んで良かった。

そんなアイデア男が警官になって、嘘つきキルスティンと少年、復活したロビンとヴァンペルト、ゲームを始めた彼女が大騒ぎのコメディを展開します。

まぁCGは売り物なのかもだが、この手の技術(ってかコンピュータの能力)は現在においてもまだ発展し続けている訳で…まぁでも良く出来てます。結局、その時出来る範囲で「何を描こうとするか」って事ですからね。そういう意味では結構な迫力です…ってかギャグ。怖いけど笑える。

発明家な男もだが、ロビンの家族、そして彼女の人生〜未来に出逢った姉弟の両親も…全てのアンラッキーを回避しての幸せなクリスマスはゲームを上がらなかったら得られないもの…だったかも知れない。

投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-01 23:42:46
CGで描かれた動物たちと、子役時代のキルステン・ダンストの可愛らしさは一見の価値があるが、ストーリーがあまりにチープに感じてしまい、最後まで楽しめず…残念(>_<)
投稿者:paris1895投稿日:2008-01-02 04:47:18
 この見事なプログラム・ピクチャーを率先して擁護しよう。
 リズムも緩いし、展開に気に食わない点もあるが、そんな事はどうでもよろし。

作家主義をかなぐりすてた映画監督の孤軍奮闘を否定するなど愚かな事だ。
CGというものにいまだ夢があった時代の遺産として、この映画を否定する事は好まない。
投稿者:フェニックス投稿日:2007-08-24 22:15:31
【ネタバレ注意】

リアリティのあるCGで次から次へと現れる異様な生物たち。設定も登場人物も面白い。
ラストこれでよかったんだろうと思いつつ、ゲームが終わると同時にそれまで経過していた時間がすべてゲーム始まりの時間まで戻ってしまいましたね。
このゲーム命をかけてクリアしたわりには、時間が戻る以外には賞とか何もなさそう。

投稿者:ロビーJ投稿日:2007-05-02 19:12:23
小学生の頃ハマリまくっていた映画です。録画したビデオで何十回も見てました。主演のロビン・ウィリアムズが大好きだったしストーリーも楽しかったものです。今見るとどこがそんなに面白かったのかなぁ〜と思ってしまいますが時間と共に好きなジャンルや映画の見方が変わっていくのがとても面白いです。今面白くないと思っている映画でもいずれは好きになるかもしれないんですからね!映画って本当に素敵なものです。
 この『ジュマンジ』には少女時代のキルスティン・ダンストも出てましたね!この頃から私は彼女の事が好きだったので今彼女の人気が高くなっているのも嬉しい限りです。
投稿者:bond投稿日:2007-02-22 09:26:55
やっぱ ロビン・ウィリアムズがいるから良かったんじゃないかな。でも少年が何十年も過酷なサバイバルできるか?後半はジュラシクパークですな。
投稿者:たにし投稿日:2006-09-24 13:10:26
つまんなかった。というか、ロビンが正直うざいと思えてしまった。
映画事態は、そういうもんか で終わってしまうのだが。。

■車運転するCGモンキーたち
が見所です。
投稿者:4531731投稿日:2006-03-13 00:46:18
 スリルどころじゃない。怖いw この映画。適度にギャグや人間ドラマも混ぜ込んであって何重にも楽しめる。あの遅いサイは好きだな。
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-02-19 19:59:46
特撮がちょっとね。
投稿者:jyonji投稿日:2005-06-13 00:07:57
【ネタバレ注意】

映画の売りであるCGで作成された動物の群れは動きがぎこちなくも感じますが良くできています。
しかし、アニマトロニクスで作成された蜘蛛は最低クラスです。
ゲーム盤ジュマンジの発想は面白いですが、ゲーム盤から英国ハンターが出てくるのは映画の雰囲気に合っていない様に感じました。
全体としてハラハラ感が出し切れていない感もありますが楽しめる映画です。
ラストのほのぼの感が、この映画の品質を上げています。http://saltsaltsalt.hp.infoseek.co.jp/

投稿者:william投稿日:2005-02-07 19:18:46
中学生の時、国語の授業中に見せてもらった事がある。ゲームの具現化はこの頃としてはなかなかショッキングで、リアルな世界観を楽しめた。
幼い頃のキルステンがかわいい。
投稿者:ふじこ投稿日:2004-11-10 15:16:47
ただドタドタしてるばかりの映画かと思ってたが、結構楽しんで観られた。ゲームが終わっておしまいかと思ってたが、ちゃんと続きがあったので安心した。キルステンがまだあどけないですね。
投稿者:まりっぺ投稿日:2004-04-05 09:38:41
95年作品にしてはCGが良く出来ていて良かった♪
いろんな動物(猿、ゾウ、ライオン、コウモリ等)楽しみの一つだし
恐怖ゲームと言ってもそんなに怖くないし
気軽に家族で見れる映画です。
投稿者:トレマー図投稿日:2003-04-11 23:18:50
小さい頃に大好きだった絵本が映画化。相当楽しみにしてた分、かなりがっかり。
投稿者:まきむら投稿日:2003-02-23 10:50:27
良く云えば「奇想天外」な話。
おサルのピーターがかわいかったので、星1個おまけ。
投稿者:もーがん自由人投稿日:2002-12-14 08:01:31
以前に原作の絵本を読み、「おもしろい話だなあ」と思っていたので映画化の話を聞いたときはビックリ。案の定原作のスケールを上回る楽しい作品に仕上がっていき大満足。でもラストは原作の方がいいですよ。思わずニヤッとしてしまうラストを立ち読みでもいいからチェックしてみてね。
投稿者:eddie投稿日:2002-08-30 23:20:39
わけのわからないうちに押し流されてしまうような映画だ。それがまた心地よい。それに、ゲームの結末の後のほのぼのぶりはいいねぇ。こういう映画、好き。
投稿者:ASH投稿日:2002-07-06 22:51:27
【ネタバレ注意】

「フック」「ジャック」と共にR・ウィリアムスお得意の子供な大人の役。

ボードゲームが現実化するアイデアは確かに面白い。迫力ある特殊効果もまずまず。

動物たちが暴走するシーンのCG効果は素晴らしい。猿はいかにもCG然としているが。

ただ、やっぱりロビンの子供な大人の役はもう沢山、というのが正直な感想。

子役時代のK・ダンストの出演に注目!2役で出ているJ・ハイドの怪演も見もの。

投稿者:きょう投稿日:2001-06-01 08:45:04
子供(小4くらいの時)と何回もみたのですが、音楽と画像を楽しみました。
ビデオで親子が見て、動物物で話題がひろがりました。
しばらくは、「ジュマンジ」みたいだ。という表現を使って、奇想天外で破天荒なことを言ってました。そして、映画を見てから、本を読んだりしたので、子供にとって、ファンタジー映画の入り口となった1作です。
投稿者:N-T投稿日:2000-08-14 01:57:23
特撮を売りにしている映画はコケそう...と思ってみると騙されます。巧みに伏線が張ってある脚本は出色(よく見ると重要な登場人物が一人二役で出てます)。
しかし、肝心の特撮は全体的には今一つかも...たしかにCGは物凄いが、アニマトロニクスがちゃちすぎて勿体無かった。
【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION