allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

コピーキャット(1995)

COPYCAT

メディア映画
上映時間124分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1996/03/16
ジャンルサスペンス
コピーキャット [DVD]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 7,900
USED価格:¥ 3,359
amazon.co.jpへ

 Photos
コピーキャット

【解説】
 猟奇殺人に詳しい心理学者ヘレンは大学での講演後、カラムという青年にトイレで襲われる。辛くも一命を取り留めたものの、ヘレンはこの事件が契機となって“屋外恐怖症”になっていた。それから一年後、サンフランシスコ郊外では女性ばかりを狙った猟奇殺人が多発していた。事件を担当する女刑事モナハンは、自宅に閉じこもりっきりのヘレンに協力を要請。分析の結果、犯人は過去に起きた様々なシリアルキラーの手口を真似ている模倣犯(コピーキャット)だと断定された。だが、なおも犠牲者が続く中、犯人はヘレンに対し挑戦状を突きつけてきた。そして犯人とカラムには接点のある事が判明するのだが……。
 「羊たちの沈黙」に始まり、「セブン」と並んでサイコ・キラー映画の代表格とも呼べる作品だが、2大女優の共演ほどにはストーリーは盛り上がらない。個々のサスペンスは悪くないが、肝心の犯人像が曖昧なために強力な敵としての魅力が備わっていないのだ。犯罪史上有名な連続殺人を細部に至るまで真似をするという設定が申し分ないだけに少々残念である(S・ウィーヴァー+H・ハンターというチビデカ・コンビに匹敵するキャラクターじゃなきゃ弱い)。
<allcinema>
評価
【関連作品】
羊たちの沈黙(1991)
セブン(1995)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
320 6.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ここちち投稿日:2019-05-01 18:27:37
二十数年ぶりに二度目の鑑賞。

劣化版『羊たちの沈黙』ってかんじだけど、
なぜかわりと好きな作品。

それにしてもハリー・コニック・Jrさんは
有名な歌手らしいけど、よりにもよって
なんでこんな気持ち悪い犯罪者の役を
やったんすかねw
投稿者:scissors投稿日:2012-09-06 21:04:48
キャスティングが全くノーセンス。
で、脚本、演出、演技はどれも3〜4点て感じでテレビドラマに毛がはえた程度。
話の構成が悪いし編集も冗長ぎみなのでダレるし飽きてくる。
終盤もオチが見え見えなのに引っ張るのでウンザリ。

これ、主演の女二人とハリー・コニック・Jrに意外性のある役をやらせたかっただけなんじゃないのか。
結果三人ともミスキャストにしか思えないけど。
投稿者:gapper投稿日:2012-06-02 18:21:32
 「知らなすぎた男 (1998)」のジョン・アミエル監督の真面目なサスペンス。

 期待していなかったせいか、楽しめた。
 主人公ハドソン博士(シガーニー・ウィーヴァー)の屋外恐怖症など、中途半端に感じる演出は多数在る。
 「羊たちの沈黙(1990)」とは比較にならないものの、期待せずに見ればきっとそれなりに楽しめる。

 モナハン(ホリー・ハンター)とルーベン(ハリー・コニック・Jr)の関係もいまひとつで、あれもこれも中途半端ではある。
 しかし、次々と事件は展開され予備知識などがなければ飽きることはない。
 模倣犯であることも”発見”する部分など、劇的に強烈なインパクトのある演出にすればかなに印象は変わったと思う。
 どうも監督の性格に起因するのではないかと思うのだが、ジョン・アミエル監督はコメディの方が合っているのではなかろうか。

 制作費2,000万ドル、総収益約3,200万ドル(米)。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:こじか投稿日:2011-07-18 22:14:18
当時「クラッシュ(クローネンバーグ)」と同時期に鑑賞したもので、ホリー・ハンターが出てくるだけでハラハラしてました(本作へは超関係ない)。
普通に楽しめました。
投稿者:william投稿日:2011-02-16 10:15:13
犯人がなんかただの変態みたいな感じ。
ストーリーや設定は悪くないけど、ところどころ粗がある。
投稿者:Naka.d投稿日:2006-03-17 00:46:02
丁寧に作られているし、各エピソードにも収集をつけているはいるが、話の内容が普通であるし、登場人物の内面の描かれ方も中途半端。ちょっと長く感じてしまう出来。
投稿者:かっこう投稿日:2002-11-10 11:15:25
完全にコピーするというアイデアは面白くて、最初はドキドキしながら見てたんだけど、だんだん普通の殺人鬼に見えてきて‥。
同僚の刑事が全然関係ないところで死ぬのもどうかと。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-10-12 16:55:32
つまらん
投稿者:ゆうじ投稿日:2001-05-20 01:20:28
主役の2人の演技のおかげで、それなりには仕上がってはいる。しかし、ストーリー展開や犯人像にまったく意外性なし。犯人に追い詰められる主人公たちの恐怖感や緊張感が弱いのもマイナス。中の下の出来といったところだろうか。

ストーリー的にまとまっていてわかりやすいんだけどね・・・。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】コピーキャット1999/03/17\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】コピーキャットレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION