allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

12モンキーズ(1995)

TWELVE MONKEYS

メディア映画
上映時間130分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(松竹富士)
初公開年月1996/06/29
ジャンルSF/サスペンス
12モンキーズ(Blu-ray Disc)
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,391
amazon.co.jpへ

【解説】
 「未来世紀ブラジル」のT・ギリアムが、クリス・マルケルの短編映画「ラ・ジュテ」(62)を基に作り上げた時空SFの異色作。
 1996年に発生した謎のウィルスにより、全人類の約99パーセントは死滅した。そして2035年、地下に住んでいた人間たちはその原因を探るため、一人の囚人を過去へと送り出す。糸口はたったひとつ、“12モンキーズ”という謎の言葉のみ。しかし主人公コールが送られたのは事件が起きる6年前、1990年だったのである。彼はそこで精神病院に入れられてしまい、謎の男ジェフリーに出会うのだが……。
 未来・現在・過去を錯綜するストーリーを様々なビジュアル・イメージ(未来世界と雪で覆われた地上の都市など)とエキゾチックな音楽で彩った風変わりな作品と言ってのけるのは簡単だが、アクションでもホラーでもない純然たるSF映画をこうして造り上げたギリアムの手腕には頭が下がる。パズルのピースが埋まるような話のスムーズさには欠け、長尺のせいか中だるみも感じられるが、一般的に言われているほどの失敗作ではないだろう。B・ウィリスは無難、M・ストーは多少浮いており、B・ピットは完全な儲け役であった。舞台裏を捉えた「メイキング・オブ・12モンキーズ」も有り。
<allcinema>
評価
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aファイト・クラブ (1999)
[002]Aフィッシャー・キング (1991)
[003]Aシャイニング (1980)
[004]Aミッション:インポッシブル (1996)
[005]ACUBE (1997)
[006]Aシザーハンズ (1990)
[007]A未来世紀ブラジル (1985)
[008]Aバック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 (1989)
[009]Aスピード (1994)
[010]Aマトリックス (1999)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
23182 7.91
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2016-05-31 21:10:49
【ネタバレ注意】

私的には傑作の1つと位置付けたい作品。テリー・ギリアム作だと本作と『未来世紀ブラジル』がトップ2かなあ。

空港でのエンディングシーンをオープニング他、途中何度か挟む思わせぶりの凝った構成。このパズルゲーム的アイデアが本作の肝で、完成度を高めるのに随分貢献している気がする。

ブルース・ウィリス、ブラッド・ピットの2ショットがふんだんに見られるのも本作の魅力の1つ。

加えて、ポール・バックマスターの奏でる印象的な楽曲も本作を彩る良き装飾品であると思う(http://www.allmusic.com/album/12-monkeys-mw0000646539)。

精神科女医を演じるマデリーン・ストウが振りまくフェロモンもすごい。『黄昏のチャイナタウン』でのジャック・ニコルソンとの共演(エロシーン含む体当たりの演技が良かった)以来ずっと注目している(最近だと連ドラ『リベンジ』でのドロドログチャグチャした怪演もお見事!)が、この当時の美貌には欠点のかけらもない感じ、ってこれはあくまで私の主観ではありますが。

p.s.
Huluで本作品を連ドラ化、リメイクしてるのかあ。時間が許すのであればいつか見たいなあ。

投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-01 03:40:58
ブラッド・ピットが素晴らしい。
投稿者:さとせ投稿日:2015-03-18 19:59:35
1996年に人類の99%が滅び生存者は地下都市に暮らしていた。科学者たちはタイムマシンにてB・ウィリスを1996年に送り込むが誤って1990年に送ってしまう。ウィリスは警察へウイルス情報を流すが信用する筈なく精神病院へ入院させられてしまう。そこで精神科医のM・ストウや患者のB・ピットと出会い脱走を図るが失敗し何故か未来の2035年に戻ってしまう。1996年へ送り込まれるが又もや誤って1917年の第1次世界大戦に行ってしまい写真に写りこんでしまう。ストウはその写真を見てウィリスの話を信用し一緒に行動するようになり12モンキーズの謎を探るが・・・。

ようやくDVDにて鑑賞。タイムマシンにて色々な場面に行くのが面白く当然ながら狂人役B・ピットも若い。特にラストの絶望さは流石T・ギリアムでM・ストウの美しさも特筆。DVDはdts収録されていて効果絶大。

ノヴェライズ「12モンキーズ」(エリザベス・ハンド・ハヤカワ文庫・評価2・5)はノヴェライズにしては詳細で深く映画を知りたいファンにはお勧め。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-09-04 21:05:12
意味不明であった。
投稿者:sachi823投稿日:2013-11-17 16:08:34
奇妙な雰囲気のSF映画。
ブルース・ウィリスは終始つまらなそうな顔。
ブラッド・ピットの弾けたおぞましい演技、
あれはやり過ぎ。
投稿者:UFO投稿日:2013-10-28 22:22:17
割と好きな作品。
投稿者:jb投稿日:2012-08-01 08:06:11
割と好き。
投稿者:ジーナ投稿日:2011-04-10 12:06:07
ウィルスで壊滅状態となった未来から「12モンキーズ」という言葉をヒントにウィルスがまかれる前の時代にやってきた男の奮闘を描くSFサスペンスです。

未来社会の世界観や暗めの映像、一筋縄ではいかない雰囲気や悲哀感などはテリー・ギリアム監督らしいですね。
美術全般のセンスも素晴らしかったです。

タイムトラベルを題材にした映画はあまり好みではないですが、過去と未来の繋げ方が絶妙でした。
過去も一点だけでなく、いくつか用意してあるのが面白みになっています。
もう少し序盤をテンポアップできると良かったかもしれません。

人間臭くて温かくて凛々しくてセクシーなブルース・ウィリスは全裸披露のサービス付き(笑)
喜ぶ人が何人いるかは分かりませんが(爆)
ブラッド・ピットの狂気めいた奇妙な演技は必見。
アブナイ奴を演じる彼は本当に生き生きしてますね。
知性と母性を兼ねそろえたマデリーン・ストーの美しく強い女性像も印象的でした。
他にもクリストファー・プラマーにデヴィッド・モースなど曲者が脇を固めており、豪華なキャスティングだけでも観て損なしでしょう。

ルイ・アームストロングのワンダフル・ワールドを使うタイミングも絶妙ですし、あえて陳腐にした演出も効果的だったと思います。
感情移入は出来ませんが、テリー・ギリアム特有の分かりにくさもないので比較的見やすい作品になっています。
様々な謎やエピソードや伏線がもっとピシッと繋がってくれれば秀作になったかもしれませんね。
投稿者:nedved投稿日:2011-02-22 18:15:09
マデリーン・ストー
投稿者:bond投稿日:2011-02-22 09:32:41
まず、ブラピの演技がなかなかよく、マデリーン・ストーって美脚。話しはアバウトなタイムマシーンと情報に翻弄されるつつ必死に頑張る男。でもって任務失敗。SFサスペンスとしてまずまずの出来栄え。
投稿者:トルチョック祭り投稿日:2011-01-02 17:57:39
世界観は評価できるけど、この破綻の仕方は好きじゃない。
投稿者:こじか投稿日:2010-10-17 00:18:08
この2人がこんな形で共演してるっていま思うとすごいね。
普通に観れます。が、ギリアム作ですので心して掛かること。
やっぱギリアムは大スターを使わない方がいいんじゃないかな。
投稿者:has42120投稿日:2010-08-07 16:23:27
ブルース・ウィリス&ブラット・ピット
投稿者:wakaremitispecialist投稿日:2010-07-21 07:55:40
1996年から1997年にかけて約50億人を死に至らしめた謎のウイルスの原因を調査するためにブルースウィリスがタイムトラベルさせられる、という設定だったような気がするが

・ブルースは1990年にタイムトラベルさせられて、精神病院で女医のマデリーンストーと出会う。
・ブルースは最初「12モンキーズ」を疑い、それがある細菌学者の息子が結成した地下組織であることを突きとめる。
・マデリーンが「(ブルースに)あなたのことをずっと知っているような気がする」「私はもう限界、さよなら」などというような内容のことを言う。
・マデリーンが、犯人は12モンキーズではなく細菌学者の助手であると言い出したため、ブルースは助手を捕まえるために追いかけるが、警官に撃ち殺されてしまう。

などが印象に残った。
投稿者:ソソンソ投稿日:2010-03-08 09:25:11
2年ほど前見たんだけど久々にみたくなったのでDVDを買ってきた。
・・・こんな良い映画だったのか。ストーリーを全部わかってて見るとラストが本当に切なく感じて泣けた。
投稿者:uptail投稿日:2010-01-16 17:58:26
ブラッド・ピット
投稿者:なちら投稿日:2009-12-30 18:56:09
【ネタバレ注意】

自分はあんま複雑な内容よりも、このくらい分りやすくて親切設計な方が好きだな。
見やすいのは脚本がD・W・ピープルズだからかなーなんて思った。

1996年で二人が12モンキーズと騒ぎ立てたもんだから2035年でもその名前に踊らされているが、
細菌に尽いては無関係だったんだね。
12モンキーズは未来の学者が思うよりも単純だった!笑える。

D・モースは重要な役なのに目立たない分、不気味。
最後に救済のオバチャンと言葉を交わす場面はテンション上がるな!

投稿者:メカゴジラ投稿日:2009-07-17 14:03:58
 
DVDで久しぶりに再見。
何度観ても面白いんだけど、何度観てもラストでやるせない気分になる。

ブラピのハイテンションガイキチ演技も凄いが、B.ウイリスが本当に凄い。
タイムトラベル後の痛々しい表情と演技、チンピラを死ぬまで痛めつけるシーンの無表情さなど「別の世界から来た人」の説得力がちゃんとあって感心する。
重要な役で若き日のデビッド・モースが出演しているのを発見。
でも今と同じ顔だ。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-25 17:00:28
人それぞれ受ける印象は違うだろうけど、俺はコレ嫌いなんだよな…。
最後のオチはともかく中だるみが激しかった。
投稿者:BMG投稿日:2008-08-31 23:45:22
難しいというわけでは、ないけれど、何回見てもそのたびに発見がある。そういう映画だったと思います。同じブルースウィルス出演の未来SFといっても「フィフス エレメント」とは、また違っていて、実に興味深かったし、
気弱なブルースウィルスや、いかれたブラピが、実に良かった。この二人の俳優のこのようなキャラを、見れるのは、後にも、先にもこの映画くらいでしょう。
投稿者:おでん投稿日:2008-03-23 23:16:11
【ネタバレ注意】

高校の学校行事で初めて鑑賞。あらためて観直してみました。当時はテリー・ギリアムといっても、モンティパイソンも『未来世紀ブラジル』も『ジャバウォッキー』も知らない高校生。かろうじて『バンデットQ』はテレビの洋画劇場で鑑賞済みでしたが。
今あらためて観ると、精神病院の描写など、よく高校の学校行事で観せたな・・・という感じです。当時は純粋にSFとして観ましたが、災厄を信じたくないあまりに未来を自分の妄想と信じようとする、その危うい描写に、一筋縄ではいかないものを感じます。『未来世紀ブラジル』のサムのラストや、モンティパイソンの虚構が現実の中に侵食してくる(「あっ夢か!よかった!」。「いいえ、こっちが夢で、殺されそうな方が現実なのよ」的な)スケッチをよりシリアスにした感じでしょうか?
ちなみに大学時代にこの映画の原作映画も観ましたが、終始一貫した美しさの原作と、そこに前述のテリー・ギリアム的な因子が付加された本作。どちらも甲乙つけがたい名作だと思います。

投稿者:jordandas投稿日:2008-01-08 23:55:31
いい。ブラピはイカレ役が巧すぎ。あの目はどうやってるの?
美しいブラピもいいけど、キレ、イカレも最高。
投稿者:フェニックス投稿日:2006-11-09 22:21:09
最初のころからヨダレ垂れ流しで目がうつろなブルース・ウィリスも異様だけど、イッチャッてるブラット・ビットもいい。
既にこのころメジャー俳優だったと思うけど、よくこんな役引き受けたもんだ。
ところで、地上に人が住むために有効な手段がない割には「タイムトラベル」装置なんて高い技術を持つ未来の人には妙なバランス感覚を感じる。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-10-14 16:06:54
【ネタバレ注意】

FUTURE〜勿論ターミネーター1〜或いはバタフライ・エフェクト、まぁアズカバンの囚人?(ファイナル・カウントダウンはマイナーかも…だが)タイム・パラドックスファン必見のヘンなムービー。(テリー・ギリアムだし…)

ってか構成は完璧。そしてブルース・ウィリス(好演!)が出てるだけで楽しく観れる…って人は世間に多く、ウィリス、ブラット・ピット(好演!)の生シリも拝める超SF大作。

結局、失われた過去を探る試みは、手がかりと信じるものなぞ、たいして真実に近づいている訳でない、って事が多い。

過去の事実が次第に明らかになり…ってか、過去の事実が「未来」によって作られて、結局「固定」の過去として存在する…って事に相成る。

「謎」が気持ちよく有るべき場所に填っていく快感。魅力的な女医さん。そして、冒頭の映像が「現実」となり、僕らは人生の儚さ、愛しさを抱きしめ、切なさに身を震わせる…

一般に失敗作と言われている?〜「一般」って誰さ?…これを世の中に公開すべきでなかった駄目作品…という奴の気が知れない。(下のコメントを見ても好きな人は多い)

投稿者:イロガミ投稿日:2005-10-30 12:30:44
ここ最近観ていないけれど、とても印象深い作品の一つ。
物語のさり気ない複線の張り方や、退廃的な世界観がたまらない。
俳優の演技、特にブラッド・ピットの気違いぶりには、二枚目役のときより輝いてみえる。またブルース・ウィリスは、お世辞にもきれいとは言い難い描写もきちんと演技していて、非常にかっこいい!
そしてラストのどんでん返し。ギリアムのお茶目さに思わず笑ってしまう。
賛否両論分かれる作品だけれど、ばらまかれていたピースがかっちり合ったときの驚きと切なさは、本当、たまらない。
投稿者:spink投稿日:2005-08-21 02:32:44
世界観はいいよ。ストーリーのギミックが細かく凝ってて疲れるけど。
僕の周りでは嫌いな人が多いんだよなあ。
投稿者:やんこら投稿日:2005-07-28 09:08:37
【ネタバレ注意】

あのミステリアスな音楽に絵。そして一人の人間の実は無駄でしかない行動を延々と見ているだけであったという皮肉なストーリー、魅力的なキャストたち、どれをとっても最高です。私はギリアムファンですが、これが一番好きかも知れません。

私デビッド・モースのファンなのですが、本作を見るまで彼が出ていることは知りませんでした。そして「あっ!」と思ったらナント彼が犯人だったとは・・・。本作は未見の、同じくモースファンの姉がいるのですが、彼女にデビッド・モースが出てるよ、とでも言おうものならそこでネタばれになってしまうが悲しいです。

投稿者:irony投稿日:2005-07-27 01:16:21
【ネタバレ注意】

 原因がウィリスにあると思いきや、全然関係無しですかい。結局ブラピも12モンキーズも破滅には関係せず、ウィリスはマデリンに会い、死ぬ為にやってきたのね。救済保険員のセリフと後の役所に皮肉的なものを感じます。

投稿者:つな投稿日:2005-03-12 19:54:03
面白い!
投稿者:PECO投稿日:2004-10-31 17:37:48
当時劇場に見に行きました。この世界(輪廻みたいなもの)大好きです。基本的にはハッピーエンドが好きなんですが、この作品は許せる。久しぶりに見てやっぱり面白かった。私も何回も見たくなる作品です。最近20代の同僚にこの映画の話をしたら、知らない人が多くてショックでした。
投稿者:さち投稿日:2004-06-27 04:23:29
世界はすき
投稿者:マイカル投稿日:2004-05-08 19:20:11
これまでタイムスリップ物では「バック・トゥ〜」や「T2」などにタイムパラドックスのような矛盾を覚えることが多かったのですが、この映画はそういったパラドックスがなくて素晴らしいと思いました。こんな手の込んだ結末はドラえもん以来だと思います。
投稿者:ISABEL投稿日:2003-09-26 18:05:35
最初から何だコリャ!?と言う映画。なんだかとんでもない話。でもブルースウィリスが自分でも覚えていない過去に行く、というのが面白い。しかし、不思議な話。ちょっと暗い画面だから余計に不思議感倍増。不思議ワールド最高!
投稿者:2000投稿日:2003-01-13 18:58:32
おもしろくない映画はそうないと思っている。つまり映画はまあ大体面白

い。見れば何かを感じ、何かを得ていると思っている。これはそういった映

画のなかでも少し抜けている。人類の環境への横暴さに対する反感や多数派 
を良しとし、自分にとって都合の良い考えを肯定する視野の狭さや考えの浅

さへの疑問。このようなメッセージを感じた。また、作品を通しての構成も

非常にユーモラス。ハラハラ、ドキドキは持ち続けられる。非常に良かっ

た。
投稿者:sonic投稿日:2002-10-28 02:17:59
最近久しぶりに観直したけど面白い。まあ、細かいとこはおかまいなしで気にせずに観ているんだが。あの音楽は印象に残るね。
投稿者:常秋投稿日:2002-10-07 11:00:54
これ、個人的にはかなりギリアム臭がしてる気がするんですが・・。
わざと不便を選んだようなメカニック、EDの悲惨な状況と正反対の楽曲
キ***の集まる精神病院。
そして、この物語は「バッドエンド」であるということ。
未来世紀ブラジルでは主人公は結局運命の掌で踊り最後は・・・な状況になってしまうのですが。
この映画の主人公も結局踊らされて、あの科学者のおかげで一握りの人類が助かる。
飛行機を見つめる少年時代の主人公、そこにはブラジルの夢を見ながら一生そのままである「未来世紀ブラジル」のEDにつながるものがあると思います。
投稿者:どら投稿日:2002-07-27 14:55:00
12モンキーズのグラフィティの印象がものすごく変わった
はじめは恐怖の象徴として不気味な笑みを浮かべる猿
映画が終わるとその猿は哀しく微笑んでいた。
投稿者:トリガー投稿日:2002-07-12 23:07:42
【ネタバレ注意】

未来を変えようと必死に努力するが
その努力は見当外れの的に向けられていた。
一見、順調に物事がすすんでいるように見えて
最後に唖然と覆される脚本が上手い。
それに観れば観るほど結末を期待させる展開はすごい。
今でも頭にオープニングのテーマがこびリついている。

投稿者:ramlosa投稿日:2002-04-21 23:40:07
未来シーンのどす黒さと現代シーンの鮮やかさの対比、特に空港シーンの色彩感、そしてアコーディオンの音楽がものすごく好きです。(でも「未来世紀ブラジル」そのまんまやん!と思う部分も多々。)もちろん、ブラッドピットのキレっぷりも言うまでもなく素晴らしい。

ただ、一緒に観にいった友達は最後のオチがどんなに説明しても理解できなかったし、別の友達はオチがわかった瞬間怒り出したから、好き嫌いはわかれるのでしょうな。私はストーリーはともかくビデオクリップ的に好きな映画です。
投稿者:ひでと投稿日:2001-10-10 05:51:02
この映画、何故か何度も観てしまう。一向に飽きる気配もない。
ブラピはこの映画に出るためテリーギリアムへ何度も願い出たというし、
ちゃんとその情熱も反映されていて非常に面白かった。
それとあの何ともいえぬクセのある世界にはどっぷりとハマッてしまった。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-08-31 05:53:58
ブラピは確かにカッコよかったけど、そんなには
おもしろいと思わなかった。
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2001-08-29 09:14:54
最後隣に座った科学者が、彼女ですね。
地球を破滅さした男。
私の彼を殺した男。
私と彼の出会うきっかけを作った男。
彼を回り始めさせる男。

破滅させるのは、どっちか分かりませんが、
彼女が止めないのは間違いない。
私と彼が出会えないから。

「僕がもう一度行きます」
(彼女にもう一度会いに行きます)
目の前の彼女にむかって。
投稿者:左 とん吉投稿日:2001-06-15 22:37:38
 この作品最高です。テリー・ギリアムが『未来世紀ブラジル』でデ・ニーロにやらせた実験がここに実を結んだと言う感じ。冒頭から再三繰り返される空港での回想シーンが効果的で、ラストの悲しさをいっそう引き立てます。
 それと、『ファイト・クラブ』や『スナッチ』につながるブラピのキレた演技は必見。
 ボクの最近の絶対はずさない俳優(見て、絶対おもしろい映画に出ている)リスト(その他には、ハリソン・フォード、ロバート・デ・ニーロ、キアヌ・リーブスなど)に出ているブラピとブルース・ウィリスが出ているんだから、おもしろくないはずがない。
 あと、マデリン超きれい(コギャル風に)。
投稿者:キキ投稿日:2001-05-05 05:59:18
最後は、犯人の隣に座った科学者が世界を救ったと考える
べきなのか……
それとも、未来で頑張って世界を救おうとしているが、実は
犯人は、何年か前に飛行機で自分の隣に座っていた奴が犯人だった!
っていう、おちを狙ったものなのか……
なんとなく、科学者が若く見えるのは俺だけかなぁ〜??
投稿者:かずっぺ投稿日:2001-01-20 01:53:45
いかにもテリー・ギリアム的な世界観が最高でした!
エンディングに向けての切ない感覚もよかった。
ブラピも快演です。
メイキングも含めたDVDは出ないのか???
投稿者:レクサス投稿日:2000-10-06 02:10:14
結局12モンキーズとは動物園の動物を逃がし街中をパニックにするいたずら
であり、ウイルスとはなんの関係もなかった・・・人類を救うことも出来ずに
死んでゆくラストはちょっとなさけない?
メイキングは映画の苦労話が結構聞けてよかったです。
投稿者:山田奈緒子投稿日:2000-09-21 22:23:51
こんなオチかい!
かなりのタイム・パラドックス。 手塚治虫先生に怒られますよ。
投稿者:ぺぺ投稿日:2000-07-18 23:42:19
アコーディオン(じゃないかもしれないけど)ひとつで演奏している
音楽が良かった。あの音楽を聴くとすぐこの作品が思い浮かぶ。
内容はと言うと・・・あえてコメントは避けましょう。
あのブルース・ウィリスのアロハ姿は、某缶コーヒーのCMを彷彿させるものがある。
投稿者:もっち投稿日:2000-07-07 18:15:53
私の周りの方々は、皆さん「面白いよ〜」といったので期待度大でした。
で、1回目見たとき意味わかんなくて、自分に責任を感じてもう一度見ました。
んーーそんなに面白いわけでもないです。
奥は深いけど…。
っつーかこの頃のブラピがすんげーかっこいいし。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 助演男優賞ブラッド・ピット 
 □ 衣装デザイン賞ジュリー・ワイス 
■ 助演男優賞ブラッド・ピット 
□ 男優賞ブラッド・ピット 
【レンタル】
 【DVD】12モンキーズレンタル有り
 【VIDEO】12モンキーズレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION