allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

好きと言えなくて(1996)

THE TRUTH ABOUT CATS & DOGS

メディア映画
上映時間96分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1996/07/13
ジャンルロマンス
好きと言えなくて [DVD]
参考価格:¥ 1,000
価格:¥ 500
USED価格:¥ 662
amazon.co.jpへ

【解説】
 ファッション・カメラマンのブライアンは、犬をモデルに写真を撮る仕事を引き受けたのはいいが犬が暴れて困り果てペットの電話相談室に電話をした。電話に出たのは人気パーソナリティーのアビー。スピーカーから流れるアビーのやさしい声に魅了されたブライアンは、彼女に会いたくてラジオ局へ赴く。しかし彼は、そこにたまたま居合わせたアビーの友人でブロンド美人のノエルを彼女だと勘違いしてしまう。自分が男性にモテないとコンプレックスを抱いているアビーは中々本当の事を言い出せないが……。自らの容姿に自信が持てない心優しいアビーと彼女の友人で美人モデルのノエル、そしてノエルをアビーだと勘違いして恋してしまう男が繰り広げるラブ・ストーリー。よくありがちな三角関係によるラブ・ロマンスであるが、観終わった後に不快感の残らない佳作。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
528 5.60
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:zuka投稿日:2009-05-13 07:01:10
いまどきこんな映画があるのかと思うくらい,なんとも爽やかな恋愛コメディ.当時飛行機の中で見ましたが,幸せな気持ちになれました.
批判的なご意見も多いようですが,あくまでもコメディですので,細かいことは考えずに見るのが正解だと思います.犬が仲介するというのも常道ですが,いい感じでした.
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-05-27 19:24:54
ユマ・サーマンにジャニーン・ガロファローという私のお気に入りの女優群が揃ってる割にはそれほど楽しめない映画でした。大体優しい声だったというだけで会いに行く事自体が理解に苦しんでしまった。しかもベン・チャップリンのあまりにブスでカッコ悪い姿に一気にしょぼくれる。もう少しカッコいい人を持ってきてくれたら良かったなと思ってしまう。ユマは相変わらず可愛くて長身が異様に目立ってた!ジャニーンは好きな女優だけど本作での彼女はあんま好きじゃないかな。彼女の映画なら『恋はワンダフル!?』が一番好き!
 なのでラブ・ストーリーとしては気に入らなかった作品です。
投稿者:さゆぽん投稿日:2004-05-06 05:07:37
【ネタバレ注意】

ちょっと気になったのが、
ユマ・サーマン演じるノエルのその後が全く描かれてなかったこと。
あの最低男とは別れたんでしょうか??
続編を出すほどの映画ではないけど、続きが気になる。

投稿者:glamfreak投稿日:2004-01-22 02:46:53
一見B級だけど、かわいくて、なんだか幸せになる映画。
いわゆる癒し系かもしれない。何しろ、みんなが心優しい。

アビーがガソリン・スタンドのポスターに写っているノエルを見て
「この人、知ってる!」と言うと、スタンドの親父が少し間をおいて、
「知ってるわけないだろ。この世に存在しないもん」と言う。
ノエルを演じるユマ・サーマンは、それほど超人的な美人だ。
そのユマが「実はフツウっぽい」女の子を演じ始めたのは
この辺りからだったかなと思っている。
『キル・ビル』で沖縄に到着したときの笑顔を見て、この映画を思い出した。

ベン・チャップリンって金城 武に似ている。
『シン・レッド・ライン』にも出ていたようだが
“瞳”で揃えたらしいあの映画、やはりベンも瞳の美しさを買われたのだろうか。
投稿者:ゆき投稿日:2003-07-29 18:34:56
 久々に肩の力を抜いて気軽に見れる映画に会いました。それでいて悪くないし。
ユア・サーマンって個人的には美人だともナンとも思わないんで(ちょっとロボットっぽいし)、美人の役にはちょっと意義ありなんですが、相手役の俳優を見て許せた(笑)。話自体はありがちな恋愛映画とは一味違うので好きです。が、女同士って男が絡むと、あんなに簡単に友情を取ったりはしないと思う。男に走っても許してくれるのが本当の友情では?まして友達同士で「あなたを失いたくないから」みたいなセリフは嘘くさい。見ていて「ほんとはタイプじゃなかったからでしょ」って言ってしまいました。アビー役の女性は「恋はワンダフル?」にも同じような役で出ていたように思います。設定も確か同じだったような。
投稿者:おちゃる投稿日:2003-02-27 23:27:19
これを観たときは学生時代でしたが、そのときの私が非常に共感する内容でした。
「好きな人に想いを打ち明けられない」アビーの気持ち、私も同じ状態だったので(もちろん、奇妙な三角関係などはなかったですが)、まるで私がアビーであるかのような気持ちで観ていたことを覚えています。
女であれば誰だって、自分の容姿を気にするもの。
しかも、美人でスリムでなければなおさらのこと。
「私なんて」って気持ちが、「私だって!」っていう気持ちにさせてくれた、私の中では人生のバイブルとなった作品です。
今は主婦となりましたが、この作品を観るたびに、当時の自分がインスパイアされた気持ちを思い出し、いろんなことに奮起するエネルギーをもらってます。
本当にいい作品です。是非観てください!!
投稿者:Boss投稿日:2002-05-27 10:46:17
アメリカ映画のこのような小作には、なかなかいい作品があります。特にラブコメディーをテーマとしているものには、その傾向が強く観られると思います。この作品もありきたりの物語ですが、それを感じさせない(退屈させない)爽やかさと楽しさがあります。ただ、あまりにも世界が狭すぎることが、ちょっとね・・・・・
投稿者:投稿日:2001-06-30 15:29:19
まあ、いろいろ言われているのですが、少なくとも僕は甘い恋愛モノよりは良かったと思います。
ありふれた話とはいってもやっぱり一目見てすぐに恋仲になるなんてことはたいていは映画とかだけですからね。
この作品もそれに近いんだけど、やっぱ超美人女優と超美形俳優をつかった恋物語なんてムカツクだけです。
まあそれはどっかの大作好きな映画評論家達に誉めさせておけば良いけど、
僕はこのくらいこじんまりした作品が好きだな。

犬はかわいかった。
橋のところでブライアンと待ちぼうけしているとき、犬まで同じポーズ。
投稿者:ぺぺ投稿日:2000-07-16 00:05:15
話としてはありふれてはいるけど、ハッピーエンドなのでまっいっか。
ブライアンのあのワンちゃんがいい演技をしていた。
動物が出てきたら人間はかないません。
しかしユマ・サーマンて背が高いのね。
「友情のために彼を譲る」なんて堂々と言ってのけるところが
ちょっとクサいけど。
三角関係の3人のキャラが無難だけに作品自体も無難。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ コメディ演技賞ジャニーン・ガロファロー 
【レンタル】
 【DVD】好きと言えなくてレンタル有り
 【VIDEO】好きと言えなくてレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION