allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

エル・ゾンビ I 死霊騎士団の覚醒<未>(1971)

TOMBS OF THE BLIND DEAD
LA NOCHE DEL TERROR CIEGO

エルゾンビ/落武者のえじき(旧・ビデオ)
エル・ゾンビ 死霊騎士団の誕生

メディア映画
上映時間84分
製作国スペイン
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルホラー
<エンタメ・プライス>エル・ゾンビ 死霊騎士団の誕生 [DVD]
参考価格:¥ 3,086
USED価格:¥ 5,980
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
330 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:パペット投稿日:2015-05-13 20:56:13
この映画に登場するゾンビほどかっこいいゾンビはいない。

月明りの下スカルフェイスで襤褸頭巾を纏い、チークピーシズの馬に颯爽と跨りスローモーションで駆け抜ける・・もはや神々しく美しい芸術レベル。

これでこの映画の評価は決まったようなものですよ。
このゾンビに胸ときめかないホラー映画ファンはいません。最高!
投稿者:コハダ投稿日:2008-10-14 23:17:54
特殊造形のセンスがすばらしく、死霊の騎馬群がスローモーションで疾駆する黙示録的光景に圧倒されました。凡百のゾンビものとはレベルが違います。
とりあえず一本買って見たのですが、BOXセット欲しくなりました。
投稿者:はこまる投稿日:2006-12-07 00:02:03
ホラーファンの間では長らく伝説となり、中古ビデオが破格の値段で取引されたりしてましたが、このたび日本版DVDコレクションがようやく発売となりました。まずはめでたい。

今回、紀伊國屋から発売されたボックスは、石の棺を模した作りになっており、グレイの生地に正面にはテンプル騎士団の紋章を標してあります。
日本初ソフト化の第二作をはじめ、シリーズ4本+監督アマンド・デ・オッソリオのドキュメンタリーを含む5枚のディスクが収録。

付録のブックレットには二組の対談が収められており、わが敬愛する江戸木純先生とJホラーの先駆者・鶴田法男氏の「地獄のビデオバブルバトル対談」と、「ゾンビ映画大辞典」の伊藤美和氏とヨーロッパホラーの権威・山崎圭司氏による各作品解題が行われています。どちらも圧倒的な博識をもって語られていきます。
また、犠牲者カタログ(美女のみ)とオッソリオ監督の繊細なフィルモグラフィーが掲載されており、特に犠牲者カタログの美女たちはほとんど知らない人たちばかりで笑えますが愛に満ちた作りになっています。
各作品DVDケースには裏面に解説とコピーが載っていますが、これは今回新しいタイトルを名付けられた江戸木氏によるものでしょう、これも愛に溢れていると同時に、紙質と印刷も作品に合わせたザラついた少し安っぽいイメージで、ここにもこだわりが感じられます。

さて、肝心の作品ですが、一枚のディスクにはスパニッシュ版(101分)と英語版(83分)が収められ、それぞれ内容や構成が異なり、『猿の惑星』とリンクした衝撃の予告編も収録されています(これにはホント笑った)。
今回はとりあえず一作目を視聴したのですが、見終わっての感想は「いい映画の条件をすべて満たしている」というものでした。
「筋に関係ない裸」や「あまりに豪快なズームや引き」「なんだかよくわかんないけど押しが強い固定ショット」「ショボイ音楽」等等。
男と女の絡むシーンでのデリケートな丁寧さは、これがホラーかと思うほどに繊細ですし(国民性か?)、テンプル騎士団が最初に登場してくるシークエンスの腰の据わったポエジーな演出は映画史に残るといってよい出来です。ジョン・ランディスはモロパクってたんですね。
騎士団が女を追い森の中馬を駆るシーンは『ロード・オブ・ザ・リング』でした。さすがはジャクソンです。さすがは伝説のホラーです。
また、終盤の叫び!叫び!叫び!の怒涛の展開も迫力たっぷりで、まとまらずに見事に突き抜けています。ラストショットも素晴らしかったです。

紀伊國屋さんどうもありがとう(正直言ってちょっと高いけど・・・)。じっくり楽しませていただきます。また、ゾンビ・ホラーファンで本シリーズをまだ見たことがないという方へ

文句なし。当たりの映画です。


投稿者:プリズム5投稿日:2005-04-02 21:59:47
日本では不遇の憂き目にあっているような本作ですが、これは紛れもないゾンビ映画の名作だと思います。テンプル騎士団の剣捌きが冴える残酷描写も最高ですが、男女間の情痴を描いたオープニングからあの壮絶なラストを迎える秀逸なストーリーもなかなかです。個人的にはロメロの「ゾンビ」よりも素敵な一編。
投稿者:ファルド投稿日:2005-02-16 21:26:19
ゾンビ・ファンの間ではカルト化しているようですが、FUNAIから出ていた日本版ビデオで観ました(生贄のシーンはカットされている)。12世紀、スペイン軍が制圧するまで、村々を襲って財宝を強奪したり、村の処女をいけにえにして黒ミサを行っていたテンプル騎士団。悪業を重ね悪魔を崇拝していたため、捕らえられ縛り首になる。そして、目を鳥に食われ、修道院(字幕では廃村)の墓地に埋葬されたテンプル騎士団が音で反応する盲目のゾンビとして復活し、廃墟となっている修道院に近づく者を襲うお話。馬とお揃いのフード付きボロ布を羽織って騎乗するゾンビ軍団がちょっとシブイ。そして、馬に乗って疾走するシーンがややスローモーションになる辺りや映像もゴシック調でいい感じ。終盤、男二人、女二人の四人で修道院へ調査へ行った時、違うカップルで二手に別れて行動し、片やキス、片やペドロはレズのベティをレイプしてしまう。ここまで来て何してるの?というサービスシーンがすてき?。ただ、駅まで来てしまったゾンビたちが、あれからどうなるのかも見てみたかったが・・・。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2004-11-26 10:35:41
国内版ビデオ(最悪の邦題です)は入手困難なので、米国版のノーカットLDを
なんとか入手して、やっと観ることができた作品です。
古い映画だけに展開にかったるいところもありますが、これはやはり名作ですね。
様々なホラー映画の解説書で絶賛されているだけのことはあります。
とにかく「画」が本当にすばらしいです。
馬に跨る髑髏騎士たちが草原を駆けるシーンや、夜の墓場で犠牲者をじわりじわり
取り囲むのを俯瞰でとらえたシーンなど、ホラー映画でこれほど「画」が美しく
印象的な作品は初めてでした。
いかにも古風な怪物を現代社会に登場させる筋立ても、意外なほど無理がなく、
また70年代の映画にしてはゴア度も高くて、剣でばっさり片腕を斬り落とし
たり、生贄の女性を十字架に縛りつけて切り刻む(国内版ビデオではカット?)
など、結構ぎょっとさせられます。

これほどの作品ながら、手軽に観ることができないというのが非常に残念です。
やはり入手困難な続編も含め、ノーカット・デジタルリマスターでのDVD化を
強く強く期待したいところです。
投稿者:まっどぼんば投稿日:2002-02-20 04:05:58
日本では劇場公開もされずビデオタイトルもひどいが
非常に良く出来た作品。馬にまたがるゾンビ(吸血鬼?)たちの
描写は幽玄で見事。人気が出てシリーズ化されたのもうなずける。
音を立てるとゾンビたちが寄ってくるという設定もサスペンスフル。
ビデオは一部カットされていたらしいが、ぜひともノーカットの
日本版DVDを出して欲しい。
【レンタル】
 【VIDEO】エルゾンビ/落武者のえじきレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION